【ニューフェイス】ミッキーの顔が変わったことが分からない人がいて驚いた話

ライター:

2019年の2月28日、TDR公式ツイッターのイースターイベントに関するツイートで「それ」はあっさりやってきました。

ミッキーの顔デザイン変更。いわゆるニューフェイスです。

ツイッターのタイムラインで、メディアが公式より先に写真を公開していたのにも驚きましたが、それはオリエンタルランドの気配り(いきなり公式からだと刺激が強すぎる)だったのでしょうか。

公式からの発表タイミングは肩透かしを食うような感じで、「こんなに何事もないかのようにアナウンスするんだ」と、こちらにもびっくりしました。

もちろん、2年以上前からこの話題は弊サイトでも扱ってきたことですし、顔変更の色々な予兆もありました。ですから、免疫が少しずつついてきたのでしょうか。それでも、今回のニューフェイス変更は、「やっぱりか、、」という複雑な気持ちでいっぱいです。

顔の変化に気がつかない人

ミッキーの顔デザインが変更に

左がニューフェイス。右は去年のイースター。

ツイッターのタイムラインで、顔変更を知った時、たまたま友人と一緒にいたのですが、その友人と話してみました。こんな顔になるんだってと話したところ…

「え、どこが変わったの?前からこんな感じじゃなかったっけ?」

その友人は年パス非保持者。いわゆるワンデーで、ディズニーは年に一回行くかと行ったところ。

それでも、ディズニーは好きで、一回の旅行に使うお金は相当だと言います。

友人とのやりとりを通して、ハッとしました。

今回のミッキーの顔変更に関しては、「みんながミッキーが大好きなはず」という前提が無意識にあったのです。

2015年のイースター

もっと言えば、「みんなが今の顔のミッキーが大好きなはず」となんとなく思ってしまっていました。

ただ、冷静になってみると、「ミッキーは好きだが、顔の違いは気にしない」という人のほうが実は多いのではないか。

私の友人のように、「キャラクターはまぁ好きかな」くらいの気持ちでもディズニーに来るゲストはたくさんいるのではないか。

色々なニーズがあって、あくまでその一つがあのミッキーの顔であったこと、別に変わってもディズニーに足を運ぶゲストは減らないのではないか。

色々と考えるきっかけとなりました。

2014年の七夕

今回の顔変更は、ディズニーの世界観のアップデートだと考えています。時代に合わせて、価値観も変わるように、キャラクターデザインも変わっていくのでしょう。

コアな部分は変わらないのですから、最も厚い層のファンの行動も、大きく変化はしないのでしょう。

オリエンタルランドの内部スタッフの間でも、色々な葛藤があったことと思います。実写グッズを多く企画したのはそれを表していたのでしょうか。
2年半、待ってくれたのでしょうか。

3月に会いに行こうと思いますが、ミッキーと会ったら、顔の変更についてはもちろん触れずに、「ありがとう」だけを伝えたいと思います。そして、4月からは何事もなかったかのように接することができたらなと。

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ミッキーの顔デザインが変更に

ABOUTこの記事をかいた人

かのん

TDRハック管理人です!

2 件のコメント

  • ニューフェイスの方がアニメに近いのでリゾートで直接やマジマジとミッキーを見ない人にはむしろ見慣れた顔なんじゃないですかね?
    僕も20年ぐらいリゾート行ってなかったですけど今の顔を久々に見た時はあれ、こんな顔だっけ?って逆に違和感ありましたし

    0
  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください