【アウラニでグルメを堪能!その2】充実の品揃え!「ウル・カフェ」を徹底活用しよう!

ライター:
IMG_4053

皆さん、こんばんは!

先日ご紹介した記事”【アウラニでグルメを堪能!その1】アウラニが誇る高級レストラン紹介「マカヒキ」と「アマアマ」 予約方法も紹介します!“の続編で、今回は全開とは打って変わってカジュアルダイニングレストランについて紹介します。その中でも今回はアウラニを楽しむためには絶対に抑えておかないといけないお店”ウル・カフェ”(ULU CAFE)をご紹介します。

この店をフル活用すれば旅行中、アウラニの外を一切出ること無く、全ての食事を済ませることだって出来ます!年末年始にステイされる方は要必見の”ウル・カフェ”レポート、是非とも最後までじっくり読んで頂けると幸いです!

スポンサーリンク

“ウル・カフェ”は何でも揃うアウラニの中のコンビニ!

IMG_3619
“ウル・カフェ”はアウラニの施設内、ワイラナエタワーの先端部、レインボーリーフ付近にそのお店があります。パンの木を意味する「ulu」というハワイ語が由来のお店です。

ここは2013年の後半にオープン。アウラニの中での位置づけは”クイックサービス”のお店ということになります。先日ご紹介をしたアマアマやマカヒキのような100%着座形式のお店ではなく、基本テイクアウトのお店になります。勿論、屋根が付いているパティオでの食事も楽しめます。

ウル・カフェの特徴を一言で表すならば「アウラニの中で、食料品が何でも揃うコンビニエンスストア」です。

品揃えの90%以上を占めるのが食料品であり、お腹が空いた、喉が渇いたということであれば、とりあえずここに来れば何かと食べるものに飲み物はあります。オーダーすればその場でハンバーガーやサンドウィッチなども作ってくれますので、イートインスタイルのコンビニみたいに活用出来ると申し上げると少しは想像が容易につくかもしれません。

では、順を追ってこの何でも揃うウル・カフェの活用法やお店の特徴をお伝えしていきます。

ウル・カフェの特徴その1:「温かい飲み物まで揃えたリゾート内唯一のリフィルマグステーション」がある!

IMG_3969

アウラニでは宿泊者向けに、このリゾート内に設置されるリフィルマグステーションで好きなだけ飲み物が飲めるマグカップを買うことが可能です。ウル・カフェ以外にも販売しているお店がありますが、このリフィルマグステーションでコーラやスプライト、ミニッツメイドなどが楽しめます。

リフィルマグステーションはリゾート内には3つあり、そのうちこのウル・カフェでは「温かい飲み物」が楽しめる唯一のリフィルマグステーションとなります。他のリフィルマグステーションですと冷たい炭酸ものしかないので、温かいドリンクをご所望の方はここを活用してください。

コーヒーが2種類、コナ・コーヒーのカフェインの有無、プラスお湯の計3種類となり、ティーパックやカットレモンもありますので、人によっては温かい紅茶にレモンを入れて楽しんでいる方もおりました。

IMG_4199

リフィルマグは3種類、発売されております。価格は$18.99です。他には左側のミッキーが全面にフィーチャーされたリフィルマグの青い蓋バージョンと右側の絵柄の青いリフィルマグもあります。合計4種類が現在のラインナップになります。

ウル・カフェの特徴その2:「軽食の品揃え」が豊富!

IMG_3814

写真はミッキーシェイプのSPAMむすびですが、こうした軽食が豊富にあるのがウル・カフェの特徴の1つです。

他にもクロワッサンサンドのセットや子供向け(ハワイの言葉では子供=KEIKIといいます。)のセットなどが用意されており、我が家は朝食時本当に大変にお世話になりました。基本はアメリカンサイズなので女性には子供向けのセットでも十分なボリュームです。

IMG_3620
IMG_4056
IMG_3878

ミッキーシェイプのブラウニーなんかもあります。$3.00でしたね、かわいくて食べられない!って妻が言ってましたが、そんなメニューが揃っているのもウル・カフェの特徴の1つです。

他にも私が食べたのはターキーラップ(Turkey Wrap)というボリュームのあるメニューです。これだけでも十分です。軽食と書いてますが日本人からすると十分なメインディッシュになりますね。

IMG_3879

価格帯は安ければ$4.00程度から。どんなに高くても$15.00もあれば大人の男性でも十分にお腹がいっぱいなるくらいのものが買えます。(元々サイズが大きいというのもあるんですが。)

ウル・カフェの特徴その3:「サラダ類」などのサイドメニューが豊富!

我が家はスーパーで買い出しをしたりあるいは日本から持ち込んだ食材を利用して自炊していたので、夜はサラダだけウル・カフェで買ってきて食べるという過ごし方をしておりました。

IMG_3821

写真はグリークサラダという、ものでした。サラダの価格帯はおおよそ$10.00~12.00前後です。ドレッシングは酸味が効いてました。でもブルーチーズが乗っかっていて美味しいサラダでした。

種類もいくつかあり、そしてボリュームも満点!この写真のサイズでも、我が家2人で食べきれないくらいでした。私の時間では4名家族でうち小さなお子様2名連れだったらこれで十分かなと思いました。暗い室内での写真で申し訳ないのですがぎっしりと中に詰まっているので、中身は見た目以上です。

ウル・カフェの特徴その4:その場で食べたいものを作ってくれる!

IMG_3979

写真の物はコンチネンタルブレックファーストに出てきそうなポテトやカリカリに焼きあがったベーコンのモーニングセットですが、こういうものもメニューがあるのでオーダーすると作ってくれます。

焼きたてなので勿論温かいですし、こうして箱に入れてくれるので部屋のベランダで海を眺めながら朝ごはんを食べることもできます。我が家は毎日こんな感じで朝ごはんはウル・カフェで買ってきて、ベランダで食べてました。

他のメニューの写真がなくて申し訳ないのですが、ベーコンやポテトなどその場でグリル、フライした温かい食事類が出てきますので、是非ともご賞味下さい。ちなみに10月に行った際には強烈なハリケーンが来ていたので、それを記念にした特別なメニューがありました(笑)。参照過去記事は”【旅行レポ】アウラニでキャラクターグリーティングやショッピングを満喫!“になります。そちらもあわせて観て頂けると幸いです。

ウル・カフェの特徴その5:ベーグル焼き機がある!

この旅行中のウル・カフェで1番感銘をうけたのがこのベーグル焼き機。こんなのあるんですね~。いや、初めてその存在そのものを知ったのですが、アメリカらしいのですかねえ?

IMG_4141 IMG_4142

切ったベーグルを上のトレイに乗せるとベルトコンベアーみたいにベーグルが運ばれて、最後は下に落ちてきます。簡単に焼き目がつきます。ツマミで焼き具合などを調節するようですが、はじめて目にする機械でありましたのでとりあえずそのまんまで(笑)、とりあえず焼いてみました。

私は2回焼いてちょうど良い感じになりました。(妻は1回で十分と言ってましたので個々人お好みでお楽しみ下さい。)ベーグルもプレーンなもの、ブルーベリー味のものなど様々なバリエーションがありました。日本の女性であまり量を食べない方はこのベーグル焼き機でベーグル焼いてコーヒーを飲みながら朝食を済ますという人も多かったですね。

そしてベーグルにはこんなかわいいステッカーで包んでいるビニールに貼ってあったんです。我が家はスーツケースに付けて持ち帰りました(笑)。

IMG_4143

ミッキーシェイプのブラウニーもそうなんですが、ひとつひとつのディティールにこだわっているところが実に心憎いですね。

ウル・カフェがあれば、他は何も要らないかも?!

IMG_3654

今日の記事の肝になるのですが、アウラニの外にあるコオリナステーションの中に「アイランドカントリーマーケット」というハワイやグアムに行くと必ず見掛ける「ABCストア」の姉妹店があります。

ホノルルやグアムのタモンあたりに遊びに出かけたことのある方はご存知かと思いますが、簡単に言うとハワイの大型コンビニエンスストアがあります。ここは食料品は勿論、衣服や化粧品、日用雑貨にお薬、おみやげの品などなんでも揃ってます。生鮮食品も取り揃えているので小さなスーパーマーケットと言ってもいいかもしれませんね。

私達はこのウル・カフェが出来るまでは、ほぼ毎日この「アイランドカントリーマーケット」で朝晩の食べ物を調達していたのです。特に先ほど書いたようなサラダだったりサンドウィッチなど、買い出しに行ってました。

今回も時々出かけておりましたが、その回数は7日中3回行った程度。おみやげを見に行ったとかそんな程度で、サラダやサンドウィッチはついで買いな感じでした。

このコオリナステーションを中心にしたアウラニの外でのお買い物についてはまた別の記事で以後ご紹介をしたいと考えておりますが、今回ウル・カフェが出来たおかげで少なくとも食料品についてはアウラニの中で全て用事がまかなえるくらいの充実ぶりでした。

さすがに野菜や魚介類など生鮮食品はないのですが、それでも毎日食べるものに関してはとにかくウル・カフェに来れば、まぁなんとかなるかな~!というくらい気軽に毎日活用してました。価格帯も実は「アイランドカントリーマーケット」とさして変わらないレベルでしたし、リフィルマグステーションもありますしね!

ここで毎朝コーヒーを入れに来て、そのままウル・カフェに入ってベーグル買ってあの大きな機械で焼き焼きしていた時間がもう本当に懐かしい限りなのであります。

ホノルルとは違い、このアウラニのあるコオリナエリア自体、お店があまりないところなので、施設の中でほぼ全てがまかなえるのは本当に有り難い限りでした。

なにせ午後からはグリーティング漬けになる時間帯なので買い物のためにいちいち外出して居られないというのが正直な本音なのですが(苦笑)。

IMG_3874

他にもアウラニには軽食が楽しめるお店がいくつかありますが、それはまた次回にご紹介します。ドールのソフトクリームやハワイならではのシェイブアイスを堪能したり、プールサイドで美味しいお酒やライトミールを頼んでみたい方も多いのではないでしょうか。そんなお話しを次回はしてみたいと思います。(チップとデールには申し訳ないけど、どんぐりは売っておりません。)

ウル・カフェをメインに使い、次回以降紹介する他のクイックダイニングのお店も使いこなし、時には前回ご紹介をした「アマアマ」や「マカヒキ」といったテーブルダイニングで一味違った時間を過ごす。グルメもまたグリーティング同様に充実しているアウラニ。本当にホノルルを完全スルーしても良いくらいどっかりと腰を下ろしてのんびり過ごせる場所になったな、と改めて痛感した次第です。前回も今回もホノルル行ってませんしね、実際。ほんと行かなくてもいい、とすっぱり思えるのが本当に不思議な所です。

今回もお読み頂きまして誠にありがとうございました!

年内でグルメネタとお買い物ネタをひとまず完結させる方向で頑張っております。その後2015年はアウラニの中にある電子レンジやランドリーの使い方、アウラニの中に隠されている様々足掛けの数々やプール、様々なアクティビティなど実に細かいネタを含めて書いていく予定であります。

年末年始に向けてアウラニに行かれる方で、先取りした話を知りたいなどのご質問があればコメント欄に書いて頂ければ追って詳細をお伝えしますのでよろしくお願い申し上げます。

DSCF2212

 

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

2010年より夫婦でディズニー・バケーション・クラブのメンバーになりました。アウラニをホームリゾートとして、私達なりの海外ディズニー、ファミリーで過ごすバケーションスタイルを中心に国内の話題もご紹介できればと考えております。

2 件のコメント

  • kiraraさま

    はじめまして、そしてご丁寧にコメントありがとうございます!

    基本的にフラットレートのタクシーは送迎用なので途中立ち寄りというのは確認してみないとわからないですね。それこそ事前に電話をして尋ねてみるのもいいでしょう。チップが弾めばOKというドライバーさんもいるでしょうがそこは電話かメールでの確認をぜひお願いします。

    もし、時間があればホノルル滞在中でもいいので以下のURLに記載のある会社に尋ねてオプショナルツアーを考えてみるのもいいかと思います!

    http://tdrhack.com/worldwide/aulani_outside/

    またご不明点があれば何なりとどうぞ!Twitterに頂いても構いませんよ!

    素敵なご旅行になることをお祈り申し上げます!

    0
  • 初めまして♪ わかけんさま

    アウラニでの過ごし方で検索をかけて
    こちらにたどり着きました(笑)
    ただ今、アウラニの記事を隅から拝読しております^^
    私のハワイ歴は回数はあるのですが
    やっと一昨年から自分作りの旅を始めました。
    (ずっとツアー参加でした)
    今年は娘が「アウラニに泊まりたい」というので
    8月23日より2泊アウラニ
    5泊をアストン・ワイキキビーチタワーで過ごす予定です。
    空港からのアウラニへの移動はお薦めのタクシーを予約しようと
    思っています。
    アウラニからホノルルへの移動もチャーリーズタクシーを使おうと
    思っていますが
    途中で「この木なんの木」に立ち寄ってもらうことってできますかね!?
    一緒に行く友人をここだけ連れて行ってあげたいと思っています。
    もしご存知でしたら教えて頂けると嬉しいです。

    また、超お薦め♪がありましたら
    宜しくお願いします。

    http://cotedetoi.blog75.fc2.com/category17-3.html

    0
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。