注目の60周年アナハイム・ディズニーランド。アトラクションの変更点を紹介!

ライター:
image14

60周年の記念イベントで盛り上がる本場アナハイムのディズニーランド。注目ポイントが目白押しですが、今回はアトラクションがどのように変化したのかに注目します。

スポンサーリンク

マッターホーンボブスレー

マッターホーンボブスレーの雪男がマイナーチェンジしました。

最後にマッターホーンボブスレーのリニューアルが行われたのは1977年。およそ38年ぶりのリニューアルとなりました。

上下に腕を動かすほどだった雪男の動きは最新のオーディオアニマトロニクスが使われて滑らかに、更に恐ろしさが増しました。

ピーターパン空の旅

ピーターパン空の旅では特殊効果が追加されました。

7月初めは年間パスポートホルダーのみへの公開でしたが、今は一般公開されています。

ホーンテッドマンション

ホーンテッドマンションでは1969年のオープン時に設置されたものの、短期間で撤去された、伝説のハットボックスゴーストが復活。

他のゴーストに比べてよく動くことに、新しさを感じられました!

ソアリン

ソアリンHDアップデートが施され、臨場感が増しました。

世界をめぐるオーバーザワールドver.も期待されていましたが、こちらのアップデートのみ。

しかしD23エキスポ“ソアリン アラウンド ザ ワールド”2016年にやってくることになりました。

日本も登場予定です。今から楽しみですね‥!

今回は新しく登場するアトラクションはありませんでしたが、新しい演出等で随分生まれ変わったアトラクションもあります。

ぜひ現地でチェックしてください!

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。