「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」ラウンジが新装オープン!

ライター:
h8

広大な敷地に多くのアトラクションやショーが広がる東京ディズニーリゾート。とても一日で全て回りきるのは難しく、やはりゆっくり泊まって過ごしたいものですよね。

ただ、やはりできればホテルライフもじっくり味わいたいもの。これまでもお泊まりディズニーについていくつかの記事をご紹介してきましたが、今回はオフィシャルホテルの「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」をご紹介。

今回はワンランク上のカテゴリー、「クラブルーム」の宿泊者が利用できる「シェラトンクラブラウンジ」がフロアや内装を大きく変えて新装オープンしましたのでこちらをご紹介します。

スポンサーリンク

施設の充実度はナンバーワン。ディズニーホテルよりも楽しめる??

h2

ご承知の様に東京ディズニーリゾートは周辺を含め、多くのホテルが存在します。もちろん優雅なディズニーホテルもいいですが、パークに近接し、便利なオフィシャルホテルも外せません。

現在は6つのオフィシャルホテルがありますが、中でも特に筆者がお気に入りなのは「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」。(公式サイトはこちら。)

3つのディズニーホテルももちろんとても魅力的ですが、このホテル最大の特徴は、「館内施設が非常に充実している」という事。過去にご紹介した「【シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル】オフィシャルホテル徹底紹介シリーズ【6】」でも触れましたが、子供から大人までホテル滞在をしながら楽しめる施設が充実しています。

そんな中、今回ご紹介するのはワンランク上のカテゴリーになる「クラブレベル」と言う、部屋の宿泊者が使えるラウンジについて。

このラウンジが今年の5月に、中身も一新して生まれ変わりました。こちらは通常の部屋に対してワンランク上のカテゴリーになるので、イメージ的には「ちょっと高くてとても手が出なさそう…」と思われるかもしれませんが、意外とリーズナブルに使える方法もあります。

約3倍の敷地&座席へグレードアップ。フロアは11階から2階に。

h14

このクラブレベルのラウンジはこれまで11階のフロアにありましたが、今回は2階チェックインカウンター奥に場所を移してリニューアルオープンしました。座席数もこれまでの数に対して、約3倍となり、ラウンジ面積も同様に約3倍となり、かなり広くて快適なラウンジに生まれ変わりました。

これまではこのラウンジはそれほど広くなく、席数も少なかったため、対象カテゴリーに宿泊していてもラウンジに入れない…という事もありましたが、今回のリニューアルでだいぶ解消される事になりました。

h15

また、これまではチェックイン等の受付テーブルが1つだけだったのですが、2つに増え、さらに臨時でもうひとつ使える様なレイアウトになり、これまで以上に迅速で細やかなサービスの向上が期待できます。

3つのディズニーホテルにもそれぞれラウンジがあり、特定カテゴリーの人はこのラウンジを利用することができますが、例えばミラコスタは当初に比べて対象ルームが増えたために、混雑する事もあります。

h11

こちらのシェラトンは基本的にはドリンクやスナックはセルフサービスですが、逆に自由に好きなタイミングで利用できるのでかなり快適です。

営業時間は朝6時から夜11時まで。すべての時間帯でソフトドリンクとライトスナックが提供されています。また、17時から19時の間には、ビール、ワイン、ウイスキーなどのアルコールやオードブルのサービスがあります。

h10

ディズニーホテルのラウンジの場合はキャストが対応してくれますが、アルコールは個々に注文なのでその分時間がかかるというデメリットもある場合もありますが、こちらは前述のとおり、自由に自分で取る事ができるため、そうしたストレスがほぼありません。

カクテルタイムはオードブルの品数も以前より増え、小食の方であれば、食事になってしまうくらいの量とも言えます。もちろん基本的には自由に出入りでき、時間制限もありませんので快適です。

h16

【ラウンジ概要】
■場所 2階F
■営業時間6:00~23:00
■設備
・座席数95席
・無料Wi-Fi
・ワークステーションのご提供
・Study SpaceにおけるPC及びプリンタの無料利用
■サービス
・ビジネスサポート及びコンシェルジュサービス
・新聞及び各種雑誌の提供
・ビジネスサポート及びコンシェルジュサービス
・新聞及び各種雑誌の提供
・ドリンクサービス 6:00~23:00(ソフトドリンク提供)
・オールデイスナックサービス 10:00~17:00 (スナック、デザート、ソフトドリンク提供)
・イブニングカクテルサービス 17:00~19:00(オードブル、ソフトドリンク、アルコール提供)
※別途、専用会場にて7:00~10:00朝食提供

h19

特典いっぱい!普通に泊まるよりも結果的にお得になる場合も…?

h20

このシェラトンのクラブレベルルームに関しては、特典が多く、結果的には通常のスタンダードルームに泊まって、いろいろ特典(施設利用)を付けるよりも、結果的に安くなる場合もあります。

例えばクラブレベルルーム宿泊者はホテル内の施設が使える「オアシスパス」と言うものがついてきます。これは通年営業の「屋内プール」やお子さんであればキッズエリアである「トレジャーアイランド」、また「大浴場」であるお風呂、「トレーニングルーム」などを、無料で滞在中何度でも使う事ができます。

h1

また、夏の期間は追加料金(大人2,100円)が必要になりますが、リゾート気分溢れるガーデンプール(屋外プール)も滞在中ずっと使えて、かなり優雅な滞在を楽しむことができます。

また、このオアシスパスはホテル滞在期間中だけでなく、チェックアウト日の各施設営業終了時間まで何度使えますので、チェックアウトをした後、パークで遊んだ後に再度ホテルに戻って、お風呂に入ったりプールに入ったりしてから帰る事も可能です。これは結構便利。(オアシスパスは単体でも購入可能です。)

h1

また、このクラブレベルの特徴として、「専用の朝食会場が用意されている」事。このシェラトンではフロア1階にあるレストラン「グランカフェ」が有名ですが、このレストランとは別に12階(最上階)にある「サミット」というこのカテゴリーの宿泊者専用の朝食会場で、朝でもほとんど待たずに混雑せずにゆっくりと食事することが可能です。

h9

種類や品目数は1階のレストランよりは多少少ないものの、十分な種類や量があります。また、追加料金(大人1,700円)を払えば1階の「グランカフェ」に変更できる特典もあります。

チェックアウト後は駐車場追加料金は必要にはなりますが、こうしたプールや各施設、朝食付き等を考えると、意外にお得ともいえる値段になることもあります。

意外に安く利用も…!ネットの早期予約でお得に利用。

h21

こうしたラウンジはこのホテル以外にも非常に高いイメージがありますが、オフィシャルホテルの多くは宿泊料金の「変動性」をとっているところが多く、「同じ日にち」で「同じ内容」でも、かなり早い時期から予約をしておけば、格安の料金で使える事もあります。

例えばネット予約できる「楽天トラベル」や「Ozモール」、「YAHOOトラベル」や「一休.com」などでは早期予約でかなり安くなるプランもあります。

h3

一例ですが、「7月分」の予約を「4月末に予約」した時点では40,000円程度でしたが、一ヶ月前くらいになると約60,000円になる…という感じです。

また、ディズニーホテルに関しては近年は一般的な旅行サイトで予約することも可能になりましたが、こうした「特典付きカテゴリーの部屋」は基本的に予約の対象となっていない事が多いです。(稀に限定プランで出る場合もあります。)

h22

オフィシャルホテルの場合は、臨時的に安い料金でこうしたカテゴリーが出ることもありますのでマメに旅行サイトをチェックしておくのが賢いでしょう。

…ディズニーリゾート内に広がる多くのホテル。もちろんほかのオフィシャルホテルも非常に魅力的ですが、このシェラトンはそうした理由からも筆者の1番のお気に入りです。
h13

もちろんディズニーランドやシーもいいですが、ディズニーリゾート内のオフィシャルホテルでゆっくり過ごすホテルライフもなかなか優雅で満たされますよ。

(本記事内のデータ・料金・サービス等は2014年7月現在のものです。変更になる場合もありますのでご了承下さい。)

h12