【ディズニー】使い勝手の良いおすすめ冬のスーベニアグッズ2種類を紹介します

ライター:

毎年恒例の東京ディズニーリゾート“ディズニー・クリスマス2018”。今年は35周年のイベント期間中に開催されるクリスマスで、例年以上に賑わっています。

そんな中、パークではフードを楽しみながら、思い出も持ち帰れるスーベニアグッズも販売中。今回はその中から3つ(ミニスナックケース2種類、スーベニアカップ)をご紹介します。

自宅でも使える?オーナメント型の「ミニスナックケース」

スペシャルイベントの恒例となっている、「ミニスナックケース」。季節に合わせた様々な形とデザインが特徴的ですよね。

しかし、意外にイベントが終るとかさばったり、家ではなかなか使い道がない…なんて事もありませんか?

そんな中、今回発売中の「ミニスナックケース」はクリスマスツリーにもぶら下げられる、オーナメント型。

パークで楽しんだ後はお家のクリスマスツリーにも飾って、その雰囲気をご自宅でも楽しめますね。

しかも種類は2つ。更に今回のスナックケースは東京ディズニーランド、シーでの共通となっていますのでどちらのパークでも購入が可能です。

レトロなデザインが特徴!1983年のイベントロゴがデザイン!

赤いケースが特徴のこちらのスナックケースはミッキーが刻まれたレトロなデザイン。

こちらは東京ディズニーランドがグランドオープンした、1983年当時のクリスマスイベントのロゴがデザインされたチャームがついています。

当時のクリスマスイベントの衣装を着たミッキーがデザインされた珍しいものです。

中に入れる「グミキャンディー」若しくは「カラフルチョコレート」は後ろにあるフタを開けて入れられます。

入れ口が小さいので、出し入れはちょっとコツがいるかもしれません。

可愛らしい雪だるまの「スノースノー」がデザイン!


もう一つは人気の雪だるまの「スノースノー」がデザインされたスナックケース。

こちらはミッキー、ミニーに加え、今年から初登場となったプルートがデザインされています。

ケースについているチャームは東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”のロゴも入っています。

先程ご紹介した赤のオーナメントに対して、こちらは水色。ぜひセットで飾りたいですね。

今回のオーナメント型のスナックケースは丸型で少々小ぶりなサイズ。ツリーももちろんですが、カバンなどに付けてもいいかもしれませんね。

■“ディズニー・クリスマス2018”ミニスナックケース
販売期間:~2018年12月25日
グミキャンディー販売店舗
●ランド
「リフレッシュメントコーナー」
「フレッシュフルーツオアシス」
「フードブース(アドベンチャーランド側)」
「フードブース(トゥモローランド側)」
●シー
「リフレスコス」

カラフルチョコレート販売店舗
●ランド
「ロイヤルストリート・ベランダ」
「ラケッティのラクーンサルーン」
「キャプテンフックス・ギャレー」
「クレオズ」
「ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ」
●シー
「ハドソンリバー・ハーベスト」
「パパダキス・フレッシュフルーツ」
「タワー・オブ・テラー周辺(スナックワゴン)」
「タワー・オブ・テラー周辺(ドリンクワゴン)」
「トロピック・アルズ」

クリスマスらしい、真っ赤なスーベニアカップ

続いてご紹介するのは、東京ディズニーランド、スウィートハート・カフェで販売中「アップルゼリー&ミックスベリームース、スーベニアカップ付き」。

中に入っているデザートは、3層になったゼリー&ムースに、ホイップクリーム、ラズベリー顆粒などがトッピングされています。

「雪の結晶」の形をしたホワイトチョコの下には、生クリームと銀色の玉(砂糖菓子のアラザン。)、ラズベリーのソースの下にはいちごムースが。

下にはいちごゼリーがあり、クリスマスらしい真っ赤な可愛らしいデザートです。全体的に甘酸っぱい感じです。アラザンは時々硬いものもあるので食べる時はご注意を。

カップに描かれているのは、おなじみのディズニーの仲間たち。

35周年のカラフルな色使いに加え、クリスマスを楽しむ様子がデザインされたスーベニアカップとセットです。

普段使いはもちろん、クリスマスに飾っておくだけでも可愛らしいデザインに仕上がっています。

※ご紹介した商品は売り切れ、販売店舗が変更になる場合もありますのでご了承ください。

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

みっこ

担当:攻略記事、イベントレポート、雑学記事

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください