スペシャルイベント「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」現地レポート【その2】

ライター:

さて、3月18日から、東京ディズニーシーでは春のスペシャルイベント、「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」が開始となりました。昨年も開催されたこちらのイベントは今年で二回目。

基本的な部分は昨年と大きく変わっていませんが、今回も春の到来を告げる、華やかで明るい雰囲気のイベントとなっています。パーク内は美しい花々で飾られ、散策も楽しいイベントです。

今回も前回の記事に続いて、スペシャルイベント、「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」について、レポート2回目を掲載します。

スポンサーリンク

アラビアの春を告げるサプライス要素満載のステージショー。

この春のスペシャルイベント、「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」は前回にもお伝えしましたが、「メインショーが1つ」という構成ではなく、「中規模のショーが3つ」という形を取っています。

パーク内では春らしい華やかなデコレーションも見所ですが、やはりこの3つのテーマポートで開催されるエンターテイメントがイベントのメインとなります。

今回ご紹介するアラビアンコーストで開催されている、「スプリングタイム・サプライズ」。パーク内の奥地に位置するアラビアンコーストで行われているこのショーは、通常時期はエリアの入口となっている階段部分を舞台にした特設ステージで開催されています。

そのため、アラビアンコーストの宮殿があるエリアにはショー前後の時間帯は階段が使用できなくなり、このエリアに入るには、大きく迂回しなければならなくなっていますのでご注意を。

また、会場内はアトラクション「マジックランプシアター」や「キャラバンカルーセル」に並ぶゲストも交じり合うため、特にショー終了直後は混雑します。決して広くないエリアですので、アトラクション利用をする際にはタイミングに注意してください。

【この後の記事にはショー内容のネタばれを一部含みます】

今回のイベント全体としては人気のダッフィーが前面に出ているショーでもありますが、このアラビアンコーストで開催されている「スプリングタイム・サプライズ」は、他の二箇所とは少し変わった雰囲気。

このアラビアンコーストのアトラクション、「マジックランプシアター」に登場するジーニーやシャバーンも登場し、マジックの要素が入ったショーとなっています。

ショーはミッキーやダッフィー達が度の途中でアラビアンコーストに立ち寄った…というもの。内容的にはマジックの要素があり、舞台上で行われるマジックは毎回同じでは無く、出演者のアドリブも多いので、驚きや笑いも多くあり、エンターテイメント性の高いショーとなっています。

サプライズ要素として、ショー終盤ではミニーの早着替えのマジックもあり、なかなか見ごたえのあるショーです。このスペシャルイベントの3つのショーの中では、一番わかりやすい内容と言えるかもしれません。

鑑賞する際の場所ですが、ステージが比較的高い位置にあり、舞台前列は座り見となります。ただ、このエリアは競争率が高いので、それなりの覚悟が必要です。

またこのエリア中央には大きな噴水があるため、後方真正面からは見えません。ただ、この噴水周辺真ん中付近に空間ができる(人の列が薄くなる)ため、意外に正面脇の後方からでも見やすい印象です。ステージが高いので、座っても立っても、全体的に見やすいショーです。

鑑賞エリア周辺には座り見と立ち見の境界線が少し複雑に引かれているので、具体的な場所についてはキャストに確認してください。ステージ正面がはっきりしてるため、撮影には一番向いているかもしれません。

また、このエリアは四方が壁に囲まれているため、風がある日でも中止になりにくい傾向があります。朝から風が強そうな日は、このショーに絞って待つ、という策も有効です。

全体のイメージとしては、エリア全体のキャパシティやステージの位置、内容などを考えると、この「スプリングタイム・サプライズ」は、他の3つのショーと比べると、全体的なバランスが一番いいかもしれません。

パークの最奥地とも言える場所なので、他の予定を考えながら場所取りが必要かもしれないですね。