渋滞を回避!ディズニーランド・シーの駐車場事情と攻略法

執筆者:

さて、楽しいディズニーリゾート。交通手段は電車や車、バスに飛行機…と様々ですが、やはり一番混雑するのは「自家用車」。訪れるゲストの皆さんの住んでいる地域にもよりますが、時間に縛られずに途中で休憩できたり、大きな荷物を自分で運ばないで済む自家用車は確かに一番楽な交通手段と言えるかもしれません。

しかしながら、ディズニーリゾートへは飛行機で来た方も空港からはバスが多く、地方からの高速バスツアーもかなりあり、なにより行き帰りの便利さから、人気時期や週末にはリゾート周辺の道路は混雑で渋滞する事が多いです。

特に東京都心の近くの首都圏に位置し、交通の便もいいディズニーリゾートには多くのゲストが集中して訪れる時間帯や時期があります。…今回はそんな多くのゲストが訪れるディズニーリゾートの駐車場事情について、ご紹介します。

スポンサーリンク

大混雑のディズニーリゾート!駐車場に停められない事ってあるの?

さて、多くのゲストが自家用車で訪れるディズニーリゾート。「駐車場に入れなかったらどうしよう…」と思われる方もいるかもしれませんが、ディズニーリゾート全体ではかなり多くの駐車場があり、大混雑時期にのみ開放される臨時駐車場も用意されていますので、「せっかく来たのに駐車場が無い!」という心配はまずありません。

ただ、それほどの混雑時期には、パークエントランスに近い駐車場は早い時間に埋まり、上の写真の様に入口からかなり遠い駐車位置や、かなり歩かなくてはならない臨時パーキングに誘導されます。ここで注意していただきたいのは、パーク入口に遠くても近くても、臨時でも立体でも、場所に関わらず、自家用車の駐車料金2,000円は変わらない事。(2012年6月現在)

ディズニーランドの駐車場は台数が増えてくるとかなり遠い位置に誘導され、特に入園制限クラスの混雑になると、オフィシャルホテルが並ぶベイサイドステーション付近、上の写真、中央奥付近、ディズニーシーの裏側付近までになり、かなり遠くなります。

こうなると、ディズニーランドの入口まで行くのに、リゾートライン(モノレール)に乗った方が早くて疲れずに済む…なんて冗談にならない状態になったりします。大混雑時にも駐車場に入れないと言う事はないですが、できれば早めに行って、こうした事態は避けたいものです。

意外と知られていない??入園制限がかかると駐車場料金は「無料」になる!

混雑時は多くの車が訪れるディズニーリゾートの駐車場。上で触れたように、パーク入口に近ければいろいろ取りに行ったり戻ったり、休憩も気軽にできたりと、非常に便利です。言うまでもなく、できるだけ早めに行って、近いところに停めるが大きなポイントですね。

ただ、そうは言ってもなかなかその早い時間にパークに到着できない方が多いのも現状。特に長距離を運転してきたパパは大変ですよね。しかし、いざ着いてみれば駐車場は混雑で、そろそろ入園制限がかかるかも!という状態だったり…。

そんな時はできるだけ早く到着したいものですが、実はそんな大混雑時期にちょっとだけお得?な情報。意外に知られていないことかもしれませんが、ディズニーリゾートは入園制限がかかると、その時間帯の当該パークの駐車場料金が無料になります。

これは公式サイト等では案内がありませんので、意外にご存じない方が多いんですが、これを利用すれば、例えば上の写真の様に、ディズニーランド入口右側にあるインフォメーションを見て、「どちらかのパークに入園制限がかかっていたら、違うパークに行く予定だとしても、制限がかかっているパークに停めれば駐車料金が無料」になると言う事です。

これはちょっとお得ですね!…と言いたい所ですが、ご存知、入園制限中は日付指定チケットがないと入れませんし、その規模の混雑になると、パークに入ってもあまり楽しめない事が多いので、お得と言えるかどうかは微妙ではありますが…。

ディズニーリゾート周辺道路が混むのはパークのオープン前後の時間帯!

上記で触れたとおり、できれば駐車場は近くに停めたいもの。しかしながら人気の時期はパークを訪れる方の出足は早く、いい場所に停めるのにはかなり早く到着する必要があります。さて、それでは駐車場が混雑のピークを迎えるのはいつなんでしょうか?

これは駐車場が一番混雑する時間帯はだいたいディズニーランド・シーがオープンする前後の時間帯です。特に人気の時期や日に行く場合はこの時間帯を避けるのが無難です。当然の事ながら、パークの駐車場だけでなく、近隣道路や最寄の首都高速出口、葛西インター付近にも渋滞が発生します。(この渋滞についてはまた後で触れます。)

しかし、実際に混雑時間を避ける、と言っても、後に遅らせれば駐車場はどんどん埋まり、遠いところに誘導される事になりますから、この時間に重ならないように早めるのが鉄則ですね。

混雑時のディズニーシー駐車場は入口で渋滞発生する事も…!

夏休みや春休みの平日を除いた普段の平日には駐車場の混雑はさほど発生することはありませんが、混雑期は週末などはこの第七駐車場に誘導が行われます。概ねのイメージとして、午前中の早い時間からここへの誘導が行われている場合はパーク内がかなり混雑する事が確実になります。

このゲストが集中する時間帯になると、ディズニーランドの駐車場はゲートの数が多いので入口はスムースに入れますが、シーはパーク隣接の立体駐車場が満車になると、少し離れたこの第七パーキングに誘導されます。

しかしながら、こちらの臨時パーキングの駐車場ゲートは下の写真の様にゲートの数が少ないので、混雑が激しい時は駐車場待ちの列が道路にまで伸び、渋滞が発生してしまう場合がありますので注意が必要です。

この第七パーキングは基本的には臨時的な駐車スペースなので普段の平日はほとんど使われる事はありません。そのため、ディズニーシーへ向かう連絡通路がある3階と1階にしかトイレがありません。また、売店などもなく、自動販売機しかありませんので帰り際などにはご注意を。

意外な事実。風が吹くとディズニーランドの駐車場が混む!

これまで、駐車場事情について触れてきましたが、意外に知られていない事として、「風が強いとディズニーランドの駐車場が混む」というのがあります。普通に考えると、「なぜ風が強いとで駐車場が混むの?」と思われると思いますが…?

これは実は下の写真の様に自家用車のドアを開けるときに隣の車にドアがぶつかって傷つけてしまう事を防ぐために、車が一台おきに駐車される事があると言う事です。

もちろんこれはドライバーだけが気をつけていればいい話ではなく、家族やグループなど多くの方が乗車してくる場合が多く、しかもディズニーランドに到着して注意力が散漫になっている場合も多くありますからね。

言うまでもなくこれで隣の車を傷つけてしまったとしても、ディズニーランド側に責任があるわけではありませんが、不要なトラブルを避けるための手段です。このように強風時には写真の様に一台おきに誘導されるため、単純に駐車スペースが「倍」に広がってしまうために、予想外に駐車場が混む…と、言うより、駐車場所が遠くになってしまうケースもあります。

ちなみにディズニーシーはほとんど屋内(立体駐車場)なので、こうした措置はありません。…現実的にあまり役に立つお話ではありませんが、覚えておくといいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

担当:攻略記事、イベントレポート、雑学記事