ディズニーシーの夜が貸し切り状態・・・アナ雪効果で、シーから人が消えた?

ライター:
P1490858

冬の寒さ厳しい季節を迎えている東京ディズニーリゾート。例年、この季節は寒さのピークである事や、レジャーのオフシーズンと言う事もあり、パークは比較的空いている時期でもあります。

しかしながら、今年の冬は1月13日から始まったディズニーランドの「アナとエルサのフローズンファンタジー」の影響がかなり大きく、週末はもちろんの事、平日でもこれまでにない混雑具合になっています。

そんな中、ディズニーシーについては混雑はしているものの、比較的平和な雰囲気が広がっています。今回はそんなディズニーシーの夜の誰もいない風景と傾向をご紹介します。

スポンサーリンク

ランドにゲストが流れている…?夜のシーは比較的快適に。

P1490875

寒さ厳しい1月。パークが一番空いている時期と言うのはやはり1月の平日。そして2月に入ると徐々に学生が増えてくる時期でもあります。以前に「ディズニーランド・シーの混雑具合ってどんな感じ?【1月~4月編】」でも触れましたが、この冬の季節はゲストが比較的少なくなる季節です。

しかしながら、やはり今年のランドの「アナ雪」イベントの効果は想像以上に激しいもので、1月31日の土曜日はこの時期としては異例のまさかの入園制限がかかるという事態になりました。

P1490887

通常は入園制限がかかる位の混雑は、やはりハロウィーンやクリスマス、春休みなど全体的にパーク訪れるゲストが相当増える時期に発生します。

こうした場合、大抵は両パークが同じように相当混雑するのですが、今回のこの制限に関しては、ディズニーシーはいつもの週末より、むしろやや空いている感じでしたが、ディズニーランドについては、やはりアナ雪イベントを目当てにされた方が多いと思われ、いつもよりは少し遅めの11時50分から制限が開始となりました。
h7

こうした場合、通常は片方のパークが入園制限になると、もう一方のパークも混雑してくる影響があるのですが、この日のシーはそれほど影響がない状態でした。

そんな中、ランドは夜に行われる「ワンス・アポン・ア・タイム」が今だけのスペシャルバージョンという事もあり、遅い時間でも混雑がなかなか減らないと言う状況がある中、ディズニーシーは夜9時以降になると、パークの奥地を中心に、相当空いてくる状況になっています。
h6

今回の写真はその時の夜9時過ぎから閉園付近までのディズニーシーの様子です。ご覧の様に人が激減し、静かなパークになっている様子がよくわかります。

h1

これらの写真はあえて人のいない瞬間などを狙って撮っているので、常にいつもこうした状況と言うわけではありませんが、なかなか見られない、ほとんど人がいないシーの様子です。

h5

ランドでは久しぶりに開催されている冬の期間のスペシャルイベントですが、現在、シーではスペシャルイベントという位置づけではありませんが、ダッフィーのデコレーションでパークが飾られたスイートダッフィーが開催中です。

こちらもそれなりに人気はありますが、特にやはり初めてのアナ雪イベントということもあり、ランドの方がかなり混雑している傾向があります。
h4

この期間にどちらのパークに行こうか悩んでいる方は比較的シーの方が落ち着いていると言えるかもしれません。アトラクションがガラガラ!…と、言うわけではありませんが、落ち着いたパークの雰囲気が好きな方は冬の夜のシーもなかなかおススメです。

h3