【TDSレポート】グランドフィナーレ間もなく終了!限定アートにグルメ、終了予定のアトモス、ミラコスタ挙式に駐車場のミッキーなど、てんこ盛りレポ!

ライター:


東京ディズニーシーが開園してから15周年をお祝いするイベント、ザ・イヤー・オブ・ウィッシュも残すところあと1週間ほどとなりました。今日は、限定のアートや、デザートを紹介します。

スポンサーリンク

3月最初の日曜日。東京ディズニーシーの天気は? 混雑度は?


それでは、早速、この日の天気と混雑度をレポートしていきます。上の写真は、11時30分頃のインフォメーションボードです。
タワー・オブ・テラー、センター・オブ・ジ・アース等のファストパスは、発券はあるものの、スタンバイの待ち時間を見ると、人気アトラクションの待ち時間は100分を下回っていることなく、そこそこ混雑している様子が分かります。


ほぼ同時刻、ミッキー広場におけるクリスタル・ウィッシュ・ジャーニー~シャイン・オン!~を見ようとするゲストの人数といったら! もう、ところせましと、人、人、人…。
まだ公演開始時間まで、2時間以上あるのに、ミッキー広場では見る場所はない勢いです。

3月17日で終わってしまうので、人気の高さをうかがい知ることができます。


この日の気温は、春の陽気を思わせるような17度。
太陽も出ており、一応、ダウンのコートを着ていましたが、マフラーや手袋がなくても平気でした。むしろ、コートを着ていると暑いほどで、今日は、パーク内でも、ずっとアイスコーヒーやアイスティーなど、冷たいドリンクを飲んでいました。

15周年限定のカストーディアルのアート発見!


入園して早々、アクアスフィアの側で人だかりができ始めていたので、何だろう、と思い近づいてみたら、カストーディアルキャストが、ほうきを巧みに使って……


デイジーが現れました。周りにキラキラ模様も入り、まさに15周年限定アート。


また別のキャストは、ダッフィーとシェリーメイ、そして、ジェラトーニまで! 実に数分間の間に、ササッとディズニーキャラクターを描けるのは、本当にすごいといつも思ってしまいます。

このアトモスフィアが見れるのは3月31日まで!S.S.コロンビア号のシェフたちが送るパーカッションパフォーマンス


先日、このTDRハックで、私にとって少し残念な記事が公開されました。

見かけたら、必ずと言っていいほど足を止めて見ていたアトモスフィアショーであるキッチンビートが3月31日を以って終了するというのです。

当該記事はこちら

アトモスフィアショーは、何処で何時ごろやるか分からないショーのため、もう会えないかな、と諦めていたのですが、メディテレーニアンハーバーから、S.S.コロンビア号方面へ向かって歩いていると、ちょうどこれからパフォーマンスをしようとしている彼らに出会うことができました!


S.Sコロンビア号のシェフたちによる、鍋やフライパン、泡だて器等のキッチン道具をパーカッション代わりに、ノリノリでパフォーマンスをしてくれるアトモスフィアショー。
時々、バチを投げて取り損ね、しょんぼりしてしまう彼らも可愛らしいです。


※以前撮影した写真です。

時々、レストラン櫻の板前であるドナルドも遊びに来ることがありますので、出会えたらラッキーですが、私は、めったにおめにかかったことはありません。
そもそも、アトモスフィアショーは、何時何処で行われるか全くわかりませんので、「歩いていたらそのうち会えるかな?」という気持ちで、パーク内を歩いていると出会えるかもしれませんね。

グランドフィナーレ限定のスーベニアカップつきデザートとSNSウケしそうなデザートを紹介します!


メディテレーニアンハーバーにある、マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリーでは、グランドフィナーレ限定のスーベニアカップつきデザートと、SNSウケしそうなリトル・グリーンまん×9が発売中です。

まず、スーベニアカップつきのデザートの中身はカスタードプリンの様な甘いデザート。スーベニアカップつきで、850円(税込)です。
クリームカスタードの食感はプリンよりも柔らかく、トッピングは、ホイップクリームとイチゴソース。細かい果肉も入っています。

リトル・グリーンまん×9(税込900円)は、通常フレーバーのストロベリー、カスタード、チョコレート以外に、ひとつだけ通常フレーバーとは違うフレーバーが入っています。
9個もありますので、ロシアンルーレットの様に、皆さんで「せーの!」で食べてもいいですし、「次は何のフレーバーかな?」と、黙々とひとりで食べ続けるのもいいと思います。

でも、ひとりで黙々と食べ続けるのは、男性でもなかなか大変な様で、途中で、私も2個ほどお手伝いしました。

番外編1. ~幸せのおすそ分け~


この日、婚約者の友人が、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタで挙式、披露宴だったそうで、私も、時間に合わせて、チャペルミラコスタの下でカメラを構えさせてもらいました。

チャペルの鐘が鳴り、挙式を終えた新郎新婦がテラスに出てくると、近くにいたキャストの方々が「おめでとうございます!」と、声をかけ、周りのゲストも、「花嫁さん綺麗!ミラコスタで挙式って憧れる~」と、拍手を送っていました。

番外編2.駐車場にミッキー出現!?


リゾートゲートウェイステーションから、ディズニーリゾートラインに乗って、東京ディズニーシーに向かう途中、ベイサイドステーションを過ぎたあたりで、カラーコーンで作られたミッキーマウスの横顔がありました。
これも、時々見かけるアートなので、リゾートラインに乗った時は、ぜひ、窓の景色にも注目してみましょう。

聞いた話によると、かなり低い確率で、隠れミッキーがいるカラーコーンがあるそうなのですが、あいにく、私は、車でパークに行くことがないため、見たことがありません。


さて、15周年をお祝いする、ザ・イヤー・オブ・ウィッシュの期間も残りわずかとなりました。
いちディズニーファンとしては、これからも、魅力溢れるパークであり続けることを願ってやみません。

そう言えば、先日、公式HPでも、2年ぶりの公演となるファッショナブル・イースターのグッズやレストランのメニュー等の情報が公開されました。
一昨年、一目見て大好きになったショーです。花粉症が辛いのですが、頑張ってレポートしていければと思っています。

それでは、また。