【8月土日】パイレーツの世界もあと数日で見納め!夏休みインパークレポート

ライター:


まだまだ暑い日が続いていますが、少しづつ秋の気配を感じるようになってきて朝晩はだいぶ過ごしやすくなってきましたね。

今回はパイレーツ・サマーバトル ”ゲットウェット!”の抽選エリアに当選し、全身ずぶ濡れになりなり楽しい1日を過ごせましたので、その様子をレポートします。
また、併せて、別日に参加したミラコスタで結婚式を挙げた方のみ参加できるパーティーの様子もレポートします。

スポンサーリンク

8月最初の日曜日。天気は?混雑度は?


早速、8月5日(日)の天気と混雑度からレポートします。上の写真は、13時少し前のインフォメーションボードの写真です。

トイ・ストーリー・マニア!のファストパスは、もちろん発券が終了していましたが、スタンバイで並ぶと100分。他の人気アトラクションは、100分を下回るほどでしたので、どちらかといえば空いている土日だと思いました。


こちらは18時頃のミラコスタ前の広場の様子。この時間でも、広場を歩くのは快適でしたが、ドリンクワゴンやシェイブアイスを売っている店舗では、ゲストが長い列を作るほど、終日暑い日に。

ゲットウェットの抽選エリアに初当選! ずぶ濡れ対策はどうする?


パークに入園してすぐ、どうせ当たらなないだろう、と思いながら抽選機にパスポートを差し込むと、軽快なファンファーレと共に「おめでとうございます」の文字が。

当選は嬉しいのですが、心の中では、「当たっちゃったー! どうしよう!?」と慌てふためいていました。
なぜなら、この日は、日焼け対策としてフードタオルは持参していましたが、ずぶ濡れ対策用の服ではなく、Tシャツ、ジーパン、スニーカーで、全て乾きにくい素材の洋服だったからです。


メディテレーニアンハーバーにある、パーク最大のお土産屋さんであるエンポーリアムと、アパレルショップであるフィガロズ・クロージアーをうろうろ。
結局、濡れてもいいように、ハーフパンツ(税込2,300円)とビーチサンダル(税込1,500円)を購入しました。

ビーチサンダルは、ミッキーは青、ミニーはピンクを基調としたデザインで、サイズもキッズ用から、5種類ほどありましたので、家族で、カップルで、友人で、お揃いのコーディネイトの一部にできそうです。
ハーフパンツはユニセックスでのサイズ表記なので、ボトムスは11号を着ている筆者ですが、Sサイズでちょうど良かったです。

着替えを準備していなかったので、やや痛い出費となりましたが、ビーチサンダルも、ハーフパンツも、普段使いできるデザインなので、自分へのお土産として、いい思い出となりました。

海賊の一員になって盛り上がろう! パイレーツ・サマーバトル”ゲットウェット!”を抽選エリアで鑑賞しました


2回目と3回目の公演では、ピアッツァ・トポリーノ(通称:ミッキー広場)の前方は、抽選制となっており、入場時刻になれば、キャストがいる指定の入口より、当選番号順に入場するというシステムになっているようです。


「船が来たぞー!」のかけ声でショーが始まり、拍手と共に、ミッキー広場のゲストのボルテージがみるみる上がっていくのが分かります。


その先は、バルボッサ海賊団の一員になりたい我々と一緒にダンスをしながら盛り上がり、時には目を開けているのが困難なほどの大、大、大放水を浴びました。

そして、ゲストの元気が無くなりそうになると、バルボッサ海賊団に扮したダンサーの皆さんが「お前ら、ちゃんと修行に参加しろよ!」と煽ってきます。


ミッキー広場前のステージでは、ジャック・スパロウとバルボッサが水をお互いかけ合うひと幕も。大放水に耐えることができれば、見ることができるかも?

放水の量が大変多く、コンタクトレンズがずれ、髪留めに使っていたバナナクリップが壊れてしまうほどの水圧なので、抽選エリアに当選したゲストは、それなりの「覚悟」で修行に励んでください。

先ほど書いたハーフパンツとビーチサンダルに履き替えてショーを楽しみましたが、晴れていることもあって、ショーが終わった後、乾き始めはとても速かったですが、下着まで濡れてしまい、さすがに、帰るまでは乾きませんでした。

暑い夏をピリッと辛いお肉料理で吹き飛ばそう!


ロストリバーデルタにあるミゲルズ・エルドラド・キャンティーナでは、ディズニー・パイレーツ・サマーの期間中、レストラン内の装飾が、ドクロ等の海賊モチーフでデコレーション。
アルコールドリンクも販売しているので、アルコールドリンクを片手にすれば、さながら海賊たちの酒場の様な印象に。


この日のランチにオーダーしたのは、スパイシーミートタコスのセット(ソフトドリンク付きで税込1,180円)。レギュラーメニューのこのセットが、ディズニー・パイレーツ・サマーの期間限定でトルティーヤ生地が黒くなっています。

付け合せの野菜にはドレッシングなどがかかっていないので、トルティーヤ生地の上の乗っているスパイシーな挽肉と一緒にくるんで、ワイルドにがぶりつきます。

挽肉がとてもスパイシーなので、出来たらアルコールドリンク(個人的にはビールがおすすめ)と一緒に食べると美味しいです。


食べている途中で、パイレーツ・キャンティーナ・フィエスタに出演する荒くれ者の海賊たちが。「ちゃんと食えよ~」と、ギターを鳴らしながら気軽にグータッチ。

パイレーツ・キャンティーナ・フィエスタは、このレストランで開催されている期間限定のエンターテインメント。
海賊たちがギターなどの楽器を使い、陽気に歌い、踊るエンターテインメントです。

ちょうど、私が入店した時間(13時30分頃)は、21時前開演の整理券を求めて、5組ほど列ができていました。整理券を配布する、しない、開演時刻等については、当日レストランのキャストに聞く必要がありますが、機会があれば、ぜひ参加したいエンターテインメントです。

番外編~ハッピーエバーアフターパーティーに参加しました~


以前、このTDRハックでも、こちらこちらで記事となっていますが、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタで結婚式を挙げたカップル限定で抽選に当選した方が参加できる、ハッピーエバーアフターパーティーに行ってきました。


パーティーは、フォトセッションと、食事の2部構成となっており、フォトセッションでは、ミッキーとミニーが婚礼プログラムで着たコスチュームでお出迎えしてくれ、記念撮影に応じてくれました。


食事は、ホテルの宴会場を貸し切り、この日のために、ホテルミラコスタのシェフたちが考案した特別メニューが振る舞われました。どの料理にも必ずミッキーシェイプが入っていて、食べるのがもったいない素敵さ。

食事だけでなく、BGMが東京ディズニーシーの過去のイベントで使用された曲が流れたり、東京ディズニーリゾートの歴史を振り返るDVDの上映や、ディズニーミュージックのライブもあり、このホテルで結婚式ができて本当に良かったと振り返られるパーティーでした。


また、欧米では一般的となっているバウ・リニューアルとして、ミラコスタ、アンバサダーホテルで結婚式をした方限定で、エンドレスロマンスというプランが2018年8月よりスタートしています。

ミラコスタとアンバサダーでは、プラン内容が少し異なりますが、夫婦として歩んできた歴史を振り返りながら、再び愛を誓い合うのも素敵なシーンになりそうですね。


夏のイベントも残すところわずか数日。9月から始まる秋のイベントに合わせてパーク内の装いがどうなるのか、今年も心待ちにしています。暑さの峠は超えても、熱中症には気をつけてパークを楽しみたいものです。

それでは、また。