15周年限定の白ワインとアブーズ・バザールのミニゲームを堪能!コツを紹介します!4月日曜日インパークレポート

ライター:
20160424top

東京ディズニーシーがオープンして15周年を記念して、4月15日より開催されている”ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”。
4月24日。限定の白ワインと、アブーズ・バザールで、ミニゲームを楽しんでまいりましたので、その様子をレポートします。
ミニゲーム成功のちょっとしたコツも教えちゃいますよ。

4月24日(日)の天気は? 混雑度は?

早速、この日の混雑具合と天気をみていきましょう。

上のインフォメーションボードの写真は、13時少し前の写真です。
スタンバイが100分を超えているのは、トイ・ストーリー・マニア!と、タワー・オブ・テラーのみ。
まだファストパス発券可能なアトラクションも多く、昼頃から遊びに来ても、アトラクションを満喫できるかと思います。

20160424cafe

そろそろ、ランチをどこで食べようか悩む11時30分頃のカフェ・ポルトフィーノの様子。
外に行列はできていませんし、店内に空席もちらほらありました。
食事を選び始めてから、席に着くまで約10分ほどで、そこまでの混雑を見受けられません。

20160424bazzar

午前中は時折、小雨がぱらつき、午前10時30分からのクリスタル・ウィッシュ・ジャーニーは、残念ながらキャラクターグリーティングのみ。

また、午前中は、12,3度までしか気温が上がらず、七分袖のシャツとジャケットでは肌寒く感じましたが、午後を過ぎると17,8度まで気温があがり、陽射しもでてきました。

上の写真は、(後ほど紹介させていただく)アラビアンコーストのアブーズ・バザールでのスタンバイ列と周辺の15時頃の様子ですが、日傘をさしている方も見受けられますね。

4月とはいえ、UV対策は忘れずに。晴れの日は、日焼け止めがあった方がいいかもしれませんね。

カフェ・ポルトフィーノでミッキーをイメージした食事とフルーティーな白ワインを楽しもう

20160424lunch

この日のランチは、メディテレーニアンハーバーにあるレストラン、カフェ・ポルトフィーノでいただきました。
ハーバー沿いにある、パスタやロティサリーチキン等を楽しめるレストランです。

今回いただいたランチが上の写真。
東京ディズニーシー開園15周年を記念し、ミッキーマウスをイメージしたスペシャルセット(税込2,180円)。
メニューは、
 ・2種のディップのクロスティーニ&グリッシーニ(単品は税込500円)
    ・4種類あるパスタより1種類を選択
  (写真はリングイネ、シーフードのジェノベーゼ、単品は税込1,260円)
 ・ミッキーマウスムースケーキ(単品は税込440円)
 ・ソフトドリンクのチョイス(+310円でアルコールに変更可能)

前菜の2種のディップ…は、アボカド風味と生ハム風味のディップ。
添えられている、ミッキー型のクロスティーニ(イタリア語で”小さなトースト”という意味があるそうです)に乗せて、いただくと、アルコールが飲みたくなるような前菜に早変わり。

パスタは、通常メニューの4種類より1種類自由に選ぶことができます。
今回オーダしたシーフードのジェノベーゼは、ハーブの香りと海鮮の香りがとても合っていて、ボリュームもちょうどよく、目の前のイタリアの風景ともマッチして、食事だけで贅沢な時間が流れます。

デザートのチョコレートムースケーキは、ミッキーシェイプそのもの。本当にキュートで、食べるのに躊躇してしまいそう。
甘さ控えめの大人なチョコレートムースケーキで、ゆっくりじっくり味わえるデザートです。

20160424medal

この日は、お酒に弱い同行者と一緒でしたが、ハーフボトルの白ワイン(税込2,000円)も併せていただきました。
お互い、缶チューハイを一本空けられることができないほど、アルコールに弱いのですが、とてもフルーティーで飲みやすい白ワインです。

ただ、このような飲みやすいアルコールは、一気に飲んでしまうと酔いが早くまわりがちです。
1.5時間ほどかけて、食事と一緒にちびちびといただきました。

キャストさんにお尋ねしたところ、申し出があれば、ラベルをいただけるとの事で、記念にいただいてきました。
ラミネートの裏側には、そのワインを飲んだ日付や特徴を書くことができますので、思い出にもなりますね。

20160424souvenir

そして、こちらは別オーダしたクリーミーカスタード、スーベニアカップつき(税込850円)。
カップには、「15」をかたどった取っ手に、ディズニーの仲間たちが描かれており、こちらも記念になりますね。
持ち帰り用の緩衝材もいただけますので、バッグの中で割れる心配もありません。

20160424pudding

中身は、カスタードプリンの食感をなめらかにしたような口当たり。
シンプルなカスタードクリームにはバニラビーンズも入っていて香りも豊か。
トッピングには、ベリーソース、オレンジ、パフチョコレート、ホワイトチョコレート、ホイップクリームが少しずつ乗っていて、カスタードクリームとの相性を楽しめることができるデザートです。

大人もハマる”アブーズ・バザール”のミニゲームで遊ぼう

20151103abu

アラビアンコーストにあるアブーズ・バザールでは、1回500円でミニゲームを楽しむことができます。

ゲームは”宮殿への道”(ボールを勢いよく転がし、3つある宮殿の窓のうち、1つでも入れば成功)と”コブラの罠”(ボールをゆっくりと転がし、コブラのモニュメントに邪魔されることなく、1つでも金色の皿にボールを乗せることができたら成功)の2種類のゲームがあります。

201604treasure

いつも、ゲームに成功した際にいただけるぬいぐるみは、その季節のイベントに合わせたコスチュームを着た、「チップ・デール」「ドナルド・デイジー」「スティッチ・エンジェル」の組み合わせが、ローテーションで景品となることが多いのですが、東京ディズニーシーの15周年を記念して作られたのは、何と、15周年のTシャツを着たミッキーとミニーの組み合わせ。

日曜日であり、また大変珍しい景品がゲットできるチャンスという事もあり、閑散期の平日夜なら、さほど待たずに遊べるゲームですが、どの時間に行っても、45分から50分待ちで少し混雑していました。

そして、筆者は、”宮殿への道”へトライ!

20160424minnie

※クリスタルコンパスは景品ではありません

結果は見事!2球目で取ることができました! とても可愛いミニーのぬいぐるみ。
この後、ロストリバーデルタのグリーティング施設に行き、ミニーと会ってきました。
おめでとうと言ってくれ、ぬいぐるみを愛おしそうに撫でていただき、一緒に写真を撮り、楽しいひと時でした。

ここで、ちょっとだけですが、筆者個人が心がけている攻略ポイントを数点紹介いたします。

“宮殿への道”攻略ポイント

20160424ballroll

・中央より気持ち右側に立ちます
・ボールも中央より、やや右側に置きます。
・手の形は、軽く「パー」の形で、指先がお腹側に来るように手首を180度回転させます。
・スタート直前、ボールをやや強く押し、手のひらに感覚を馴染ませます。
・そのまま力を込めて、手のひらから指先へ体重を移動させながら、赤い矢印の方向をイメージして、一気に転がします。
 投げる、のではなく転がす、事がポイントです。
・中央の窓は難易度が高いので狙わないようにしましょう。

そして、”宮殿への道”には、『投げたボールが自分の手元に跳ね返った時は、ノーカウントとなり、もう1回チャレンジすることができる』という、ちょっとお得なルールもあります。
筆者は数か月前、4球中2球がそのボールとなり、合計6回ボールを投げることができたこともあります。

同じ500円を払うなら、少しでも回数多く投げられた方が、ぬいぐるみをゲットする確率が高くなりますから、いつもアブーズ・バザールで遊ぶときは、”宮殿への道”の方を選んでしまう筆者です。

本日のお土産

20160424souveniers

今日は、15周年限定パッケージのお土産を数点購入しました。
左はウィング・オブ・ウィッシュ号がパッケージに描かれたクッキー(税込650円)、中央は陶器のコップ(税込1,500円)、右が先ほど紹介させていただいたスーベニアカップ。

東京ディズニーシーでは、”ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”のイベントに合わせて、たくさんのグッズやグルメがたくさん登場し、飽きる事がありません。
この記事をお読みいただいている皆さまが、少しでも楽しいひと時を過ごせますように。

それでは、また。

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

幼い頃からディズニーリゾートが好きな神奈川県在住在勤30代事務職OL。 30周年のイベント前後から1回/月ほど入園するようになり、年パスを所持している友人に勧められ、年パス(共通)を購入し、月2回~4回入園するように…。最近妹より譲り受けたミラーレス一眼カメラを使って、カメラを勉強中。 好きなキャラクターは、幼稚園の時にメリーポピンズのビデオを買ってもらって以来、メリーポピンズのファン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。