【ディズニー】キャラクターグリーティング攻略法。何を話す?NG行為は?楽しみ方を紹介

ライター:
ディズニーのキャラクタークリーティング(キャラグリ)

ディズニーランドやシーの楽しみ方は人それぞれで色々な形がありますよね。

しかし、普段アトラクションをメインに回る方にとって、キャラクターグリーティング(キャラグリ)は少しだけハードルも高く感じる方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、キャラクターグリーティング(通称:キャラグリ)で何をすればよいか分からないという方向けに、キャラグリを楽しむコツを紹介したいと思います。

また、キャラグリ初心者の方向けに、ほんの少しですがNG行為についても紹介します。

グリーティングで何を話す?会話のコツは?

ハートウォーミング・デイズのシェリーメイ

キャラクターグリーティングにおいて、「何を話せばいいのか」に困ってしまう方は少なくないのはないでしょうか?キャラクターとのコミュニケーションは、慣れていないとなかなか難しいですよね。

まず、第一押さえておくべきこと。キャラクターは喋らず、身振り・手振りのジェスチャーでゲストと交流するのです。

どんなことを話したら良いのかな?これってNGかな?と思うことも多々あるかと思いますが、キャラクターの近くには心強いキャストさんもいらっしゃるので、キャラクターが何を伝えようとしているのかアシストしてくれることも。

そんな筆者がよくキャラクターとの会話に取り入れている小ネタを3つご紹介してみますね。

緊張してしまう方にオススメなのは、お天気の話

「今日はとっても寒いね〜!」、「ダッフィーの手、温かいね!」と伝えてみましょう。日常会話すぎるかも知れませんが、ダッフィーやシェリーメイなら、モフモフの体と手でぎゅ〜〜っと抱きしめてくれるはず。

暑い日はミッキーが暑さに項垂れて(うなだれて)ヘロヘロになってしまったり、ショーやパレードでは見ることの出来ない可愛いリアクションが見られる!というのも、キャラグリの醍醐味と言えます。

その後のコミュニケーションや写真撮影もスムーズに運びますよ。

とにかくキャラクターを褒めまくる!

「〇〇のショー、カッコよかった!」「そのリボン、とても可愛いね!」と伝えれば、キャラクターからも「あなたの着ているTシャツも素敵!」、「お揃いの帽子、羨ましいな!」と会話も弾みます。

もちろん、必ずしもディズニーグッズを身につけて行く必要なんてありません。

キャラクターと素敵なひと時を過ごしたら、カメラを向けられても自然な笑顔になれちゃいます。

パークで体験したことを話してみる

「期間限定の〇〇を食べてきたよ!」「タワーオブテラーとっても怖かった!」等、その日の出来事だけでなく、普段の生活で嬉しかったことなどでもキャラクターは応えてくれます。

喜怒哀楽をジェスチャーだけで表現するキャラクターたちですが、2回、3回と慣れてきたらキャラクターとの会話ももっともっと楽しくなってきます!

ぼんやりとですが、キャラグリのイメージもつきましたでしょうか?

最初は緊張してしまうかもしれませんが、筆者も最初は全く分からずにミッキーに「Hello!」と英語で話しかけた過去もあります。。(笑)

(ミッキーたちはもともと海外のキャラクターなので、日本語が通じるとは思ってもいませんでした。。笑)

とってもオススメなので、まだキャラクターとグリーティングをしたことがない!という方は、この機会にぜひチャレンジしてみてください。

グリーティングでNG行為?注意すべき点は?

ミッキーのサイン

逆にグリーティングでは少ないですがやってはいけないNG行為も存在します。

例えば、「ディズニーとは関係のないポーズを指定」したり、「自身が着用しているTシャツにサイン」もお断りされてしまいます。

※ダッフィー、シェリーメイなど、1部のキャラクターはサインを書くことが出来ないようです。

公式サイトに明記されているわけではありませんが、スマートホン等の精密機械に直接サインを書いてもらうことも、お断りされる場合があります。

少しでも気になったり分からないことがあれば、事前にキャストさんに相談してみましょう。

ちなみにサインをお願いする時は、黒だけでなくカラフルな太めのペンを持参するのもオススメですよ。

フリーグリーティングでのキャラクターに遭遇したら

グーフィーのフリーグリーティング

一方、「フリーグリーティング」と呼ばれる列を作らないキャラグリを目にされた方もいらっしゃるはず。

エリアを移動している時など、突然キャラクターが現れてくることも。

混雑する週末などは、ゲストが集まって写真のようにキャラクターをグルッと囲むこともあります。

基本的に20~30分くらいはその場でグリーティングしていますので、前の人が抜けたら順々にキャラクターに近づいてみましょう。

背の大きな男性であれば手を大きく上にあげてアピールしたり、皆で揃ってキャラクターの名前を呼んでみたりと工夫すれば、キャラクターの方から「次はキミと!」と言う具合に近づいてきてくれますよ。

決してキャラクターの服や体を強引に引っ張ったり、周りのゲストを押し退けたりせず、順番に待ちましょうね。

とは言え、帰ってしまうタイミングで遭遇することもよくあるかと思います。年間3000万人を超えるほどの来場者を誇るTDRですので、キャラクターとハイタッチだけでも出来たらハッピーですよね。

ミッキーのフィギアを見ているミニーマウス
いかがでしたでしょうか。

キャラクターとのグリーティングはディズニー作品が大好きな人にとっても特別な一時として心に残るものがあります。

パークでの思い出を写真に残す時に、隣にキャラクターが写ってくれたらとっても素敵ですよね。

またキャラグリでのコツなどご紹介する機会があれば、記事にまとめたいと思います。

【キャラクターグリーティング攻略】会える場所と期間限定のコスチュームをご紹介します!

2018.12.12

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

きっしー

はじめまして、インパレポートを主に執筆中のきっしーです。 早いもので、年間パスポート歴6年目を迎えることとなりました。ミッキー、ミニーが大好き。自由気ままに、シーズンごとのパークの楽しみ方やグルメ、時には花壇の草花などもレポートして行きたいと思います。 よろしくお願いいたします(^_^)

1 個のコメント

  • きっしーさん、初めまして。いつも楽しく拝読しています。

    私は長崎在住で、ディズニーリゾートには2~3年に一度ぐらいのペースで行っています。

    パークでは、私もそうなんですが、子供がアトラクションに乗りたがるので、アトラクションメインで

    動いています。

    しかし今回の記事を読んで、キャラグリをスケジュールに組み込むのもいいなと思いました。

    シェフミッキーは経験済みなんですが、パーク内でのグリはまだ経験ないので、

    来年行った際は、キッシーさんのこの記事で復習して、キャラグリを楽しみたいと思います。

    1+
  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください