【ディズニーシー】朝の入園ゲート周辺事情とポイント。少しでも早く入園するためには?

ライター:

さて、前回はディズニーランドのオープン前の入園ゲート事情についてお話しましたが、今回はディズニーシー編。まず、こちらは言うまでもありませんが、ディズニーランドよりも後から建てられているため、ゲストの導線や周辺環境なども比較的整っている印象があります。

しかしながら、こちらのシーの場合は「入園ゲートが南北に完全に分かれている」事や巨大な立体駐車場がありますが、「エレベーターが一台しかない」、「混雑日には遠い臨時駐車場に誘導される」など、知らないと意外に面倒な事もあります。

今回はそんなディズニーシーの入園ゲート周辺事情について触れていきましょう。

待ち合わせの場所ははっきりと!簡単に行き来ができない2つのゲート。

まず、ディズニーシーの入園ゲート事情として特徴的なのは、「入園ゲートが湾曲してほぼ横一直線に並んでいるディズニーランド」に比較して、上の案内図の様に、入園ゲートが「ノースとサウスで完全に分かれてしまっている」事。

この2つのゲートは物理的にはさほど離れていませんが、反対側に行くには一度リゾートラインの駅舎下を通って大きく移動しなくてはならない必要があります。特にパークに慣れない方同士で入園ゲート前で待ち合わせする場合は注意が必要です。

また、このゲートですが、開園直前になるとほぼ満員のリゾートラインが次々到着します。その際、モノレールの中からこのサウス側の様子が見えますが、慣れていない方は反対側(北側)にゲートがあるイメージがあまりないので、手前側(サウス)に並ぶ傾向が若干見受けられます。

開園間際の混雑時間帯にはリゾートライン下車して改札を出ると、混雑具合に応じてキャストが誘導していますのでそれに従ってください。

また、混雑時に使用される第七パーキング(過去のこちらの記事をご参照。)がオープン時には、この駐車場を利用しているゲストは全てこのサウス側を使用しますので、若干ではありますが、開園間際にはノース側の方が空いている事が多いです。ご参考に。

便利な立体駐車駐車場ですが…エレベーターに注意!

ディズニーシーを自家用車で訪れた場合、まず隣接の大きな立体駐車場に誘導されます。混雑時にはここもすぐに満車になってしまいますが、できればやはりここに停めたいものです。ここに停められれば途中で車への行き来も便利。

ディズニーランドの駐車場は時間が少し遅れただけでかなり遠くに誘導されてしまいますが、こちらの立体駐車場は入園ゲートから近いのでかなりありがたいです。混雑具合によっては、ディズニーランドに行く時でも、ディズニーシーの駐車場に停めた方が移動が楽な場合もあります。

この立体駐車場ですが、難点はエレベーターが中央に一箇所しかない事。しかも、搬器も一台しか無く、エレベーターのサイズも小さいので、なかなか乗れません。特にオープン時間間際には上層階から降りてくるエレベーターはすぐに満員になってしまいますので、ベビーカーを利用される場合は畳んで階段やエスカレーターを利用した方が早いです。ご参考までに…。

ミラコスタ宿泊者は20分前に入園。既に入園者がいる事を考えて!

できれば少しでも早めに入りたいディズニーシー。「トイ・ストーリー・マニア!」などの人気アトラクションのファストパスGETのため、少しでも早くファストパスやスタンバイに並びたいところです。また、季節のショーの場所取りもできるだけ早くしたい!…と、思う方も多いでしょう。

しかしながら2012年7月からはミラコスタ宿泊者が20分前に正式にパーク内にノースゲートから入れるサービスが開始されました。今までにも早めに入れるサービスはありましたが、この20分前は宿泊者にとってはかなり有利。

そのため、一般入園者よりも先に既に多くの宿泊者が先に入園しています。そのため、ショーの最前列真正面などの本当にいい場所(特にリドアイル)やトイストーリーマニアのスタンバイなどは、一般ゲートからどんなにがんばって早く入園しても、宿泊者には絶対にかないません。

このことから、無理に一番乗りや、かなりいい場所を取ろうとしてもそれは現実的に無理であることも考えておきましょう。

リゾートライン到着時には一気に列が伸びる!速やかに列を決めて!

JR舞浜駅から歩いて少し距離のあるディズニーランド。もちろんリゾートラインを利用して目の前の「東京ディズニーランドステーション」で降りる方も多いですが、ほとんどの方が舞浜駅から歩いて訪れます。こちらは舞浜駅から多少距離もあるので、ゲストは分散する傾向があります。

対して、ディズニーシーは舞浜駅からはかなり距離がありますので歩いてこられる方はほとんどいない状態で、自家用車以外のほとんどのゲストがリゾートラインで訪れます。

その分、特に開園間際にリゾートラインが「ディズニーシーステーション」に到着すると、乗っていたゲストがまとまって一気に入園ゲートに並ぶ事になります。

少しでも混雑を避けるなら早めに到着したいところですが、シーに到着時は速やかに移動した方が効率的です。また、リゾートラインの駅は「ディズニーランドステーションは改札が中央」にあるため、ほぼ真ん中に乗車するのが効率的ですが、ディズニーシーの場合はステーションで下車すると、「階段&エスカレーターはホームの両端にある」ので、リゾートラインに乗る際は「一番前」か「一番後ろ」が効率的です。

また、ベビーカーや車イスの方はどの駅でもホームほぼ中央付近にエレベーターがあります。乗車口やリゾートライン車内に車イスのマークがありますのでその位置を目安に乗車されると移動もスムースです。

しかしながらどの駅のエレベーターも大きなものではありません。車イスなら1台、ベビーカーも大人を入れたら2台程度しか乗れませんので健常者は使用しない様にしましょう。またベビーカーの場合も畳んでお子さんは抱っこしてエスカレーターで降りた方が全然早いですのでご参考に…。

ディズニーランドに比べて入園ゲート周辺のトイレが少ないのに注意!

さて、ディズニーランドの入園ゲート前事情でも触れましたが、意外に重要なのが入園間際のトイレ事情。ディズニーランドの入園ゲート周辺にはトイレがそれなりにあることや近年増設された事もあり、以前ほどのトイレ大渋滞はなくなりました。

しかしながら、ディズニーシーは入園ゲート周辺のトイレの数が少なく、開園間際には確実に長い列ができます。やはりランドと同様にオープン間際のゲストが集中する時間に混雑する傾向があります。また、意外な事に、パーク近接の立体駐車場にはトイレはありません

この周辺のトイレは「サウス側にひとつ」、「ノース側にもひとつ」、そして「ディズニーシーステーション」にも一箇所ありますが、この駅舎のトイレはサウス側のみ(リゾートライン到着時に先に見えるゲート側)にしかありませんのでご注意を。

また、少し離れた臨時の第七パーキングにもトイレは「3階」パークへの連絡通路があるフロア)」と「1階」にしかありません。こちらの臨時パーキングが使われているという時点でかなりの混雑が確実ですから、この臨時パーキングのトイレはさほど混んでいないので、こちらに車を停めた方は必ずここで済ませるのが鉄則です。

概ねの目安ですが、開園30分前前後が一番トイレが混雑する時間になります。混雑具合によってはアーリーオープンで開園が早まる場合もあり、開園までにトイレが間に合わない…という場合もあります。

不安な方や小さなお子さんが居る方は、最低でも1時間前には一度済ますようにしておくのがいいと思います。