【パークレポート】昭和の日のディズニーランド 2014<ひとり>

ライター:


ぽっかりと平日に挟まれた飛び石連休の昭和の日。連休だから混んでいる?それとも平日前の休日だから空いている?

スポンサーリンク

飛び石連休中日のディズニーランド

4月29日火曜日のディズニーランド。
当日はすぐれないお天気で、夕方以降は本降りの予報。気温は最高20度、最低15度。
1日通して厚手のパーカーがちょうどいいぐらいでしたが、昼間はちょっと汗ばむぐらい。
パークに着いたのは、「ヒッピティ・ホッピティ・スプリングタイム」の2回目が開催中の16時前ごろ。ぽつぽつと雨が降りはじめましたが、なんとか天気は持ち直し、閉園間際に小雨が混じる程度で傘やカッパの出番はありませんでした。

本日の混雑度は??


ゴールデンウィークの中日。早い人では前週から連休に入っている人もいるので、それなりに混んでるかな、と思いましたが、普段の休日よりもかなり空いていました。
日曜の夜や連休の最終日は、パークが空くことがありますが、そんな状況がすでに昼間からはじまっている印象。
もちろん、アトラクションもあまり待たずに乗れるような状況でした。
「春を感じさせる」ような恵まれた天候ではありませんでしたが、人があまりいないパークをのんびり歩き回るのも、なかなか楽しい気分でした。


パークに着いた夕方頃に撮影。軒並み60分以下のアトラクションが目立ちます。
この後、夜にかけて実際の待ち時間はさらに短く。

本日のおすすめ!


ワールドバザールに突然現れ、テンションの高いピアノ演奏を魅せてくれる「バイシクル・ピアノ」のスティーブンさん。
見事な指さばきもさることながら、まるで楽器と一体化したようなパフォーマンスは、いつも見とれてしまいます。
この春は、衣装もピアノもイースターバージョン。春のパレード「ヒッピティ・ホッピティ・スプリングタイム」のピアノバージョンも楽しめます!

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

担当:TDRレポート

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。