TDRでのショーの抽選の仕組みを解説!【その1】ワンス・アポン・ア・タイムの当選率や抽選攻略法など

ライター:
h10

東京ディズニーリゾートで行われる多くのエンターテイエント。人気のショーは早い時間から待つゲストも多く、そう簡単にいい場所では見られません。

そんな中、一部のショーで採用されている抽選。こちらは当たればほとんど待たずに、ゆっくり見られるという大変ありがたいものです。

しかしながら、なかなか当たらないのも現状。そんな中、やはり気になるのは「どうすれば当たるのか」。もちろん誰もが当たりたいこの抽選ですが、当然の事ながら「100%当選する方法」はありません。

そこで、今回はこの抽選の仕組みや傾向についてご紹介。もちろんそれを理解したところで、確実に当選するわけではありませんが、この抽選の仕組みには「明らかな特徴」がいくつかあります。その仕組みを理解しておけば何も考えずに抽選するよりは当たりやすいかも…?

スポンサーリンク

当たりよりハズレのゲストの方が多い抽選。当たったらラッキーと思う事!

c4

このショーの抽選ですが、言うまでもなく、当たれば待たずにゆっくり見られるという利点だけでなく、ハズレのゲストは待たなければならない間もアトラクションやショッピングを楽しめる時間があり、当たりとハズレの差は現実的にはかなり大きいです。

また、パークを訪れる多くのゲストは、この「抽選にハズレの方が圧倒的に多い」のもその特徴。たとえばディズニーランドで現在行われている「ワンス・アポン・ア・タイム」の座席は約2,400席程度。

この公演は二回あるので、当選席数は約5,000席とします。一般的な週末のディズニーランドの入園者数を約50,000人とすると、単純計算すると、「10人に1人しか当たらない」という程度になります。

w7

これが入園制限がかかる様な大混雑日になると、7万人程度のゲストが訪れますから、「14人に1人程度」という、かなり厳しい確率になります。これらを考えると、当たった方はかなりラッキーという事になります。

当たった時の行動を予測するよりも、「基本的には当たらない」というつもりでプランを組んでおいた方がいいと言えるでしょう。

c8

誕生日シールをつけていると当たりやすい?年パスは当たりにくい?ってホント?

h7

この抽選の制度は、長い時間待つのに慣れている、いわゆるパークの「常連」の方からすれば、抽選は反対派が多い特徴もあります。

ただ、やはりそうした方々は「ひとつショー」に対して何時間も待てる事が多いですが、年にそう何回も来られないような遠方の方や、一般的なゲストにとってはそんな時間は無く、なかなかそうは行きませんよね。

そんな特に時間を無駄にしたくないゲストにとってはなんとしても当たりたいもの。少しでも当選の可能性が高いジンクスに頼りたいものですよね。

h14

よくネット上にある一昔前の裏技的なものの中には「バースデーシールを付けていると当たりやすい」と言うのもありましたが、残念ながらその明確な根拠はありません。

また、他にも「年間パスポートだと当たりにくい」、「株主優待パスポートやスポンサーパスポートだと当たりやすい」、「年間パスポート購入初日はあたりやすい」…などの様々な「噂」がありますが、これらは現実的には当選確率には一切関係がありません。

また、この抽選はシステムの仕組み上、キャストがその場で個別の抽選者を人為的に操作できるものではありません。

もちろん個人のジンクス的なものはあるかもしれませんが、これらの情報を過度に期待&信用しない方がいいでしょう。

c1

まずは抽選システム基本的な仕組みを理解しよう!

c7

多くのゲストを「歓喜」や「落胆」に導いてくれるこの抽選の仕組みですが、まずとても簡単に説明するならば、「バランスよく当選者を出して、締め切り時間終わりまでに当選残数を0にする。」という仕組み。

もう少し詳しく言うならば、残りの当選座席数や、残り抽選時間に応じて、「当選する確率を自動的に変動」させて、余りが極力出ないようにする仕組み…です。

c11

この仕組みの優れているところは、抽選する時間の「早い、遅い」や、抽選する人数の「多い、少ない」にさほど関係がなく、パーク側の意図した通りに、抽選対象時間内に合理的に当選残数を限りなく「0」に近づける事ができるという点。

なぜそんな事ができるのかと言うと、過去の来場者データを利用して、コンピューターが「その日の抽選者数」を予測して、当選券を「時間内にほぼ均等に配分」するシステムだからです。それもデータはリアルタイムで処理されるというなかなか優れたシステムです。

h1

「大人数だと当たりにくいのでは?」「一人だと当たりやすい?」を考察。

h13

この抽選システムですが、なんとなく「大人数だと当たりにくいのでは?」「少人数だと当たりやすい?」という疑問がありますが、これは結論から言うと、「人数は関係ない」という事になります。

実際にこれまで7人や8人グループで当選されているケースを何度も見た事がありますし、いわゆる常連の方は1人で来られる方も多いですが、そんなに毎回当たっているというワケではありません。

なぜそう言いきれるかの根拠は後でお話しますが、人数で確率が変わってしまう程度の簡単な抽選システムをパークが採用するとは思えませんよね。

h2

ただ、もちろん、締切り間際の時間帯では当然残り席数が少ないのは当然ですから、物理的に終了間際の時間帯は「多人数は当たりにくく、少人数が当たりやすい」という傾向は必然的に高くなるのは当然です。

また、空席の隙間を埋めるため、終わり間際の時間帯は「1人」だと当たりやすいという傾向は高いとも言えます。

ただ、これらは「仕組み上の傾向」ではなく、「物理的な問題」なので、当たりやすいという事ではありませんのでご注意を。

…次回はこの抽選の「具体的な特徴」や「傾向」についてご紹介する予定です。

h16