ミニーちゃんファン必見!ランドホテルの豪華ビュッフェと、短縮営業日のディズニーランドをレポート!

ライター:

2018年が明けて早くも1ヶ月が経ちましたね。
ディズニーランドではアナ雪イベントが、そして東京ディズニーランドホテルでは、1月11日から『ミニーのプレシャス・モーメント・ウィズ・ユー』がスタート。
今回は予約激戦の中、1月31日のランチタイムにプライオリティ・シーティング(以下、PS)をWEBサイトより予約することができたので有休を使い楽しんできました。

また、パークはTDL,TDSどちらも夜7時までの短縮営業。ランドは朝10時オープンとなっていましたので、パークの混雑状況も合わせてレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

シャーウッドガーデンで豪華ビュッフェを堪能。

今回の特別イベントは2018年1月11日からのスタートですが、レストランのスペシャルメニューは1月6日から先行販売が開始されています。
1階のシャーウッドガーデンとカンナはPS予約対象、2階のドリーマーズラウンジは予約ではなく当日に直接店頭に並ぶ必要があります。
数に限りのあるドリーマーズラウンジのアフタヌーンティーセットはかなりハードルも高いため、確実に利用したい方は1階のシャーウッドガーデン、もしくはカンナの利用をオススメいたします。

かなり激戦ではありましたが、なんとかランチタイムの予約も取れてランドホテルのレストラン、シャーウッドガーデンへとやって来ました。


年パス歴5年目の筆者ですが、実はシャーウッドガーデンは初体験。
まず店内へ案内されて驚いたのがレストランの広さでした。キャストさんにお伺いしたところ100席以上はあるそうで、ランドホテル、ホテル・ミラコスタ、アンバサダーホテルの3つのホテルレストランの中で一番の広さとのこと。


レストラン内から、噴水のある中庭が見えますね。
実はこの「中庭」の名称が『シャーウッド・ガーデン』なんだそう。初耳で驚きです。
ちなみに宿泊者はお部屋のルームキーで、ある場所からこの中庭に入ることもできるそうです。機会があればぜひ、行って見てください。


レストラン紹介が長くなってしまいましたが、やっとお料理へ移ります。
ビュッフェのメニューはレストランの中央に集まっていて、見た瞬間から目移りしてしまうお料理ばかり。
フルーツポンチ、ブルーベリーロール、タイベリーのパンナコッタなどなど、スイーツエリアには所狭しとデザートが並んでいました。


こちらはキャストさんが注文を受けてから作ってくれるストロベリーとバニラアイスクリームのパイ。イチゴはとても甘く、バニラアイスも高級感ある味わいで合計で3回もお代わりしてしまいました。


そしてこちらが今回一番注目されていたラズベリー・ムース。
とにかく可愛くて、新しく運ばれてくるや多くのゲストが記念の写真を収めていました。
写真撮影が終わると順番に取り分けてすぐに半分ほどなくなってしまうのですが、完全になくなると2分と経たずにキャストさんが新しいムースを運んでくるという徹底ぶりに感動いたしました(笑)

こちらはラズベリーとローズのゼリーで、少しお腹が満たされてから小休憩がてら頂きました。
お隣には見えづらいのですがイチゴのショートケーキが。
他のゲストのお邪魔にならないよう、ササっと写真を撮らせて頂きました。

スイーツ以外にも、サラダやパンも充実。右のベリータルトや、ミニーちゃんのクツをイメージしたバターパンも絶品でしたよ。

他にはパスタやローストチキンなど、メインのお料理も温かく豪華なランチとなりました。

こちらは今回のイベント期間限定のスパークリング・ワイン。
ラベルからもとても気になるところでしたが、今回は酒より食に走ってしまいました。。。(笑)

以下、シャーウッドガーデン・ビュッフェの各料金です。コーヒー、または紅茶がお代わり自由で料金の中に含まれます。
ソフトドリンクやアルコール類は別料金でメニューがありました。
ビュッフェスタイルのレストランは各ホテルにもパークにもありますが、「ミニーのプレシャス・モーメント・ウィズ・ユー」で楽しめる特別メニューは期待を大きく超えた満足感を得られました。気になる方は、迷わず予約をオススメいたします。絶対に後悔はしません。

ランチ
大人(13才以上) ¥4,000-
中人(7~12才) ¥3,000-
小人(4~6才) ¥2,000-
ディナー
大人(13才以上)¥5,000-
中人(7~12才)¥3,500-
小人(4~6才)¥2,500-

平日・短縮営業のランドへインパーク


ランチを終えて、ランドへとやってきました。

冒頭でも述べましたが、この日は朝10時オープン、夜7時クローズの短縮営業。

有休もなかなか使えないため、閑散期の短縮営業時間にインパークすること自体が今年初でしたのでドキドキしながらゲートを通り、エントランスへとやってきました。

アナ雪のフォトスポットは待ち列すらない空き具合。キャラクターのグリーティングもゲストが囲むほどもなく、かなりのんびりとした雰囲気でした。


こちらは午後2時頃のインフォメーションボード。
もっと空いているかな!?と思ったのですが、最大待ち時間はスペース・マウンテンとスプラッシュ・マウンテンの90分。
続いて長かったのが60分待ちのビッグサンダーマウンテン、プーさんのハニーハント、モンスターズ・インク、バズ・ライトイヤーの4アトラクション。

それでも、週末の通常営業では上の人気アトラクションも悠に120分待ちは当たり前のような状況ですので、より多くのアトラクションに乗りたい!という方は平日の方が断然オススメします。

こちらは5時頃のハニーハント前です。55分待ちということで、お昼頃とほとんど変わらない感じですね。
他のアトラクションも概ね60分待ちを維持したままとなっていましたが、ファストパスの発券は夕方までほとんどのアトラクションが残っている状態でした。

通常スタンバイだけでパークを回るのは厳しいかもしれませんが、開園時間が10時なのでかなりのんびりパークへ向かい、余裕を持って帰宅できるため平日の方が体力的にも有意義に過ごせるかもしれませんね。

余談ですが、2月以降の短縮営業は2週目まで。3週目以降は平日も朝8時から夜10時まで営業していますので、詳しくは公式サイトの運営カレンダーをご確認ください。

それでは、今回も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。
またお会いしましょう。