子どもと楽しむ 夜のイースター・イン・ニューヨーク!【5月第5週日曜日のディズニーシー】2014

ライター:
baloon

私も娘も大好きな「イースター・イン・ニューヨーク」のショーを見るためにディズニーシーに行ってきました。
今回はばあば、姪、娘に私の4人です。

スポンサーリンク

半袖ではやや寒い?

5月25日日曜日のディズニーシー。天気予報は晴れ。
この日の最高気温は26度、最低気温は21度。午前中は気温がなかなか上がらず曇り空。風が吹いて肌寒く、上着を着て過ごすことがほとんどでした。
服装は、この季節はロングスカートに半袖Tシャツにパーカー。足元はスニーカー。寒さ対策としてスパッツも着用しています。毎回ディズニーにはこのスタイル。おしゃれ的にはどうかと思いますが、服装を決めておくと楽なのです(笑)。

娘はこのような感じです。
maooutfit20140525

半袖Tシャツにスカートにハイソックス。リュックの中にパーカーが入っています。
本当は娘もディズニー仕様の服装を決めてしまいたいところですが、さすがにそれはかわいそうなので毎回変えてます(笑)。。。

ちなみに迷子対策について。

事前に対策できるものとしては、服装はとにかく目立つ格好がいいですね。ご兄弟でしたらお揃いも効果的。

6歳の娘には「迷子になったら必ずキャストの人に言うこと」と伝えています。私のお下がりのスマホ(家族内の通話だけ無料で利用可)も持たせています。

以前は紙に名前と年齢、私の携帯番号を書いたものを身につけさせ、「迷子になったらキャストの人に見せるように」と言っていました。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが,もう少し小さいお子さんになると迷子対策用のシールを貼ってもらえます。
(シールについてはパークでご確認ください)

本日の混雑度は??

konzatsu 20140525

パーク内を歩く際にもストレスもなく、レストランも比較的空いていました。
この日は、アラビアンコーストコートヤードで行われている「スプリングタイム・サプライズ」のショーも鑑賞したのですが、ショーが始まる約1時間前の到着で、中央の最前列から10~11列目あたりで鑑賞できました。(子供の目線からでもショー鑑賞に問題ない程度の距離です)

 

午前11時頃のインフォメーションボードです。
トイ・ストーリー・マニア!190分、タワー・オブ・テラー130分、センター・オブ・ジ・アース130分‥と人気のアトラクションはそれなりに混んでますね。。。
そうそう、この日はグーフィーの誕生日だったので、「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」のグーフィーの待ち時間が100分と、ミッキーやミニーよりも待ち時間が長かったことが印象的でした。

info

私たちがシーに到着した9時前の様子。「トイ・ストーリー・マニア!」のファストパス発券の列がニューヨーク・デリまで来ていました。(もうこの時ですでにファストパス発券終了でした)
toystory mania fastpass

「トイ・ストーリー・マニア!」しばらく乗ってませんが、閑散期の平日でない限り私には難しそうです。。。

本日のおすすめ!

アメリカンウォーターフロント、ニューヨーク・デリの「ルーベン・ホットサンド」(¥770)です。

hotsand

一見「あれ?薄い!」と思ってしまった私ですが、中にはコンビーフがぎっしり入っていて、サウザンアイランドドレッシングがアクセントになっていて、とっても満足できました。ホットサンドという点もポイント高いです。
温かいものを食べるとホット(ほっと)しますよね。(←失礼しました(笑))

お店の場所はアメリカンウォーターフロント。ブロードウェイミュージック・シアターの手前です。

newyork deli

「イースター・イン・ニューヨーク」は夜がおすすめ!

さて、この日の目的だった「イースター・イン・ニューヨーク」。

ニューヨークを舞台に繰り広げられる、オシャレでダンサブルなショーです。

私のお勧めは、断然夜の回です。ただ、人気らしく中央エリアの座り見はかなり前から並ばなくてはならないようです。
(1時間前では撃沈でした。。。)
ちなみに親と離れて鑑賞できるお子さんにはキッズエリアが設けられています。
こちらはショー開始の15分程前にキャストから声がかけられます。お子さんは座って鑑賞できるのでこちらもお勧めです。

kids area

このショーの私のイチオシキャラクターは「グーフィー」。

goofy goofy2

キャラクターは詳しくないのですが、このショーの雰囲気にマッチした衣装とダンスで、私には一番輝いて見えるのです。

暗い中照らされる、色とりどりのライトがショーの素晴らしさをより盛り上げてくれる「イースター・イン・ニューヨーク」夜の回。ぜひぜひ行かれてみて下さい。

mao,after the show