大人気!「トイ・ストーリーマニア!」現在の混雑傾向と対策!【その1】

ライター:

さて、ショーやアトラクションなど、様々な魅力があるディズニーランド・シーですが、やはり人気なのはアトラクション。ショーやパレードなどはやや遠目からでも待たずに何とか見れることはできますが、人気アトラクションはファストパスが無ければ当然並ばなくてはなりません。

しかしながら、誰もが知る人気のアトラクションはやはりいつも長い待ち時間が発生します。全般的にはやはりコースター系が混雑する傾向がありますが、2つのパークを通じて、現在断トツの人気を誇るのが、ディズニーシーの「トイ・ストーリー・マニア!」。

2012年8月現在では、他のアトラクションと対比にならないくらいの大混雑が続いています。以前に「攻略!「トイ・ストーリー・マニア!」徹底レポートと混雑予想」でもその概要をご紹介しましたが、オープンからそろそろ一ヶ月が経過。現在の様子や今後予想される傾向について触れていきます。

スポンサーリンク

パークのゲストのほとんどが一極集中!想像以上の混雑に要注意!

さて、大人気の同アトラクションですが、私の知る限りではディズニーランド・シーを合わせても、過去最大の待ち時間「500分」(2012年7月16日、9時半頃)を記録し、夏休みに入った現在でも200~300分待ちが珍しくない日が続いています。

朝の入園時の様子を見ていても、だいたい9割以上のゲストがこのアトラクションの方向に流れていくのがわかります。久々の大型アトラクションの登場で、夏休み前にテレビや雑誌などでも広く宣伝されていた為に人気度は間違いなくナンバーワンとなっています。

そのため、開園後間もなくはこのアトラクション周辺は上の写真のとおり、ものすごい混雑になり、アトラクション入口やショップに近づくこともできなくなります。上の2枚の写真はオープンから約10分後の様子。(1枚目の写真の時計参照。)この短時間で一気にこの状態になります。

また、パーク側としては本来禁止している「走る行為」、いわゆるダッシュですが、もちろん奨励するわけではありませんが、朝のオープン後はものすごい勢いで多くのゲストが走って行きます。かなり危険ですので特に小さなお子さんやベビーカーの方はできるだけ端に寄り、周囲を十分に注意してください。

ご覧のとおり、オープン直後はアトラクション周辺はファストパス発券とスタンバイで分厚い列ができますので横断も困難になります。また、ファストパス取得後に急いで走って移動するゲストも多いので、特に用事が無い場合はできるだけ避けたほうが無難です。ただ、この周辺混雑はそれほど長くは無く、1時間程度で解消されます。

開園15分で発券最後尾に並べなければファストパスは取れない!

以前のレポートでもご紹介しましたが、グランドオープンから約1ヶ月経過した同アトラクション。当初に比べると、若干変化も出てきている部分もありますので簡単にご紹介します。

まず、スタンバイやファストパスの並ぶ列ですが、グランドオープン当初は両方ともパークに入って左折、坂を登って「マクダックスデパートメントストア」(前にコロンブスの銅像があるショップ)の「右側を直進」する形でしたが、最近はこの分岐で、スタンバイは「右側へ」、ファストパスは「左側へ」と変わっています。上の写真がその状態。右側がスタンバイ、左側から来る列がファストパスの発券列です。

これは開始当初よりも、アトラクション周辺の列の調整が上手く行われるようになり、列があまり伸びなくなっているためです。ただ、言うまでもなくこれはその日の状況で変化しますので、キャストの誘導に従ってください。これを無視すると、遠回りさせられたり、結局遅くなってしまう事が多くありますのでご注意を。

ファストパスについては前回もお伝えしたとおり、オープンから15分程度で発券の列がカット(並べなくなる)され、実質的には「パークのオープンから15分程度で発券最後尾に並べないとファストパス取得はほぼ無理」という厳しい現状です。

できるだけ早めの来園を!朝の開園待ちゲストの出足がかなり早い!

同アトラクションの特徴として、過去にも人気の大型アトラクションがオープンした時に比較すると、「混雑がなかなか落ち着かない」という現状になっています。人気の「タワー・オブ・テラー」や「モンスターズインク~」でさえ、グランドオープンからしばらくすると比較的ゲストは落ち着いていましたが、このトイストーリーマニアはなかなかゲスト数が減りません。

また、併せて、ツイッターやブログなどで情報も幅広く周知された時期でもあり、朝のファストパス取得を目指すゲストで、早朝の入園ゲート待ち時間がかなり早くなっています。

通常期のディズニーシーであれば、オープン二時間前くらいで最前列が取れるくらいでしたが、現在は3時間前でも数グループ目…といった感じです。ちなみに上と下の写真は8月上旬の平日、オープン三時間前の様子ですが、既に入園待ちは3~5グループ程度埋まっています。

恐らく夏休み中はこうした状況がしばらく続くと思われます。

以上の様に、決して混雑を「あおる」目的で書いているわけではありませんが、現状はかなり厳しくなっています。同アトラクション周辺ではファストパスを取れなかった方やスタンバイ時間の長さに愕然としているファミリーなどをよく見かけます。

苦労してやっとたどりついたのに、目の前で発券が終わってしまったという方も多く見かけます。ただ、この混雑には時間帯による「混雑の変化」があり、このあたりの変化をよく考えるとそれほど長くないスタンバイで乗れる場合もあります。

また、無理して先にこのトイストーリーマニアを目指すのではなく、他のアトラクションから攻める・・・という方法もあります。次回はそんな方法や、スタンバイするのに適した時間とそうでない時間をご紹介します。