【ミッキーニューフェイス時系列まとめ】新しいミッキー・ミニーの顔はどのようにTDRへ導入されたか。中国、パリ、米ディズニーと東京の導入タイミング

ライター:

ミッキーの新しい顔上海ディズニーランドのミッキーの顔が現在採用されている他のパークの顔と違うということで、多くのディズニーファンの間で話題になった2016年。

翌年2017年1月、東京以外のすべてのディズニーパークが上海同様のアニメーションルックの新ヘッドを次々と導入しました。

新フェイスが世界的なスタンダードになり、東京ディズニーリゾートではどうなるのかという状態が約2年半つづきました。東京では、2019年、春休み中の3月26日から新しい顔に刷新となりましたが、この記事では、東京へのニューフェイス導入の経過、軌跡を詳しく説明します。

また、最後に番外編として1937年から2019年のミッキーの顔の移り変わりも画像で紹介。

新しい顔とそれまでの顔の違いって?

まず、ニューフェイスと今までの顔の違いがそもそもよく分からないという方もいらっしゃると思いますので、違いを説明。

ミッキーの顔の違い

左:2019年春からのニューフェイス。
右:2019年春までの旧フェイス。

左のミッキー&ミニーの顔がニューフェイスと呼ばれるもので、よりアニメーションに近い、柔らかで可愛い印象のヘッドとなっています。

右の写真は東京ディズニーランド開園10周年〜35周年(2019年)まで使われてきたヘッドで、最も馴染みのあるお顔でした。

4月4日から始まる「ディズニー・イースター」のプロモーション動画より

2016年に上海ディズニーランドのオープンと共に導入されたニューヘッド。当時は、とても話題になりました。

新しい顔が東京へ導入されるまでに3年かかったわけですが、世界のディズニーパークではではどのように新ヘッドに切り替わっていったのでしょうか。

時系列を見ていきましょう。

新フェイス時系列をざっくり

時期出来事
2016年4月上海ディズニー関連イベントで新フェイス初お披露目。
2016年6/16上海グランドオープンで新フェイス登場。
2016年6/17アメリカ、ウォルト・ディズニー・ワールドのマジックキングダムのショーにて新フェイス登場。
2016年6/28パリのディズニーランドでも新フェイスが導入決定。
2016年8/21ハワイのアウラニで新フェイスのミッキーが登場。
2016年9/6アナハイムのディズニーランドでも登場。(米カリフォルニア州のディズニーランド60周年イベント「ダイヤモンド・セレブレーション」終了後)
2016年10月海外企画で新フェイスミッキーが京都に上陸。プロモーション撮影。
2017年1/3香港のディズニーランドでニューヘッドのミッキーが登場。
2018年7月ディズニー・オン・アイス日本公演にてニューフェイスのミッキーが登場。
2019年2/28ついにTDR公式ツイッターがイースターイベントの紹介として、ニューフェイスミッキー&ミニーの写真を投稿。

こうしてみると、日本以外のパークでは2016年が切り替わりラッシュだったことが分かりますね。

それから約3年間の猶予期間を経て、東京でも導入ということになりました。

次に各イベントを詳しく見ていきましょう。

2016年6月、上海ディズニーオープン。新フェイスミッキー初登場。

ニューフェイスのミッキーとミニー

上海ディズニーのミッキー・ミニー by:@smjr333

よりアニメーションに近くなり、柔らかい表情で可愛さUPが特徴のニューフェイス。こうしたことからアニメーションルックと呼ばれることも。

上海ディズニーオープンの2か月前のイベントでもニューフェイス登場でこの顔が次のフェイスになると大きな話題となりました。

こちらはその時のイベントに登場したミッキー(上海フェイス)と今までのミッキーの比較画像です。

上海オープンの翌日、米WDWで新フェイス登場

6月17日、アメリカ、マジックキングダムでのショー、「Mickey’s Royal Friendship Faire」でもリニューアルのミッキー・ミニーが登場しました。

ミッキーの新しい顔

色々意見はあるかと思いますが、上海、WDWのミッキーも、ちょっぴり若くなってしまった感じ。また、リアル感が薄れてしまった感じもするようなしないような。ファンの間でも意見が分かれました。

このタイミングで、東京でも同路線のミッキー顔が導入かと議論が白熱。これまでも時代の変化につれてミッキーの顔も変化を続けてきたので、いよいよということになってもおかしくはないというムードに。早ければTDS15周年イベントの後にもなんてことも?という観測も出ていました。

2016年6月下旬、パリのディズニーパークに登場

パリのディズニーランドでも新フェイス導入。

2016年8月ハワイのアウラニに導入

さらにハワイのアウラニで新フェイスが導入。日本以外でどんどん展開されていきます。

2016年9月、本場ディズニーランドに登場

9月、カリフォルニア州アナハイムの本場ディズニーでもついに導入。

アナハイムのディズニーランド60周年イベント「ダイヤモンド・セレブレーション」が9月5日に終了、そして新しいお顔のミッキーが登場です。

201610月、ニューフェイス、日本に立ち寄る

10月21日、ついに日本に登場…!海外企画のミッキーですが、詳しい経緯は以下の記事をどうぞ。

新フェイスミッキー、ついに日本上陸!ミッキー世界を巡る旅で京都でデビュー

2017年、ついに大手。香港もニューフェイス

2017年1月、香港ディズニーランドで新フェイスミッキー導入。

世界のディズニーパークで、旧フェイスのミッキーに会えるのは、残すところ日本のみとなりました。いよいよカウントダウン?それとも日本は現行フェイス維持の独自路線で行くのかという議論が加速。

オリエンタルランドはその間、Imagining the Magicなどの旧フェイスミッキー&ミニーの実写グッズ販売を企画。今思うと、これもファンへの感謝の企画だったのでしょうか。

東京35周年イベントは、旧フェイスのグランドフィナーレ的イベントとなりました。

2019年2月28日、遂に東京でも新フェイス導入が決定

ミッキーの顔デザインが変更に

左がニューフェイス。右は旧フェイス。

2019年2月28日、TDR公式ツイッターが来年度のイースターイベントのプロモツイートを公開。

そこに写っていたのは、新フェイスでした。公式のプロモツイートの数時間前に、他メディアが先に例の写真を公開していました。

切り替わるのは、イースターイベント開始の4月4日ではなく、35周年イベント終了後の3月26日。

また、地方都市では電車内の広告にニューフェイスのミッキーミニーが既に掲載されていたようです。

「ミッキー ニューフェイス」はその日のTwitterにおいてトレンド入りしました。

上海グランドオープンにて初お披露目されたニューフェイスミッキー。それから実に3年の時を経て、日本にも導入となりました。

残すは日本のみとなって約2年間、TDRのミッキーファンの間での一番の関心ごとだったと思います。

東京ディズニーランド、シーを運営するオリエンタルランドも、残された期間をうまく使って、35周年イベント、Imagining the Magicのグッズ販売など、旧フェイスから新フェイスのスムーズな移行に取り組んできたはずです。

そのオペレーションは、なかなか満足のいくものであったと思うのですが、みなさんどうでしょうか。

ニュールック問題のコラムを書きました。

【TDRも導入決定】ニューフェイス・ミッキー、なぜ東京も?全てのディズニーパークで新フェイスミッキー導入

2017.01.03

【ニューフェイス】ミッキーの顔が変わったことが分からない人がいて驚いた話

2019.02.28

また、35周年イベントが終了後にお顔が切り替わるというアナウンスがTDRキャストからされているという報告もありました。

そして、ニューフェイス登場は、イースターイベントではなく、35周年終了に合わせた、3月26日となりました。

全ての広告も新しい顔に。

事前の予想では、一部のショーなどでは旧フェイスが混在するという予想もありましたが、フタを開けてみると、完全なまでの刷新ぶりです。全てのショー、実写の写真などで新しい顔にさし変わっていました。

今年の東京ディズニーリゾートの一番大きな話題なのは間違いありません。今後も動向をレポートしてまいります。

番外編:1937年〜2019年までのミッキーの顔の変遷

1937年から現在まで、ミッキー、ミニーのデザインはどのように変わってきたのでしょうか。

東京ディズニーランドで最も親しまれてきた旧ルック(1993~2019)の前はどのような顔だったのかも紹介します。

ミッキーとミニーの昔の顔

1937年のミッキーミニー。白雪姫のプレミア発表会に登場。 credit: davelandweb.com

ミッキーとミニーの昔の顔

1950年。本家ディズニーランドがオープンする5年前の写真。 credit: disney.fandom.com

ミッキーとミニーの昔の顔

1959年。開園4周年に合わせて、アニメに寄せたデザインに。 credit: disney.fandom.com

ミッキーとミニーの昔の顔

1961年。人間のシルエットが消えました。顔と体の比率が大幅に変更に。 credit: disney.fandom.com

ミッキーとミニー顔の移り変わり

1962年、フェイスデザインの大幅な改革が実行されます。現在のお顔の源流となる顔デザインです。 credit: davelandweb.com

開園当初の顔

1978年から採用開始のお顔。
このヘッドこそが東京ディズニーランド開園当時のものです。東京では開演の1983年から1992年まで使用されました。 credit: disney.fandom.com

1983年から2019年までのミッキーの顔

東京ディズニーランド開園10周年(1993年)に合わせて行われたニュールックミッキー。2019年まで実に約25年間の間、TDRの顔であったデザインでした。日本に住む方にとっては、最も愛され、馴染みのあるミッキーだったと言っても過言ではないでしょう。

以上、ミッキーの顔の移り変わりについて、時系列を追ってまとめました。

ディズニーのウエディングでは、2019年度においても旧フェイスのミッキーが登場することは確実であるようです。

今後も、本記事を更新してまいります。

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

かのん

TDRハック管理人です!

21 件のコメント

  • 顔が変われば若干キャラ性や立ち振る舞いも変わってきそうですね・・
    なんかこれはのんびりとしたゆるキャラ的な立ち位置になりそうなような・・幼さも感じるし
    ちょっとヨボっとした感じもするような
    路線変更なのでしょうか
    あまりジェントルなイメージは無くなってしまうのでしょうかね・・

    4+
  • 違和感がある、かわいくない、絶対行かない!とか言ってる人に限って、変わってすぐ「めっちゃかわいい!」とか言ってそう。そして1年もすれば前や顔忘れる。

    1+
  • ニューフェイス…鼻の下が長過ぎ。アニメチックでリアリティがないミキミニなんかよりリアリティがあった方が近くに感じることができるじゃないか。 アメリカはもちろん、日本はユーロや他のアジアよりもディズニーの歴史は古いんです。 企業の都合で勝手に変えられて「あーそうですかー?」なんて簡単には了承できません。 ゲストあってのパークです。まずはこの国に訪れるゲストの意見をちゃんと聞いて判断してもらいたいものです。

    11+
  • 個人的には化粧の濃いミニーが好きではなかったので、アリです。
    ただ、幼過ぎてミッキーのかっこよさは無くなりますね。

    1+
  • 東京ディズニーリゾートのミッキーとミニーの顔は、今のままがいい。変わらないでほしいです、

    12+
  • 今のままのミッキーがいいです!!
    東京だけは変えないでほしい!!!
    怖くてグリーティング並べない。!!!!

    8+
  • アニメやイラストの方を見慣れている方にはこっちの方が慣れる気がします。
    自分は今の顔でもこちらの顔でもオッケーかなぁ。

    1+
  • 上海とアメリカのマジックキングダムのショーの顔東京の顔にしてください。上海の顔は、ミッキーとミニーだけあのなのは、おかしいです。しかも映像で見ると可愛くないです。

    1+
  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください