<ミニーのトロピカルスプラッシュ> Let’s「バ・ナ・ナ!」ダンス!リドアイル以外の「ずぶ濡れ」ポイントも紹介します

ライター:
20150721sunflower

私の前回のレポートでは、お泊まりディズニーまでをレポートしてきましたが、今回はその翌日(7月21日)の様子をレポートします。

本日の天気と混雑度は?

20150721information

さて、こちらは7月21日の14時少し前のインフォメーションボードです。
なんと!多くの学校が、夏休みに入った頃であろうにもかかわらず、スタンバイが100分を超えているのは、トイ・ストーリー・マニア!のみで、5月にリニューアルオープンしたマーメイドラグーンシアターも70分待ちでした。

夏休みの混雑はこれから、と、いったところでしょうか。

20150721rido

こちらは、第1回目のトロピカルスプラッシュを待っているリドアイルのゲスト様子を写真に収めてきました。時刻は、午前11時頃です。
この日の気温も30度をゆうに超え、あと一歩で猛暑日となるほどの暑さで、日傘、帽子、フード付きタオルなどで、日焼け対策、熱中症対策をしている人が大半でした。

20150721gelato

暑さで、ジェラートも買って数分後にはご覧のありさま。
こうなる前に早めにいただきたいものですが、溶けてしまったジェラートで、ジェラトーニが絵を描きに来てくれたら…と思い、いそいそといただきました(笑)

今日は濡れる日! 雨がっぱを着てリドアイルでLet’s「バ・ナ・ナ!」ダンス♪

20150711ridowater11

※写真は、以前の投稿で使用したものを再掲載しています。

この日は、「リドアイルでずぶ濡れるぞ!」をモットーに、結局、第1回目と第2回目のミニーのトロピカルスプラッシュをリドアイルで見ることになりました。もちろん雨ガッパ着用です。

20150711ridowater22

※写真は、以前の投稿で使用したものを再掲載しています。

以前のレポートでもご紹介させていただきましたが、このリドアイルは、なんと言っても、前から後ろから、放水が多く、最後の方は前を向いていることさえ困難です。

ですが、ダンサーさんや、音楽に合わせて「来い! 来い! 来い! 来い! 来い!」や「バ・ナ・ナ!」と踊ったり、本当に一体感が合って楽しめるエリアです。

20150711ridowater3

※写真は、以前の投稿で使用したものを再掲載しています。

第2回目のトロピカルスプラッシュの時は、リドアイルの車いすエリアの近くで、放水ホースを持ったダンサーさんが通る場所で見ていたので、調子に乗って「お兄さーん! こっちにかけてー!」と、声をかけたら、ホースを私に向けてくれました。

運が良ければ、ホースを持ったダンサーさんから、直接水をかけられるかもしれませんね。
もちろん、その後の事は覚悟しないといけませんけど。
ちなみに、同行者は雨ガッパを着ていなかったので、「(下着の)パンツまで濡れたぜ…」と、ぼやいておりました。

リドアイル以外の「ずぶ濡れ」ポイントのご紹介

20150721minnie

先日のレポートでは、ミニーのトロピカルスプラッシュを鑑賞するにあたり、濡れないけれど、そこそこショーを満喫することができる穴場になりそうな場所をレポートしましたが、今回は、その逆、「ずぶ濡れ」ポイントをご紹介したいと思います。

と、言っても、筆者は、まだリドアイルからしか鑑賞していないため、ショー直後の地面の濡れ具合をご紹介します。
これを参考に、鑑賞場所を選んでいただければ幸いです。

20150721mickeyerea

まずは、こちら。ホテルミラコスタの前に広がる「ミッキー広場」と呼ばれているエリアです。エリアの前方のみ、濡れているのが分かりますね。
ここは、ショー中にはミッキーが来てくれます。また、この春からできたステージにもミッキーやダンサーさんが立ちますので、後方でも楽しめる場所だと思いますよ。

220150721zanbi

次はこちら。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前の広場。
ここも、地面が水びたしになるくらい「ずぶ濡れ」エリアとして人気が高いエリアですね。ここには、チップがやって来ます。チップとデールが好きな方、(デールはその後、ちょっと移動しますが)ぜひ、こちらで鑑賞されてはいかがでしょうか?

本日のディナー

20150721canaletto

今日のディナーは、メディテレーニアンハーバーにあるリストランテ・ディ・カナレットへ。
テラス席に座っていると、ヴェネツィアン・ゴンドラのゴンドリエから「ciao!」なんて声を掛けられることもありますね。
(この日、ヴェネツィアン・ゴンドラはメンテナンスの為、運休となっていましたけど)

今日、なぜこのレストランにしたのかというと、5月24日のインパークにおいて、ガイドツアーキャストさんより、「ここのピザがおすすめ! 食べないなんてもったいない!」と、おっしゃっていたので、キャストさんが薦めるなんて、どれだけ美味しいんだろうと思ったからです。

そして、頼んだメニューは…

シェフのおすすめディナーコース ¥3,810
・西瓜の冷製スープとシーフードサラダのカクテル仕立て
・カサレッチェ、海老とイカのクリームソース
・真鯛のグリル、タプナードソース
 または
 牛サーロインのタリアータ、グレイヴィーソースとカシスマスタード
・パン
・マスカルポーネのアイスとトロピカルフルーツ
・ソフトドリンクのチョイス
販売期間:2015年07月01日 ~ 2015年08月31日

東京ディズニーリゾート公式ホームページより引用)

あれ? ガイドツアーキャストさんおすすめのピザは…と、思いましたが、それは、また次回体験した際にレポートします。

20150721fish

こちらは、同行者がオーダーしたメインの魚料理(真鯛のグリル、タプナードソース)です。
一口いただきましたが、真鯛は白身魚特有の食感に、添えられている焼き野菜の塩加減もちょうどよく、美味しいです。

20150721meat

こちらは私がオーダーしたメインの肉料理(牛サーロインのタリアータ、グレイヴィーソースとカシスマスタード)です。
筋に当たったようで、ナイフでやや切りづらかったのですが、お肉自体は大変柔らかく、グレヴィーソースとの相性もバッチリです。
カシスマスタードはやや酸味が強いので、全部はいただかず、少しずつつけて食べることをおすすめします。

20150721desert

そして、デザートのマスカルポーネのアイスとトロピカルフルーツです。
トロピカルフルーツは、マンゴー、キウイ、パイナップルが添えられています。
マスカルポーネのアイスクリームの下には、カスタードクリームが敷かれており、パイナップルのソースと一緒にいただきます。
ちなみに、茶色の点々は、バルサミコ酢ですって!

キャストさん曰く、お口の中が甘くなりすぎないように、酸味のあるバルサミコ酢をアクセントにもってきているとのこと。

さて、お泊まりディズニーの後は、シーに行き、トロピカルスプラッシュを中心にずぶ濡れになりましたが、シーでは、他にも、アクアトピアが期間限定のずぶ濡れバージョンになっていますし、他のアトラクションにおいても、少々水がかかる演出を行っているアトラクションもありますね。
このような場所を上手に活用しながら、暑い夏を乗り切りたいですね。

それでは、これからパークに遊びに行かれる方々も、体調管理に気をつけ、素敵な夏の思い出が作れますように。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。
それでは、また。

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

幼い頃からディズニーリゾートが好きな神奈川県在住在勤30代事務職OL。 30周年のイベント前後から1回/月ほど入園するようになり、年パスを所持している友人に勧められ、年パス(共通)を購入し、月2回~4回入園するように…。最近妹より譲り受けたミラーレス一眼カメラを使って、カメラを勉強中。 好きなキャラクターは、幼稚園の時にメリーポピンズのビデオを買ってもらって以来、メリーポピンズのファン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。