アニメの声優は人種を考慮して再キャスティング。ディズニー映画は?

ライター:

アメリカで広まる人種主義(レイシズム)の問題ですが、アニメ界でもいろいろな動きが。声優とアニメキャラクターの人種を考慮するという風潮が主流になっており、再キャスティングなどの動きが活性化しています。

非白人のキャラクターに白人の声優はNG

超人気アニメ「シンプソンズ」では、白人でないキャラクターを白人声優が担当している場合、全て入れ替えると声明を出しました。

多様性や政治的正しさを尊重するアメリカでは、キャラクターが有色人種の場合、白人が声優を担当すると、批判が集まるのが普通です。

ディズニー映画では声優のキャスティングはどうなっているのでしょうか。

「ムーラン」・「ベイマックス」にみる声優キャスティング

実はディズニーはこうした問題にしっかり向き合っており、キャスティングもキャラクターの人種を考慮して行われています。

ムーランの声を担当するのは、ミンナ・ウェンさん。中国系アメリカ人の女優さんです。

ベイマックスはどうでしょうか。主人公のヒロ・ハマダは日本人を連想させる設定となっていますが、そんなヒロを演じたのは、日系アメリカ人のライアンポッターさん。

ということで、ディズニー映画ではこのように、キャラクターの背景を考えて声優のキャスティングが行われています。

白人が非白人のキャラクターの声を担当するのはなぜ問題か?

なぜ、白人が非白人のキャラの声を演じるのが問題なのでしょうか。それはマイノリティーに強いられてきた不平等の是正という側面が強くあります。

非白人は社会における権力構造上、マイノリティと扱われており、機会不平等の解消は今日の課題となっています。

非白人のキャラクターを白人が演じることで、そのキャラクターの人種の属性を持つ声優の機会を奪ってしまうということです。これが問題です。

実際に、映画・俳優業界はあらゆる面で白人優位の世界。このような側面が不平等是正、多様性の尊重への運動へ向かっているとも言えます。

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

かのん

TDRハック管理人です!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください