アトラクションごとの傾向&攻略法【マーメイドラグーンシアター】

ライター:

花広い年代のゲストが楽しめる様に様々なタイプのアトラクションがそろっているディズニーシー。コースター系だけでなく、家族連れでも楽しめるものが多くあります。

そんな中、知っていると少しだけ得するポイントやアトラクションを楽しむ上での攻略法などについてのシリーズ企画。個々のアトラクションを紹介する「アトラクションごとの傾向&攻略法紹介シリーズ」。

今回はマーメイドラグーンにある、シアター型アトラクション、「マーメイドラグーンシアター」についてご紹介します。

スポンサーリンク

海の中にいるような斬新な劇場で行われるミュージカルショー。

今回はマーメイドラグーンにあるアトラクション、「マーメイドラグーンシアター」をご紹介。こちらは内容的には「ショー」という位置付けになりますが、同パークの区分ではアトラクションとなっているので、こちらでご紹介します。

このシアターではアリエルとその仲間たちが海の世界の素晴らしさを演じる、ミュージカルショーが開催されています。基本的には「マーメイドラグーンシアター」で行われている「アンダー・ザ・シー」というショーになります。

現在はディズニーシーのグランドオープンからショー演目は変わっていないですが、シアター名と演目は別なので、将来的に変わる可能性もあるのかもしれませんね。

物語は人間に興味を持っているアリエル。それに魔女のアースラとその部下たちが 魔法でアリエルに人間にならないかと誘惑をしてきます。

悩むアリエルに対し、フランダーやセバスチャン達は説得、アリエルは海に残る決心します。そして海の暮らしこそが素晴らしい世界であるとアリエルは再認識する…というのが大筋の物語。

ショー中ではおなじみの曲、「アンダー・ザ・シー」や「パート・オブ・ユア・ワールド」が歌われ、舞台となっているディズニー映画「リトルマーメイド」の世界が味わえます。

(残念ながらシアター内は撮影が全て禁止となっていますので内部の写真はありません。)

空中で展開する個性的なショー

このシアターで特徴的なのは、ショーが舞台ではなく、「空中」で展開する事。通常の劇場と全く異なり、「立てた卵を横に切った」様な形をしているこのシアターは、中央に円形のステージがあり、その真上からワイヤーで吊るされた演者(アリエル等)を中心に物語が展開します。

客席は中央の円形ステージの周りを360度囲む様な感じになっており、基本的にはどの席からでもショーはそれなりに見れます。

シアター前にスタンバイし、劇場内に入ると、中央の舞台に宝箱が置かれています。入場する扉は、この宝箱の「左斜め後ろ」あたり。見やすいのはこの宝箱の正面部分ですが、人気の位置でもあるので、入場時に前列でなければ確保は無理。慌てず入場しましょう。

ショー自体は一応どの方向からでもそれなりに楽しめるようにはなっていますが、ショー中の演出、特にアースラ(機械仕掛けの顔と手の部分)が途中で登場しますが、これはやはり宝箱の正面がメインとなる様になっているので、できれば最低でも「宝箱の正面が見える位置」に座りましょう。

ただ、全体的には空中部分で展開されるので、無理にこだわる必要もないとも言えます。また、このショーに限っては前列(宝箱に近い位置)すぎると、かなり上を向きながら見続けなくてはなりません。

また、逆に後方過ぎると、天井部分の視野が若干狭くなるので、個人的には「宝箱正面が見える、座席の中盤からやや後方」がいいと思います。

また、さらに見やすいのは通路際。座席は放射状に広がっているので、通度際ならば中央ステージもよく見えます。また、宝箱正面に近い通路は途中で演者が通る事もあったり、さらに終了後の出口が近いので移動がスムースにできます。

座席の前後の幅はかなり広いので、前の方はさほど気にしなくてもいいかもしれません。

その他の細かなトリビア・攻略法など

このミュージカルショーは前述のとおり、映画「リトルマーメイド」の物語。さらに言うと、このシアターで行われているショーは、「この映画の少し前の世界」となっています。できれば事前に映画を見ておいた方が楽しめます。

また、こちらのアトラクションは以前はファストパス対応でしたが、2012年春から発券が無くなりました。

ただ、アトラクションの待ち時間としては、比較的短め。シアターの一回の定員が700名とかなり多いため、回転率はかなりいい方です。

そのため、待ち時間は実質「次の公演が開始するまでの入れ替えや準備の時間」という場合も多く、週末でも30分前後、入園制限クラスの大混雑時でも、実はこの時間はほとんど変わりません。

そのため、シアターへの案内が行われる直前まで案内をしていることもあり、この場合は待ち時間が5分程度とかなり短い場合もあります。逆に案内が開始した直後には次の回まで30分以上待つ、という場合もあります。

この待ち時間はその時期や混雑状況によって大きく変動がありますが、比較的待ち時間が少なく楽しめます。パーク内が混雑し、ファストパスも終了、そしてちょっと疲れてくる夕方前後の時間に利用するのもいいかもしれませんね。

また、注意したいのがこのショーの運営時間。他のアトラクションは開園からほぼ閉園まで運営されていますが、このシアターはパーク開園から30~40分後に開始、また終了時刻も閉園時刻の2~3時間前になります。

こちらはショースケジュールによって大きくかわりますので、事前に確認してみてください。

ショー自体の所要時間は約14分。短い割にはしっかりとストーリーもあり、小さなお子さんから大人まで幅広く楽しめるシアターになっています。

しかしながら、途中に登場する「アースラ」は大きな顔と不気味な音楽の演出があるので、小さなお子さんにとっては少し怖い印象もありますのでご注意を。

また、ここでは「隠れミッキー」ではなく珍しい「隠れアリエル」が存在します。隠れミッキーはシアター内に入る直前の部屋、天井部分にたくさんある「泡」のモチーフにいくつか隠れています。

そして、アトラクション入口にある時計。この時計がある柱には「小さい赤い旗」がたなびいています。この旗は古ぼけて穴が開いてしまっているのですが、ここをよく見ると…。実は穴の形がアリエルの横顔なんです。

少し高い位置にあるので、ちょっと見つけるのは難しいかもしれませんが、次回行かれた時はぜひ確認してみてくださいね。