【ディズニー】待ち時間3桁超え連発の週末!秋のランド・シーレポート。おすすめグッズやグルメを紹介

ライター:

週末は入場制限レベルで混雑するディズニーハロウィーン。

今年はイベントの開始と終わり各一週間ずつだった大人も全身仮装が楽しめる期間を全日にしたことで、多少の混雑緩和が感じられます。

そんな9/23の土曜日に、ランド、シー共にインパしてきましたので、おすすめグッズやグルメを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大混雑のディズニーランド!おすすめチュロスもご紹介


こちらは正午12:00頃のインフォメーションボード。

ランドの最長待ち時間はスプラッシュマウンテンの150分。
次いでプーさん、バズ・ライトイヤー、スペースマウンテンの3つが120分待ち。
その他にも90分待ちのアトラクションが多数と、入場制限レベルの待ち時間ですね。


こちらはチュロスの販売店、パークサイドワゴン。

ハロウィーン・イベント期間中はパンプキンフレーバーを販売中。待ち時間も20分待ちと長め。

小腹がすいていたので、サクサクのチュロスをいただきました。

ディズニーシーも大混雑!3桁超え連発の待ち時間レポート

こちらはシーのインフォメーションボード。

午後3時から入れるスターライトパスポートの入園者も落ち着き始めた夕方4:00頃。

最長待ち時間はトイ・ストーリー・マニア!の140分待ち。次いでタワーオブテラー、センターオブジアースの2つが130分、インディージョーンズが120分。その他にもニモ&フレンズ・シーライダーやダッフィーのグリーティングも100分待ちと、3桁超えの施設が合計で7つもありますね。

ファストパスについてはマジックランプシアターと海底2万マイルが残っていました。

効率などを考慮るすると、絶叫系アトラクションは朝からインパークしないとあまり多くのアトラクションを遊んで回るのも難しいかもしれませんね。

以上、両パークの混雑具合でした。

ディズニーシーの人気ラウンジから、オススメのメニューをご紹介します

こちらはアメリカンウォーターフロントに停泊するS.S.コロンビア号2階にあるちょっぴり大人な雰囲気のレストラン、テディー・ルーズベルト・ラウンジ。

店内手前はテーブル席とカウンター、店内奥には大人数のソファ席もあります。

今回は2人で来店しましたが、さほど混雑していなかったのでソファ席へ案内していただきました。

バーラウンジですが、ディズニーリゾート内のレストランは全てチャージがかかりません。
嬉しいですね。

写真はパストラミのグラハムサンドウィッチ、フライドポテト添え、¥1,300-。

パストラミハムが大量にサンドされていて、2人でシェアしてちょうどいいボリューム感。このフライドポテトがパークのどのポテトよりも美味しいのでホントにオススメです。

デザートはレアチーズケーキ、カシスアイス添え、¥870-。

甘さ控えめで女性も男性も口当たりはまろやか。カシスアイスの酸味が程よくマッチしていて、このラウンジでしか味わえない高級感に舌づつみ。

ノンアルコールカクテルやソフトドリンク、季節のパフェなどもありますのでファミリーでも友人同士でも、気軽に入れてしかもお値段もリーズナブル。

土曜日の午後でしたが、30分待ち程でした。

営業時間は公式サイトに当日アップされますので、舞浜に到着したらスマートフォンで位置情報を送信して調べてみてください。

ハロウィーンのお土産を購入。公式CDをご紹介します


ランドのワールドバザールに戻ってきました。
こちらは文具やCD、DVDなどが揃うハウスオブグリーティング。

イベント期間のCDが発売開始されましたので、ご紹介したいと思います。

左がランドのハロウィーン期間限定パレード「ハロウィーン・ポップンライブ2017」、右が「ザ・ヴィランズ・ワールド2017」のCDです。

実は昨年も購入したのですが、アレンジが大幅に変わった今年のポップンライブがとてもかっこよかったので今年も購入してしまいました。
なぜCDがオススメかというと、今年は収録時間が増えて64分の大ボリュームなんです!


パレードで登場するフロートは全6台。
それぞれのフロートでは、同じテーマのメロディをクラブ、ポップ、ジャズ、ラテン、ロック、コーラスの6アレンジでステージ展開されています。

CDにはオリジナルステッカーも付いて¥2,700-。イベントが終わっても何度も聞き直すことも出来ます。

同じディズニー好きの仲間を集めてホームパーティーのBGMとしてかけたり、アップテンポなアレンジなのでドライブミュージックにもオススメ!

ちなみにシーではメディテレーニアンハーバーの「イル・ポスティーノ・ステーショナリー」で購入可能です。

いかがでしたでしょうか。
秋の気温差もまだ激しくなく、Tシャツとパーカーの軽装備でインパークを楽しめますのでこの時期は特にオススメです。

混雑してもグルメやグリーティングなど楽しみ方は沢山ありますので、ぜひ秋のTDRを満喫してみてください。

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、インパレポートを主に担当させていただいております、きっしーです。年パス歴5年目。ミッキー、ミニーが大好き。自由気ままに、シーズンごとのパークの楽しみ方やグルメ、時には花壇の草花などもレポートして行きたいと思います。 よろしくお願いいたします(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。