3つのディズニーホテルのプールを徹底解説!夏のTDRを満喫するならホテルのプールがおススメ!

ライター:
h6

毎日暑い日がついていますが、夏のディズニーリゾートと言えば両パークで行われているウォータープログラムがあります。全身びしょ濡れになって騒げる夏イベントは、心も体も熱く火照った体を癒してくれる最適なイベントでもあります。

しかしながら、もっと涼しく快適に過ごすならやっぱりプール。今回は3つのディズニーホテルのプールの楽しみ方や特徴などをご紹介します。

水深が浅くて、小さなお子さんも安心!アンバサダーホテルのプール

h1

それではディズニーホテルのプールを順番にご紹介していきましょう。まずはディズニーアンバサダーホテルから。こちらのホテルのプールは「パームガーデン・プール」。

こちらのホテルのプールの特徴としては、プールのロケーションが、ホテルの建物にぐるっと回るよう囲まれており、外からは一切見ることができないプライベート感が溢れる、落ち着いた雰囲気が特徴です。

h3

その名の通り、ヤシの木に囲まれて、アンバサダーホテルのカラーでもある、ブルーやホワイトを基調とした、落ち着いたデザインがリゾート感を盛り上げてくれます。

プールは大きな蝶のような形をした浅いプールと、その奥にある泳げる細長いプールの2つがあります。

h4

特徴的なのは前部分の広い浅いプール。こちらは大人の膝位までの深さしかなく、小さなお子さんでも立って遊べるプールになっています。また、浅いプールではありますが、絶妙に考えられたその深さは、大人が泳げる深さでもあります。

h2
また一段高いところにあるプールは普通のプールの深さがあり、しっかり泳ぎたい方はここでも対応できます。ブールサイドには軽食を売っているプールサイドバーがあり、飲み物やお菓子などを、現金のほか、部屋付けでも購入することもできます。

利用時間はその日のチェックインのゲストは12時から18時まで、チェックアウトの日はお昼12時までとなっています。宿泊者は利用は無料で、タオルやロッカーも無料で利用できます。

ピーターパンの世界が溢れるディズニーランドホテルのプール

p1

続いてご紹介するのは東京ディズニーランドホテルのプール、「ミスティマウンテンズ・プール」です。こちらもアンバサダーホテル同様、宿泊者は無料で利用できるプールで、アンバサダーホテルのプールよりは深さがあるプールと、奥には浅い子供用のプールが存在します。

p2

特徴的なのはピーターパンをモチーフとしたプールで、底には大きな帆船が描かれていたり、ピーターパンに登場する大きなドクロの岩などが特徴的です。

p4

またブールサイドにはチクタクワニの噴水なども設置されており、物語の世界に浸れるプールでもあります。こちらもディズニーランドホテルの宿泊者は無料で利用でき、営業時間はアンバサダーホテルと同じく、チェックイン日は12時から18時まで、チェックアウト日は12時までとなっています。

p3

このディズニーランドホテルのプールはアンバサダーに比べて、ホテルの客室数が多いため、午後になると、プールが混雑してくる傾向もあります。ゆっくりゆったりしたいなら早目の時間の利用がオススメです。

アンバサダーとランドホテルはプールの利用時間に注意を!

h5

ゆっくりゆったり過ごしたい夏のディズニーホテルのプールですが、気をつけたいのがプールの営業時間。先ほどご紹介したようにアンバサダーとランドホテルのプールはチェックイン日は12時から18時まで、チェックアウト日は12時までの利用となっています。

チェックイン日は15時のチェックイン後、又はチェックイン前からでも利用可能ですが、翌日は12時までしか利用ができないので、ホテルのチェックアウト時間以降はプールが利用できなくなりますのでご注意を。

p1

この時間設定は実質的に利用者が多くなり過ぎない様にコントロールをしているためだと思いますが、チェックアウト日は朝からプールに行かないと、実質あまりゆっくりできず、慌ただしくなってしまう特徴があります。

この2つのホテルの場合、翌日は「朝からプールを利用するか」又は「パークで遊ぶ時間を優先する」のか、あらかじめ決めておく必要があります。

ひと味違うミラコスタのプール。有料だけどじっくり癒されるプール

h6

最後にご紹介するのはホテルミラコスタのプール、「テルメ・ヴェネツィア」。このプールが他のディズニーホテルと違う特徴は通年営業の屋内プールやジャグジーがある事。

屋外のプールは夏季期間限定なのですが、さらにこちらのミラコスタのプールは宿泊者であっても「有料」の施設となっており、屋外プールも営業している夏は大人3,000円、子ども1,500円と、プールの利用としてはかなり高い値段設定となっています。(夏季以外は大人2,000円)

h7

しかしながらこちらのミラコスタのプールに関しては、チェックイン日の朝8時から屋外プールは18時までですが、屋内プールは22時まで、さらにチェックアウト日に関しても、チェックアウト日の22時まで利用ができ、営業時間がかなり長くなっています。(ホテルチェックアウトの手続きは必要です。)

h8

もちろんタオルやロッカーは無料で、更衣室の前にはジャグジーやシャワー(水着を脱いで入るタイプ)があり、一度料金を支払い、レシートを提示すれば、何度も出入りができ、チェックアウトした後でも利用が可能です。

そのため、シーでめいいっぱい遊んだ後でも、帰る直前に最後にゆっくりお風呂に入って、ゆっくりつかってから帰路につく…と言うことも可能です。

h10

また、こちらは有料施設であるため、自由に飲めるミネラルウォーターが置いてあり、サービスも有料施設らしく充実しています。

ロケーションもヴェネチアサイドの建物に囲まれた場所に位置しており、ホテルミラコスタの落ち着いた優雅な風景の中でじっくりゆっくりプールで癒しの時間を過ごすことができます。

h9

こちらは有料施設であるため、アンバサダーホテルやディズニーランドホテルよりも若干空いている傾向があります。お値段は高めですが、筆者はミラコスタに行った時は必ず利用する、ちょっと優雅で素敵な時間が過ごせるプールです。

プールサイドでは飲み物や軽食(カレーライスやサンドイッチ等)も頼む事ができ、食事も可能です。…時間を気にせずゆっくり楽しめるホテルのプール。宿泊者しか使えない限定プールですが、ディズニーホテルにお泊まりの際はぜひおススメです。

【yoyaq.com‎】ディズニーリゾートのホテル予約