【パークレポート】5月6日振替休日のディズニーシー(連休最終日) 2014<ひとり>

ライター:


ゴールデンウィーク最後の日となった振替休日。「連休最終日はガラガラ」という法則は当たるのか?

スポンサーリンク

コートが欲しくなる寒さだったディズニーシー

5月6日火曜日(振替休日)のディズニーシー。
四連休の最終日は、前日に続いての曇り空。しかも最高気温14度、13度という春とは思えない寒さ。
長袖の二枚重ねでも寒く、ハーバーからの風を受けながらショーを待つ人たちからは「コート欲しい・・・」という声も。

ここ数週間、半袖で過ごす日も出始めた矢先の寒空に、薄着のゲストたちは屋内の施設に駆け込み、歩く人の姿はまばらな様子。
たくさんの花や植物で彩られ、1年の中でも最もディズニーシーが華やかになるこの季節なのですが、せっかく来た人には残念な天候でした。

本日の混雑度は??


次の日が仕事や学校になる日曜日や、特に大型連休の最終日は「空いている」と言われるパーク。
昼間でも、すでに平日よりも空いていたのが、寒さも手伝い、だんだんと人は減り、アトラクションの待ち時間もかなり短い状況に。
さらに日が暮れると、わずかに残った人たちもアトラクションやレストランに「避難」したのか、外では誰ともすれ違わない「ガラガラ」な状況になりました。

もちろん、ここぞとばかりに主要アトラクションをはしごして、久々の「トイ・ストーリー・マニア!」も楽んだわけなのですが、一度、このガラガラ状態を味わってしまうと、なかなか普通の日にスタンバイでは乗る気が・・・。(もちろん、待ち列での細工や演出もパークの楽しみです!)

ただ、あまりはしゃいでしまうと、せっかくの連休も疲れを残したまま終わらせてしまうので、ご注意を。

昼過ぎに撮影。歩く人はまばらだけどアトラクションにはまだ人がいる様子。しかし日が暮れてからは、いわゆる「貸切状態」に。

本日のおすすめ!


S.S.コロンビア号の2階にある「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」。
ちょっぴり敷居が高そうで、お酒を飲むだけのところかな、と思われますが、簡単な料理もあり、普段もそれほど待つことなく入れるので、食事にも休憩にも使えるおすすめのお店です。

この日は、「海老フライのグレインブレッドサンドウィッチ、フライドポテト添え」にマティーニ。
海老フライのサンドは大きめな海老が二尾とたっぷりのレタス。お上品にナイフとフォークでお召し上がりいただくことを、お薦めします。

写真のとおり大きなサイズで、そのまま口に入れようとして、大変なことになりました・・・。