雨の日のディズニーシーの楽しみ方。雨の日ならではのシーを楽しもう!

ライター:

さて、前回は雨の日のディズニーランドの過ごし方をご紹介しましたが、今回はディズニーシー編。また、以前にこちらの記事で、雨が降ったらディズニーシーに!と言った記事を書きましたが、個人の好みはあるものの、筆者の個人的な感想としては雨の日はやはりディズニーシーの方が楽しめると思います。

スポンサーリンク

まず大きな理由としては、ディズニーシーは美しい風景や街並みが多く、散策するだけでも見所が多くあります。パークの玄関口となっているメディテレーニアンハーバーの美しい港や「宮殿の運河」の名前を冠したヴェネチィアの運河、アメリカンウォーターフロントのリアルに再現された街並み…。

こうした部分を見て回るだけでもディズニーシーの魅力を感じる事ができます。それではもう少し詳しく見て行きましょう。

細かなこだわりや物語。これこそ雨でも楽しめるディズニーシーの魅力!

さて、それでは雨の日のディズニーシーの楽しみ方。…と、言いたい所ですが、その前にちょっとディズニーシーの魅力について。一度でもディズニーシーを訪れた事のある方ならご存知のとおり、こちらのパークは美しい風景も魅力のひとつです。

もちろんディズニーランドも細かい所まで作りこまれた魅力あるテーマパークではありますが、大きな違いはその世界の多くが「夢」や「魔法」、そして「非現実の空間」であると言う事。対してこのディズニーシーは実在した、若しくは実在する世界観が多くを占めています。

メディテレーニアンハーバーはイタリアのポルトフィーノをモチーフとした古い港町、アメリカンウォーターフロントは19世紀初頭のアメリカニューヨークの港町、ロストリバーデルタは1930年代の中央アメリカが舞台となっています。

もちろん空想の世界であるポートディスカバリーもありますが、こちらは実は「100年前のアメリカ人が描いていた未来の港」であったり、ミステリアスアイランドはフランスの小説家、ジュールベルヌが描いた海底二万マイルの世界等が舞台であったり…と、ディズニーランドに比べると作られた世界でもその背景となる物語がある事が多いんですね。

そのため、リアルな描写に非常にこだわりがあり、あちこちに置かれている大小様々なプロップス(小物類)も本物が使われていたり、その時代背景についても驚くほどの細かな設定が存在します。こうしたこだわりがより本物に近い美しさを魅せてくれているんです。

…と、言う事でちょっと長くなりましたが、雨となってしまったパークでもこうした細かな部分をじっくり散策して楽しめるのがディズニーシーの魅力のひとつですね。むしろ雨だからこそ、普段は見ない部分をみる機会とも言えるかもしれません。

ディズニーシーの方が雨に強い屋外エンターテイメントが多い!

さて、雨のディズニーリゾート。アトラクションは一応動いているけど、ショーはきっと中止だよね…。とお思いかもしれません。確かに屋外でのショーはほぼ中止となる事が多いのですが、ちょっと待ってください。実はディズニーシーのショーは実は雨に強いものが多いんです。

ディズニーシーの水上ショーの場合、もともと水上で行われるものですから、それなりの作りがされているというのもひとつの理由だと思いますが、代表的なものはお昼の水上ショー、「レジェンド・オブ・ミシカ」。こちらは雨が降るとその強さにもよりますが、完全中止になるよりも、陸上にキャラクターやダンサーが上陸する部分がカットされたり…といった、部分的に短縮される雨バージョンとして開催される事が多いです。

また、夜の「ファンタズミック!」も同様に少々の雨では普通に行われる場合が多いです。既に終了してしまいましたが、この前作の「ブラヴィッシーモ!」は雨が降っていても普通に開催されている事がよくありましたからね。…むしろディズニーシーの水上ショーの場合、「雨」より「風」弱いのが特徴です。

完全屋内。マーメイドラグーンの利点が生きるのは悪天候時!

前回のディズニーランド編では雨の場合の屋外アトラクションの影響をご紹介しましたが、ディズニーシーでも数としてはランドと同じ程度の完全屋外型アトラクションがあります。しかしながら、前にもお伝えした様にシーにはマーメイドラグーンがあるので、雨天時でもこちらに行けるので影響は少ないと言えると思います。

ディズニーランドにはこの規模の屋内施設はありませんので、天気予報などを見ながら、雨宿りも兼ねてこのマーメイドラグーンを利用するのがいいと思います。

雨でも運行自体に支障はないですが、ディズニーシーで雨の影響を受ける(ゲストが濡れる)アトラクションは以下のとおり。

ビックシティ・ビーグル
ヴェネツィアン・ゴンドラ
アクアトピア
スカットルのスクーター
フランダーのフライングフィッシュコースター
ジャスミンのフライングカーペット
レイジングスピリッツ

ただ、強い雨になるとビックシティビーグル、ヴェネツィアン・ゴンドラなどは運休する場合がありますのでご注意を。

ディズニーシーには雨じゃないと入手不可能のレアアイテムがある!

こちらはちょっと細かなお話ではありますが、現在アラビアンコーストの「アブーズバザール」では、500円でワゴンゲームをする事ができます。2種類のゲームを成功させればキャラクターのぬいぐるみがもらえるものですが、ハズレでもピンバッヂがもらえます。

このピンバッヂですが、公式ページなどにも出ていないのでご存じない方が多いかもしれませんが、実は「雨の日限定ピンバッヂ」というモノが存在します。朝の時点で雨が降っていれば登場するもので、ある意味貴重なアイテムとも言えます。雨の日だけはハズレでも、いいかもしれませんね。これも雨の日ならではの楽しみ方です。

ちなみにこの雨だけのピンバッヂですが、実は「雪の日」でも対象となります。年間でそう何日もありませんが、ご興味ある方は行ってみてくださいね。(デザイン・配布条件などは変更になる場合もあります。)