さよなら夏、そしてミシカも…。見納めは特別なポジションで【8月第6週日曜日のディズニーシー】2014

ライター:

20140831s_001_R
猛暑やゲリラ豪雨など、パークでもさまざまな気象に見舞われた夏も終了。夏休み最終日は、やや肌寒い曇り空ながらもショーのラストには夏の陽射しが回復し、気持ちのいい青空がパーク上には広がっていました。

スポンサーリンク

ラストには夏らしい陽射しが回復したディズニーシー

8月31日日曜日のディズニーシー。

気温は25度にようやく届く程度で朝から雨がパラつく陽気。
この日が最終日となった「ミニーのトロピカルスプラッシュ」、水浴びにはやや寒い中、最後の夏を楽しみにやってきました。

昼前には雨が上がったものの、あいにくの曇り空。
まずはこの夏密かに人気となったアトモスショー「フルータ!フルータ!フィエスタ!」。

20140831s_0011_R
開催時間が決まっておらず、ロストリバーデルタで突如現れる彼ら。
フルーツの豊作をお祝いする陽気なファミリーたちに、この日も運よく出会うことが出来ました。

今年からはじまったこのアトモスショーは、かなりの人気。
「フルータ!」「フィエスタ!」の掛け合いの楽しさと、陽気なお父さん(セルジオ氏)のMCで、虜になっている人たちもたくさん。

20140831s_0012_R
そして、いよいよ「トロピカルスプラッシュ」のラスト回が近づくと、雲が薄れ夏の陽射しが回復。
一気に気温が上がり、今年最後の水浴びを存分に楽しむことが出来ました。

本日の混雑度は??

20140831s_002_R
夏休み最終日となったこの日。
学生たちは宿題に追われているのではないかと思いきや、アトラクションの待ち時間は長く、またパーク内を歩く人も普段の夏休みよりもちょっと多い印象。

サマーフェスティバルのラストの日ということもあり、ディズニー好きの方も多かったようですが、それ以上にファミリーも多く、中にはレストランのテーブルで夏休みの宿題(?)をする子供たちの姿も見かけました。

なにもここまで(と思いながら、僕もTDRハックのレポートをずいぶんサボってましたので人のことを言えず…)。

20140831s_003_R
「待ち時間が5分以上なら混雑」という基準とも言われる「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」が15分。ボードの表示以上にパーク内を歩く人の多さが目立ち、混雑日という様子でした。

本日のオススメ!

20140831s_0041_R
メディテレーニアンハーバーの広大な海と陸を舞台にしたショー「レジェンド・オブ・ミシカ」。

9月7日をもって公演を終了するこのショーは、キャラクターたちの持ち味を活かしながらも、ディズニシーならではの神話的で壮大なストーリーと世界観が見どころ。

高台から全体を眺めたり、キャラクターたちの上陸ポイントで見るのも楽しみの1つですが、この日はフォートレス・エクスプロレーションのふもとにあるプルートが上陸するポジションの近くで楽しみました。

20140831s_004_R
ここは通常のダンサーに加え、2人手話のパフォーマーが登場し、表情豊かに物語を解説してくれるのが、他のポイントにはない大きな見どころです。

「伝説の生き物たち」や「魔法」を表す手話はもちろん、ミッキーやドナルドなど愛すべきキャラクターたちの表現も、手だけでなく全身を使って表情豊かに「演じて」いて感動してしまいます。

「レジェンド・オブ・ミシカ」の公演終了まで、あと残りわずかですが、これから行く機会がある方は、ぜひ注目してみてください。

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

担当:TDRレポート

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。