雨の日のディズニーランド・シーの楽しみ方【心構え編】

ライター:


できれば晴れて気持ちのいい時に行きたいディズニーリゾート。しかしながら当然のごとく雨の日や風が強い悪天候の日もあります。「雨だとアトラクションは中止なの?」とお思いの方もいるかと思いますが、原則的に通常の雨程度で完全休止となるアトラクションはほとんどありません。

特に雨の多い日本ではその影響を少しでも無くす為にワールドバザールには屋根がかけられています。ただ、広大なパーク。一日ワールドバザールにいる訳にも行きません。今回は、それではもし雨だったらどういった楽しみ方をすればいいのか探って行きましょう。

スポンサーリンク

「悪天候のディズニーリゾート」も想定。雨でも楽しめる場所をチェック!

他のディズニー系サイトでは「雨だと中止になるアトラクションも…」なんて書いてある事もありますが、台風クラスの暴風雨の場合などは状況に応じて停止する事もありますが、「普通の悪天候程度ではほとんどのアトラクションは通常通り運営」されます。(一部例外もあります。)

しかしながら、完全屋外であるアトラクションはそのまま乗れば濡れますし、快適に乗れるという訳ではありません。また、小さなお子さんがいる場合なども考えて、悪天候用のスケジュールも計画しておくといいでしょう。

逆に言うと、雨の日は屋外のショーやパレードは一部を除き、ほとんど中止になる場合が多いので、時間に縛られずに行動できる利点もあります。少し足を伸ばして、イクリピアリでショッピングしたり、ディズニーホテルのラウンジ(宿泊者以外でも利用可能。朝食などの一部時間帯除く。)でゆっくりお茶したり…なんていうのもいいですよね。

雨模様のディズニーリゾート…。どっちに行こうか困ったらディズニーシーに行け!

さて、それでは雨の日にはディズニーランドとシー、どっちがいいんでしょうか?…これは現実的に雨が降っている場合、傘や雨合羽を使わずに、またできるだけ濡れずに楽しめる場所やアトラクションなどが多いのはディズニーランドよりディズニーシーです。

わかりやすい例を言うと、「マーメイドラグーン」は「アバブ・ザ・シー」(海の上)と「アンダー・ザ・シー」(海中)の二つに分かれていますが、文字どおり「アンダー・ザ・シー」は完全屋内でエリアもそれなりに広いです。

完全冷暖房の屋内エリアですので濡れる心配はありません。また、内容的にはお子様向けのアトラクションなどが多いですが、散策できるエリアが多く、待ち時間も無い状態でいろいろ楽しめる仕掛けが多く配置されています。

ここはディズニーランドには無いディズニーシーらしい場所と言ってもいいかもしれません。しかし、雨天時は家族連れが集中しやすい場所でもありますので、天気予報を見ながら、一番降雨が激しい時間帯にここを訪れるといいかもしれませんね。

収容人数・内容的にシアター形式が充実しているのはディズニーシー

また、雨天の場合はディズニーシーがいい、もうひとつの理由として、一回の収用可能人数が多く、雨の日には濡れずに助かる「シアター形式」のものが多い事。ディズニーランドでは、「ワンマンズドリーム~」がありますが、こちらは曜日と時間によっては抽選制ですから、ハズレたら観れません。

もちろんディズニーシーの「ビック・バンド・ビート」も同じく抽選制ですが、ビック~はワンマンズに比べて、「抽選対象日であってもゲストが少ない日は抽選をしない事が多い」、さらに「抽選対象の公演回でも二階席は抽選なし」で、定員になるまでは抽選に外れても入れる…という理由もあります。(詳細は公式サイトのこちらのページをご参照。)

また、ディズニーランドで他のシアター形式(ライド含む)といえば…

「キャプテンEO」(約17分)
「カントリー・ベア・シアター」(約15分)
「ミッキーのフィルハーマジック」(約11分)
「魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”」(約9分)
「スターツアーズ」(約4分30秒)※2013年春まで改修中です。

…がありますが、比較的小~中規模の短いもの。対して、シーでは

「ミスティックリズム」(約25分)
「マジックランプシアター」(プレショー含む約23分)
「マイフレンドダッフィー」(10分×2本)
「ストームライダー」(プレショー含む約14分)
「マーメイドラグーンシアター」(約14分)
「タートルトーク」(約12分)

…と、その数が多い事もポイントですが、時間的にも内容的にもシアター形式のアトラクションが充実しているのが魅力のひとつです。

また、もうひとつのシーの特徴として、「雨でも風景や散策が楽しめる所が多いのはTDS」である事です。美しい風景や街並み、ヴェネチィアの運河やアメリカンウォーターフロントの街並みを眺めてみたり…と、いった乗り物やショー以外でも「散策」して楽しめるのはディズニーシーだと思います。

また、イメージ的には意外かもしれませんが、雨天でもさほど関係の無いグリーティング施設が多いのもディズニーシーなんですね。

次回はディズニーランド・ディズニーシーごとにさらに詳しい雨の日の楽しみ方を触れていきます。

雨の日のディズニーランドの楽しみ方。雨ならではのランドを楽しもう!

雨の日のディズニーシーの楽しみ方。雨の日ならではのシーを楽しもう!