【1月5日のディズニーランドレポ】お正月プログラム最終日、グリーティングやショーを満喫!

ライター:
minnie kimono

皆様、あけましておめでとうございます。
世間では1月5日から仕事始めの方が多くいらっしゃるのでしょうか、お疲れさまでございます。
子供たちの冬休みは7日まで…ということで、ディズニーリゾートのお正月プログラムが最終日となる1月5日、「ニューイヤーズグリーティング」めあてに行ってまいりました!

スポンサーリンク

快晴!まさにディズニー日和…それでも防寒は周到に!?

1月5日月曜日のディズニーランド。この日は冬晴れと呼ぶのにふさわしいいいお天気。まさにディズニー日和でした。

最高気温は12度、最低気温は2度。
ただ、たとえ良いお天気でもディズニーでは油断は禁物。夜になると凍る様な寒気に襲われることもしばしばです。
服装に関しては「重ね着命」の私ですが、この日は薄着をめざしてスポーツ用防寒インナー上下着用デビューしてみました。ちなみにメーカーはアンダーアーマーのもので、冬用のコールドギアというものです。

あまりにも何枚も着ていると、動きにくいのですよね。
さすが高価なだけあって(笑)1枚でも暖かい!無駄に重ね着する必要がなくなりました。(それでも不安でトータル上3枚、下3枚着てましたが…。)

冬のディズニーの防寒のポイントは「腰から下」だと思います。上はわりと暖かくするように心がけますが、腰から下は盲点ですよね。
女性は重ね履きできるようにロングスカートがおすすめ。
スカートの下に裏起毛スパッツなどを重ね履きしてつま先には足用カイロ。
そして膝上までのムートンのロングブーツを履けば怖いものなしです。
(言うまでもありませんが、オシャレ度は下がります(笑))

日中のパーク内は、思わずシャッターを押したくなるほどの清々しさでした。

IMG_9769 IMG_9750 IMG_1907

「ニューイヤーズグリーティング」、徒歩のキャラクター達は間近でご挨拶!

ニューイヤーズグリーティングはパレードやショーとは違って時間は短いのですが,プログラムの途中でフロートが停止してくれるので「あっという間に通り過ぎてしまった…。」ということもなく楽しむことができました。
私が鑑賞した場所からは、ミッキーやミニーは少し離れていたのですが、徒歩のキャラクター達の魅力を存分に味わいました。

goofy in kimono IMG_1892

ゼペットさんの動きがユニークでした。
geppetto

でも、何と言ってもミニーがキュート!髪飾り…ではなく耳飾りが似合ってます。ミッキーが正面のゲストに挨拶をしている間,後方のゲストにまで気を配るミニーのホスピタリティーが素晴らしいです。

minnie in kimono

本日の混雑度は???

konzatsu 0105

この写真は15時頃のものですが、この日は確実に「平日」の混雑度だったと思います。「ワンマンズドリーム‖」も抽選なしの日でした。

ちなみに年末の12月27日(土)午前11時頃の同じ場所がこちら
人の多さに歩くのもストレスになる程でした。

konzatsu 1227

1月5日に戻り、10:30頃のインフォメーションボード
IMG_1854
モンスターズインク120分、ビッグサンダーマウンテン120分、プーさんのハニーハント90分、とそれなりにしっかり待ち時間があるので「ガラガラ」というわけではないですね。

本日のグルメ!

「チャイナボイジャー」の「ボイジャーセット」¥1490です。
IMG_1903

豚角煮と麻婆豆腐のあんかけ麺半熟卵添え、杏仁豆腐ストロベリーソース、ドリンク(写真はホットコーヒー)
IMG_1904

かなりのボリュームでカロリーが気になりましたが、見た目ほどしつこくなくとても美味しかったです。
ただ、こちらのお店のラーメンは量が多いのでシェアでもいいかも。
杏仁豆腐も濃厚でした。ディズニーシーで杏仁豆腐を食べた時も感じたのですが、味がとてもいい!コーヒーに良く合いました。

エレクトリカルパレードにちょっとしたハプニングが!

この日はラッキーなことに「ワンス・アポン・ア・タイム」が当選したのです。
少し早めにシンデレラ城前に行き、ワンス鑑賞の指定の椅子から「エレクトリカルパレード」を楽しみました。

IMG_1931 IMG_1948

すると、なんとティンカーベルを乗せたフロートのライトが点灯してなかったのです。あまりにも驚いてあたふたしてしまい、写真がブレてしまいました。
始めから消えていたのか、途中から消えてしまったのかわかりませんが、ティンカーベルや妖精達は暗い中でもいつもと変わらず懸命に演じていました。こういった光景を見ると感動を覚えます。
IMG_1932

そして、「ワンス・アポン・ア・タイム」。

IMG_1979 IMG_1991 IMG_2004

楽しい一日の終わりにこのような素晴らしいショーを観ることができることに感謝です。
終了後に隣の男性がタオルで涙を拭っている姿を見て,思わず私まで目頭が熱くなりました。

我が家の「ディズニー始め」はこのような一日でした。
お伝えしたいことがたくさんありすぎてまとまりのないレポートになってしまいましたが、最後にもう一言だけ

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

りょんまお