【ミラコスタ】おすすめ!朝の豪華ブッフェ体験記。連休中のシーの混雑状況とともにレポート

ライター:

1月の三連休、中日の1/7(日)は翌日が祝月で成人の日。
今回はお正月とピクサーイベントの狭間でパーク内は落ち着いた雰囲気でしたが、筆者はイベントショーがあると忙しくパーク内を動いてしまうので朝7時からミラコスタへお邪魔してきました。

スポンサーリンク

今回は宿泊ではなく、一般枠での利用で予約はしないままレストランの前へ。

TDRハックでも何度かご紹介していますが、ミラコスタ以外の各ホテルレストランは宿泊者以外の方も簡単に利用することが出来ます。

各ホテルのラウンジの中でも、ミラコスタのベッラヴィスタ・ラウンジは前日までのプライオリティ・シーティング(以下、PS)を取ることをオススメします。
(アンバサダーホテル、ディズニーランドホテルのラウンジは予約不要です。)

それでは、店内の様子やビュッフェメニューを紹介したいと思います。


朝7時の段階では、まだパークのオープンまでに時間があるため園内にゲストは誰一人歩いていません。

この景色を味わえるのも、パーク併設のホテルラウンジならでは。プロメテウス火山をひとりじめしている気分になっちゃいますね!
天気もよくて絶好のロケーション。当然、お昼のショーや夜のファンタズミック!の時間に運よくPSを取ることができればレストラン内からショーを見ることも出来ます。


朝食なので、ガッツリ食べるメニューはあまりありませんが、パンは8種類、ホットドリンクはコーヒー、紅茶、カフェラテの3種類。

お子様用にジュース類もありますが、ホット以外はセルフサービスとなっていました。


トマトとチーズのカプレーゼが嬉しいサラダ類。
他にも温かいお肉料理がありますが、季節によってメニューは変わるようです。


デザートはティラミスとパンナコッタ。どちらもワンカップサイズなので、欲張りな筆者は両方手に取り実食。

ティラミスは苦味もなくて全体が甘い仕上がり。
ファミリーが多いのでオトナ向けの味ではありませんが、朝食ビュッフェでありながら満足度の高いクォリティです。
パンナコッタは滑らかな食感でこちらもとろけるような甘くて、大量にお代わりしちゃいそう。

最初に時間制についての説明がなかったのですが、7時に入店して約2時間ほどのんびりと過ごすことが出来たので大満足のビュッフェでした。

TDSへインパ!アトラクションの混雑具合は?


ミラコスタを出てそのままホテルからハーバーへ入ることも出来ますが、シーの正面ゲートへ向かいインパーク。
パークは早くもピクサーイベントの準備が進んでいました。


こちらはお昼過ぎの12時頃のインフォメーションボード。
最長待ち時間はトイストーリー・マニア!の120分。次いでインディージョーンズの100分、レイジングスピリッツとセンター・オブ・ジ・アースの二つが90分待ち。連休2日目は必ずといっていいほど大混雑となりますが、待ち時間だけを見ると通常の週末よりも混雑はしていませんでした。

もう少し詳しく混雑状況を見るために、アメリカン・ウォーター・フロントへ向かってみました。

こちらは同時刻のタワー・オブ・テラー前。ファストパス(以下、FP)の発見は間も無く終了といったところですが、春キャンと「レベル13」の特別版ということを加味してもスタンバイが50分待ちはかなり少ないほうかもしれません。

但し、午前中は100分待ちを超えていたようなのでお昼時という時間帯で少なくなったと言うこともあるかもしれませんね。


こちらも同時刻のトイストーリーマニア!前。

すでにFPの発券は午前中で終了していますが、こちらも朝からゲストが絶え間なく常に100分越えの状態でした。

また、ウォーターフロントパークでは1月11日(木)から始まるピクサー・プレイタイムのフォトロケーションやボードゲームなどの準備が着々と進んでいました。
今年が初めての開催となるイベントなので、一体どんな内容のショーやゲームが用意されているのか楽しみですね。

一部のパークファンからは「ディズニーシーの景観や雰囲気に合わない」との批判的な意見もあるようですが、筆者個人の意見としては「パークはゲストとキャストが一緒に作り上げていくもの」として捉えているので、新たな試みはどんどん取り入れて行くべきではないかなと思ってます。

ホットなドリンクメニューの紹介


こちらはポートディスカバリーから、新たに加わったホットメニューを紹介します。
ホライズンベイ・レストランのテラス席では、ファインディング・ニモをイメージしたチュロスやドリンクを販売中。


こちらがサンセットリーフ(オレンジ&パイナップルのホットドリンク)、¥400-。
味は全体的にオレンジの酸味が強く、パイナップルの甘さが包み込んだような印象です。ニモのテーマカラーでもあるオレンジにぴったりですが、アルコールではありませんのでどなたでも気軽に楽しむことができます。

レストランの入り口から離れた場所にレジがあって、広めのテラス席にゲスト数は半分程度の埋まり具合でした。

販売期間は2017年11月1日から2018年3月19日まで。春キャンを利用してインパークを利用される方も、冬の寒い時期にホットメニューは重宝しそうです。


いかがでしたでしょうか。
こちらはザンビーニプラザーズリストランテ横の花壇ですが、早くもチューリップが咲き始めて春の訪れを感じさせますね。
1月後半からは、ソアリン(仮称)の近くで川津桜の開花も始まります。

パーク内の花もとてもよく手入れされていますので、パークを散策するだけでも楽しめますね。

それでは、最後までご愛読ありがとうございました。

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、インパレポートを主に執筆中のきっしーです。早いもので、年間パスポート歴6年目を迎えることとなりました。ミッキー、ミニーが大好き。自由気ままに、シーズンごとのパークの楽しみ方やグルメ、時には花壇の草花などもレポートして行きたいと思います。 よろしくお願いいたします(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。