ディズニー・バケーション・クラブ入会を決めた4つの理由(DVC購入体験記 その3)【ディズニーのタイムシェア・リゾート】

ライター:

DSC00029
みなさん、こんばんは!

我が家がディズニー・バケーション・クラブ購入体験記も今回が3回目です。ディズニーの少しはタイムシェアリゾートに関心を持ってもらえたでしょうか?

今回はどうして我が家がディズニー・バケーション・クラブに決めたのか、ということを少し触れたいと思います。

スポンサーリンク

ディズニー・バケーション・クラブに決めた理由

DSC00080

理由その1:DVCは1泊刻みでステイする日数が決められる!

これはディズニー・バケーション・クラブ(以下、DVC)とヒルトン・グランド・バケーション・クラブ(以下、HGVC)の大きな違いにもなるのですが、2010年のタイミングでは、HGVCはウィークリー単位でしか予約が出来ませんでした。

しかし、DVCは1日単位で設定が出来ます。

例えば、1週間分のポイントを使う場合にアウラニでは3泊、ホノルルにある提携先で2泊という日数設定が可能なのです。

ハワイ4泊6日というスケジュールで遊びに来る人の中には、今でも1泊だけアウラニステイして残りの日数はそれこそホノルルのハイアットで宿泊するなんてプランで遊ぶ人も中にはいるようです。

ハワイ島に最初ヒルトンに3泊して、残りオアフ島ではアウラニで3泊っていう設定もできるのでいいな、とその時に私は思いました。柔軟性という点ですね。

理由その2:世界中のディズニーリゾートで遊べる!

看板と書きましたが、やはり世界中のディズニーリゾートで遊べるというというのは、実に夢のある話です。最初は海外グランドスラムとか全く考えていなかったのですが、DVCメンバーであればバケーションポイントを使ってアナハイムやフロリダに泊まって存分に遊べるというのは凄く魅力があるな、と思いました。

加えて、ディズニー・クルーズライン!

アクアダックもいいのですが、あの豪華な客船の中ではいつも楽しめるショーがあったり、キャラクターグリーティングもありますしとにかく楽しめることばかり!

私自身、人生の中で一度でいいので豪華客船というものでのんびりと旅行を楽しんでみたいという希望もあったので、動機としてはこれが私としては一番大きかったですね。

理由その3:バケーションポイントは直営ホテルでも利用可能!

オリエンタルランドはアメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーから見ると代理店の位置になりますので、1泊あたり消費するバケーションポイントはべらぼうに高くなりますが、それでも、この年は海外に行かないので国内で、という事も出来るのも理由の一つとしてあげられます。

2012年が仕事の都合で海外に行けなかったので、妻の誕生日はディズニーランドホテルで、私の誕生日はアンバサダーホテルでそれぞれ1泊2日で遊びに出かけました。

「国内で消費する2泊3日分のバケーションポイント=アウラニでの7泊9日分のバケーションポイント」(ニアリーイコール)

なので、海外に行きたくても行けない時にはこうして遊ぶことにするというルール決めも出来ました。勿論、翌年に今年分のバケーションポイントを繰り越すことも出来ます。

これは余談ですが、私達の担当をしてくれたSさんによると、この国内でバケーションポイントを使うためにわざわざDVCに入る人もいるんだそうです。勿論、国内で使うだけのために買うというのがダメとは言われませんし、それで購入を拒否されることもございません。

でも、使い方としては勿体無いですよね・・・・・。バケーションポイントの1泊あたりの消費ポイント全然違いますもの。

私もメンバーの1人として国内ではなく海外に出て行って遊んできたほうがいいと思いますよ!と声を大にして言いたいのであります。

理由その4:HGVCよりコスパが良かった!

ストレートで恐縮ですが、何と言っても金額です。初期費用がHGVCの半分程度でしたからね。ミッキーがいないHGVCとミッキーがいるDVC、ミッキーが大好きな妻からすると、金額以前の問題だったのかもしれません・・・・。

究極の衝動買いといってよいでしょう。

今回はHGVCと比較をしてDVCに決めたことですが、私は後日アウラニのあるコオリナリゾート内に以前からある、マリオットが経営するイヒラニにもタイムシェアが存在することを知りました。(正確にはマリオットコオリナビーチクラブ)

それは、はじめてアウラニに行った時、日本の、それも関西弁のおばちゃんにアイランド・カントリー・マーケット付近で声をかけられて、そこでの立ち話でマリオットの話を知ったのです。

元々アウラニがあるコオリナはゴルフ場が数多く存在し、ソニー・オープンなんかもここで開催されているんですね。

なので、ゴルフが好きな人にはうってつけのリゾート地だったようです。マリオット以外にも存在するコンドミニアムを購入する人がわりかし多かったようです。

コオリナは本当に静かですし、アウラニの目の前の道路を挟むとそこは既にゴルフ場。時々カートで移動する方も見かけるほどですので

「アウラニが出来て、人の流れが変わるね~。」とはそのおばちゃんの弁。

ゴルフが好きな人やホノルルの喧騒を離れてゆったりしたい人向けの場所がアウラニの出現で大きく変貌を遂げることにちょっと戸惑っていた様子が印象に残りました。

驚愕!成約確率がなんと1/2!

DSC00077

話も終盤に近づいた時、法人営業を仕事としている私はふと、どれだけ売れているのか気になってSさんに一体どれだけの人数が購入されているんですか?尋ねてみました。

内覧会で営業かけると高確率で受注まで持っていけるそうです。

その確率はなんと1/2!

内覧会で話を聞いた2組中1組は買ってくれるのであります!

びっくりしました。私は営業で法人向けの新規開拓営業の経験が長いので、個人向け商品といえど1/2という確率はまさにDisney Magic!としか言い様がない数字。普通は1/10とか下手するとそれ以上の確率なんですからもう営業からするとウハウハなんです。

そして「そりゃ、HGVCのセールスがどんどんDVCに転職するよなぁ。」と思ったわけであります。だって、価格が安くて魅力が上、だったらどっちが売りやすいかなんて言わずもがなですからね。

しかも、彼らは高いパーセンテージのインセンティブが支払われる新規開拓ガツガツの営業なんですから(苦笑)。

カネになる方に転がるのは無理もないこと。そしてそこに安心と信頼のディズニーブランドがついてくるわけですから、黙っていても売れる、なんて営業からすると天国でございます。もう言うことないですね。

と、余談めいた話はさておいても、2010年当時はこんな事になっていたということを知って頂ければ幸いに存じます。

そんなこんなでSさんに契約する意思をお伝えし、12月中旬に再びイクスピアリにあるDVCに赴き、契約書を読み合わせした上で締結。晴れて2010.12にディズニー・バケーション・クラブのメンバーになりました。

契約書原本は全て英語ですが、日本語訳もついてきます。アメリカらしく契約書も多岐に渡りますが、DVCのスタッフさんが親切丁寧にその内容を説明してくれますのでどうぞご安心下さい。

次回以降はポイントの話やDVC提携先の話、そしてアウラニがあるコオリナリゾートにまつわるをしてみようと思います。

購入を検討されている方はコメント欄からで構いませんのでご質問を頂けると幸いです。

本日もお読み頂きましてありがとうございました。

 

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

2010年より夫婦でディズニー・バケーション・クラブのメンバーになりました。アウラニをホームリゾートとして、私達なりの海外ディズニー、ファミリーで過ごすバケーションスタイルを中心に国内の話題もご紹介できればと考えております。

2 件のコメント

  • はじめまして。

    当方もバケーションクラブのメンバーなのですが、たまに「メンバーじゃなくても泊まれるならメンバーじゃなくてもいーんじゃないの?」と思うことがあり、、、
    メンバーならではの特典ってどういう点だと思われてますか?
    ちなみに当方、娘一人孫二人がいるので、いずれ譲り渡すことができるであろう資産としては数えられるものの、一体譲り受ける側は使うんだか使わないんだかわからないし、買った意味があったのかなかったのか?とたまにふ、っと頭をよぎります。ちなみにヒルトンもあるので、アウラニに行ってだらだらしてからワイキキへ移動してます。
    有効に活用されているようなので、ちょっとお話しを伺ってみたくてコメント欄からお邪魔させていただきました。

    黒もふ

    0
    • 黒もふさんはじめまして!

      ご質問の件ですが、今現時点でメンバー特典としてメリットがあると思うのは、ホームリゾートであれば宿泊する11ヶ月前から予約が出来る点だと思っております。予約が通例の旅行代理店より早い所がミソですね。ホーム以外のリゾートであれば7ヶ月前。一般的な旅行代理店は確か6ヶ月前だったかと記憶してます。

      プラス私は手持ちのポイントを上手に使ってアナハイムやフロリダ、パリ、香港だけでなく、ディズニークルーズライン、それもメンバークルーズに行けるところが魅力に感じました。

      もちろん、バケーションポイントを使わなくても海外パークは楽しめますが、我が家の場合はせっかく買った会員権なのでこれをとにかく元を取るべく使いこなそう!という海外に行くモチベーションに火をつけるきっかけになるかとも考えております。

      またアウラニでバケーションポイントを使ってロングステイ出来るというところもメリットだと捉えております。一般的なツアーで7泊9日すると1人40万は下らないようなので、毎年7泊する計画を考えるとなると長い目で見たら格安なのではないかと思います。

      DVCメンバーオンリーのイベントも徐々に増えつつあります。アウラニで言えばMAHALO MEMBER MINGLEなどがそれに当たります。

      アウラニ自体オープンして3年ちょっと、ようやく運営面でもメンバーとそれ以外の方との良い意味での差別化が図られつつある印象がございます。しかしまだ圧倒的な恩恵が受けられているかどうかと言われるとそれはまだまだ不足しているのは事実でしょう。徐々にではありますが、対応面でも良い意味で区別がつくといいと考えております。

      私個人が運営しているブログにアウラニとDVCメンバー向けの記事を書いておりますので、そちらもあわせて読んで頂けると幸いかと存じます。

      http://www.disney-fan2.com/?cat=26 

      (アウラニとDVCのネタだけ集めたURLになります。)

      あと、アナハイムやフロリダにも行かれてなければ、バケーションポイントを使ってメインランドに行くのもよろしいのではないでしょうか?

      我が家も2015年はこのどちらかにバケーションポイントを使って行きます。アウラニ以外にも魅力のあるパークがあり、DVCメンバーとしてどういうメリットが味わえるかということで実際に体験してみようと思っております。そ

      0
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。