夏休みのディズニーリゾート、「持って行くべきもの」とは?チェックリストを紹介

ライター:

夏休みのディズニーリゾート。もちろん日帰りでも十分楽しめる場所ですが、この季節には遠方から宿泊で来られる方もかなり多くなります。

それでなくても多くの荷物が必要な旅行。そんな中でも、一般的な旅行ではなく、この夏のディズニーリゾートならではの持ち物というのも必要になってきます。

今回はそんな夏休みのイベントが多く行われるディズニーリゾートについて、持っていくと便利なもの、欠かせないもの等について触れてみます。

準備は必須!夏のディズニーリゾートで、「無いと困るもの」

基本的な持ち物についてはまた別の機会に触れますが、今回は「夏のディズニーリゾートに必要なもの」という観点からご紹介します。

当然ではありますが、基本的な持ち物言うまでもなく移動を考えて、必要最低限にする必要があります。しかし夏のディズニーリゾートは暑さが大敵。この浦安市地域は陽射しの暑さよりも、都心に近い「蒸し暑さ」の方が強いと思っていいと思います。

基本的なものは現地でも購入できるものが多いですが、単価も高いですし、予め準備しておくのに越した事はありません。

この記事下欄にチェックリスト形式で持ち物一覧を掲載しています。ご活用下さい。それではそれぞれについて、あくまで筆者の主観ではありますが、説明していきましょう。

飲み物は必須。ペットボトルは持ち込み可能ですが、基本的にビン・缶は持ち込み不可です。また、この夏場には時間的余裕があるならば、ペットボトルを凍らせておきましょう。

この凍らせる際は、一度栓を開け、ちょっとだけ飲んで容量を減らしてください。言うまでもなく凍ると膨張するからです。また、しっかり凍らせるには前日ではなく、その2日前くらいに冷凍庫に入れておきましょう。それを市販のペットボトルホルダーに入れ、隙間に小さな保冷剤を入れておくと長持ちします。

また、暑い陽射しに欠かせない日傘や帽子。できるだけかさばらないコンパクトにしまえるものがいいですね。日傘は雨も兼用のタイプだとなお良いですね。熱中症に備えて、塩分のある飴も荷物に入れておくと効果的です。

タオルは普通のサイズに加えて、ハンドタオルなど、「1日で2つ程度」は用意しましょう。また、暑さをしのぐ、うちわは必須。ただ、そのままだと邪魔になるので扇子の方がいいと思います。

最近は耐久性のある防水の扇子も出ていますので、こちらも夏のディズニーにはおすすめです。また焼きたくない人は日焼け止めも必要。こちらも小さめのものが便利ですが、こまめに塗りなおす事を考えるとスプレー式ではなくリキッドタイプの方がいいでしょう。

無くてもいいけれど、「あると便利なもの」。

続いて無くてもいいですが、あると便利なもの。まぶしい陽射しに対するサングラスや、特に女性は日除けと冷房対策に薄手の羽織るもの(ショール等)があると便利です。

ディズニーリゾートのレストランなどは屋内は強めに冷房がかかっています。外で大汗をかいて室内の冷房で急に冷やされて風邪を…というケースは意外に多いのいで冷えやすい方は特にご注意。

それと「水に浸すと冷たくなるクールタオル」等もあると重宝します。また、「冷却パック」や「クール系のデオドラント」、「さらさらシート等」、また、屋外用にパークでも売っていますが、「ミストファン」などもあると助かります。

ただ、このあたりのグッズは実際のところはそれほど使わないという特徴もあります。冷却パックは一時しのぎですし、ミストファンも意外に使わない、なんて事も。使わなくなれば邪魔なるだけですので、本当に自分に必要なのか…とよく考えて準備しましょう。

ウォータープログラムに参加する場合の必需品!

以上が夏のディズニーに欠かせないアイテムですが、さらにもうひとつ。今度はウォータープログラムに参加する場合の準備品です。

言うまでもなく、全身がびしょ濡れになるほどの勢いで水が撒かれる夏のウォータープログラム。もちろん鑑賞する場所やタイミングでかなりその程度は変わってきますが、しっかり鑑賞したい場合には用意がだいぶ変わってきます。

まずカッパなどは着用せず、全身びしょ濡れになりたい場合でも、「大きめのビニール袋」は必須。これは荷物全体を入れるため。ゴミ袋の大きなサイズは必要です。

これらのショーは水着や裸足での鑑賞は禁止なので、「着替え一式」とサンダルが必要ですが、普通にパーク内で動き回るのに薄手のビーチサンダルではかなり疲れやすくなります。

そのため、100円ショップなどで売っている「薄くて軽いサンダル」を持参し、ショーの時に履き替えるのがオススメです。また、意外に忘れやすいのが「濡れた服・サンダル・タオルなどを入れるビニール袋」。こちらも忘れずに。

また、濡れたいけど着替えは面倒だし、雨カッパで…という方は「ひさしのある濡れてもいい帽子」があると、落ちてくる大量の水をかぶりながらもショーがよく見えます。

さらに意外に注意したいのが、雨カッパを着ていても、首や前のボタンのところから水が入り込んでくる事。終わってカッパを脱いだら、首元からお腹までびしょ濡れ…という場合もあります。

また、多くの雨カッパは上半身中心なので、下半身部分が濡れてしまう場合もあります。そのため、座って見るディズニーランドの中央鑑賞エリアのショーの場合は、「膝などに小さなレジャーシートをかけておく」のも効果的です。ビニール袋でも代用できます。

また、見た目はちょっと変ですが、特にお子さんには「カッパを後ろ前、逆に着させる」というのも意外に効果的です。こうすると前からはほぼ濡れません。

さらにカメラによる撮影をしたい場合は一眼レフの本格的な防水ケースはかなり高価ですので、自作をする事になりますが、スマートフォンや携帯、コンパクトカメラでも十分という方は、100円ショップに売っているクリアケースやビニールケースなどでも代用できます。

専用のスマートフォンや携帯用の防水ケースも売っていますが、実際はそれほど使用機会は無いですし、100円ショップでも意外にいいものが揃います。ケースの上からでも操作できるものも多く、自分でちょっと手を加えれば簡単に作れます。

ただ、言うまでもありませんが、完全防水ではありませんし、本来の使用方法ではありませんので、ご利用は水が入らない工夫と、自己責任でお願いします。

また、このウォータープログラムに使用される水はきれいな水であることは言うまでもありませんが、水分が乾燥した後、髪の毛がバサバサになる事が多くあります。「ヘアワックスやクリーム」などがあると、整えやすいです。

「夏のディズニーリゾート 準備品チェックリスト」

以上、細かくお話してきましたが、ご紹介した内容でチェックリストを作ってみました。あくまで個人的感覚で作ったものですが、ご活用いただければ幸いです。

■夏季のディズニーリゾートで「欠かせないもの」チェックリスト
 【 】飲み物(ペットボトル)
 【 】日 傘(雨兼用だと○。最近は男性用も。)
 【 】帽 子(通気性のいいもの)
 【 】タオル(2枚程度)
 【 】うちわ(扇子の方が小さくて便利)
 【 】日焼止め(小さいほうが重く無くて便利)

■「あると便利なもの」
 【 】サングラス
 【 】ショール等
 【 】日焼け止め
 【 】クールタオル(水に濡らすと冷たくなる)
 【 】冷却シート
 【 】クール系のデオドラント
 【 】ミストファン
 【 】さらさらシート等
 【 】濡れたものを入れるビニール

■びしょ濡れプログラムに参加する場合必要なもの
 【 】タオル
 【 】雨カッパ
 【 】濡れてもいい帽子
 【 】ビーチサンダル 
 【 】ビニール袋【大】(荷物全体を入れる)
 【 】ビニール袋【中】(濡れた雨カッパ・着替え等を入れる)
 【 】レジャーシート【小】(着席の場合、膝にかける)
 【 】携帯・カメラ用防水ケース
 【 】ヘアクリーム等
 【 】メイク道具