アトラクション別傾向&攻略法【ミッキーの家とミートミッキー】その2

ライター:

広大なエリア内に広がるディズニーランド。そのテーマに分けて7つのテーマランドに分類されています。そのエリアならではの建物やレストラン・ショップ…など様々なこだわりがあります。

そんな中、今回もアトラクションを楽しむ上での攻略法や、知っているとちょっとだけ得するポイントなどについてご紹介しているシリーズ企画。

個々のアトラクションを紹介する「アトラクションごとの傾向&攻略法紹介シリーズ」。今回はこのエリアで最大の人気を保つ「ミッキーの家をミートミッキー」をご紹介。前回に続き、雑学やプロップス、こだわりに付いて紹介します。

スポンサーリンク

細かなトリビア・攻略法など【2】

さて、今回は前回に引続き、ミッキーの家内部の細かなプロップスやこだわりについてご紹介。前回の記事もご覧になってから進んでくださいね。

ゲストがミッキーの家に入る事ができるグリーティング施設ですが、ここには上の写真の様に、建物入口に入ってすぐ二階にあがる階段があります。この上はゲストは入れないミッキーとプルートのプライベート空間。階段前にはプルートが突き破った木のドアがあります。

そしてその階段に上がる途中にあるのが上の写真の様に彼の生みの親、ウォルトディズニーとミッキーの2ショット写真。お互いを見つめ合って微笑む姿はなかなか貴重な写真です。

さて、そして中を進むと、最初の部屋には電話やソファなどが置かれています。フレンドリーなミッキーは皆さんゲストも自分の家に快く迎え入れてくれていると言う事なんですね。

…さて、このリビングには上の写真の様に、電話があり、時々ベルがなります。この棚の右上に貼られているメモがありますが、こちらを見ると今日のミッキーの予定が書かれています。

メモには朝5時に起きたり、プルートの散歩をしたり、ミニーに電話…等と書かれていますが、朝7時までにはムービーバーンに入るとも書かれています。そしてゲストを迎える…となっており、これからゲストを迎える準備をする事なども書かれています。

そしてこの左側の壁には下の写真の様にボードがあり、細かなメモが多く貼られています。ここには愛するミニーからのメッセージやメモの様なもの…など様々です。そんな中、中央に張られているメモにはグーフィーからのメッセージが…。

「ボクはムービーバーン(撮影所)でドナルドと映写機を回しているよ!」と書かれていますが、この先に進むと、実際に彼らが映写機を回している場面があります。

そしてさらにこの次の部屋に進むと、部屋に入ってすぐ左側の棚にはいろいろな小物が置かれています(下の写真)。中でも、一番左の棚にご注目。

この左上には「額縁に入った子供達が並んだ写真」と、「ミッキーの顔(写真)が入った会員証の様なもの」が置かれています。さて、これはいったい…?

この子供達の写真はアメリカで1955年からABC放送で実際に放映されていた人気番組、「MICKEY MOUSE CLUB」の様子。

当時はなんと視聴率75%以上という驚異の数字を誇ったオバケ番組だったそうです。そして、このカードはそのクラブの会員証。

下の写真がその拡大なんですが、この会員証の下には「0000001」の数字が。ご覧のとおり、ミッキーが会員番号1番になっているんです。

そしてさらに興味深いのは、この会員証の左上にある赤い円で囲まれたミッキーのマーク。

ちょっとレトロな雰囲気のあるこのマークは同クラブのシンボルマークでした。…ちなみにこのマーク、パークに詳しい方はどこかで見覚えある方もいらっしゃるかと思います。

実はこのマーク、既にクローズしてしまったアトラクション、「ミッキーマウスレビュー」の入口上に掲げられていたマークと同じなんです。このマークは実は、「MICKEY MOUSE CLUB」のマークが使われていたんですね。

現在は「ミッキーのフィルハーマジック」があるシアターの建物になっており、見る事はできませんが、以前の写真はこちら。この会員証自体もなかなか気がつかないですが、さらにこんな細かな関連まであったりいたします。

また、その棚の右下の段には、なにやらシューズが飾られています。…実はこれ、ミッキーが赤ちゃんの頃に履いていたシューズなんです。

これはアメリカでは、赤ちゃんの履いた最初の靴をブロンズ加工して大事にとっておく習慣がある家があるという事から、彼の靴もここに飾られているんです。

また、その上の段には、ちょっと低くしゃがまないとわかりにくいのですが、上の写真の様に、ミッキーの生みの親、ウォルトディズニーの写真も飾られています。

前述したこの家の入口にもウォルトとミッキーの写真がありましたが、ミッキーがいかにウォルトを大事にしているのかがわかりますね。

また、その他にも、この棚の中や上にはミッキーが出演した映画に関するプロップスが所狭しと並んでいます。後ろに飾られている映画のポスターやシーンなどと比べてみるとよくわかります。

続いてはこの同じ部屋、この棚のある通路の突き当りには、自動演奏されているオルガン(上の写真)があります。このオルガンの楽譜は良く見ると、みんなミッキーの形になっています。

しかしながら、じっと見ていると、右側に流れている楽譜に、途中で「一つだけグーフィーが混じっている」んですね。こちらはかなり有名な話ですが、簡単に見つけられますので小さなお子さんにもオススメです。

こうした細かなこだわりが多くあるこのミッキーの家ですが、言われなければ絶対気がつかないような「本当に細かなジョーク」も多く隠れています。

例えば、下の写真はこの次の部屋、ランドリールームの様子。ここでは洗濯機がゴウンゴウンと動いており、ちゃんと中には洗濯物が入っています。ここではついそちらに注目してしまいますよね。

ところが、この洗濯機の上にご注目。ここには棚があり、洗剤などが無造作に置かれています。

上、良く見ると、右の洗剤の上には何やら「矢」の様なものが刺さっています。ランドリールームになぜ「矢」が…?と、お思いかと思いますが、それではこの今回の記事の一番上の写真をもう一度見てみてください。

先ほどのオルガンの右には壁にダーツの的がかけられています。…そうです。先ほどの「矢」は、このダーツの矢が、とんでもない方向に外れて飛んで行って、奥のランドリールームの壁に刺さっている…と言う事なんですね。

このミッキーの家があるトゥーンタウン全体がこうした細かなギャグやジョークがたくさん隠れているエリアなんですが、特に長い待ち時間になる、ミッキーの家にはこうした細かなものが特に多くあり、ゲストを飽きさせない工夫がされています。

他にもまだまだたくさんありますので、ぜひ探してみてくださいね。…このミッキーの家の雑学シリーズはもうちょっと続きます。