ディズニーランド「ハッピーハロウィーンハーベスト」停止位置を図解!

ライター:
h-0

秋の恒例となったスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」がいよいよ開催!今年も人気の季節がやってまいりました!
今年も昨年に引き続き、ディズニーランド・シーともにハロウィーンが9月8日より11月1日まで開催中です。ディズニーランドでは今年もパレード、「ハッピーハロウィーンハーベスト」が開催されます。

今回はディズニーランドの「ハッピーハロウィーンハーベスト」の停止位置について、概要と停止位置を図解でご紹介します。

スポンサーリンク

パレードの基本構成は同じだが、配置が一部変更に!

h-4

基本的なパレードの構成はフロート7台で、その間にダンサーがいる形は例年通りです。しかしながら今回は昨年まで「先頭だったドナルドのフロート」と、「最後尾だったミニーのフロート」が入れ替わっています。(その他は同じ)

また、ミッキー&ミニー、プルートのコスチューム、音楽や手遊びが変更になっており、雰囲気も大きく変わっています。

また、今年は「風変わりなお菓子」が新たにモチーフに加わり、お菓子の装飾が施されています。

フロートの停止位置は昨年と基本的に同じ!

h-1
前回同様、今回のパレードはミッキーマウスが主催する「ハロウィーン・フェア」をテーマにしたパレードです。ランドの季節のパレードでは恒例となっている「停止ありバージョン」での開催で、1公演の時間は約40分。

この公演時間はスタートからゴールまでの時間ですので、動かずに一か所で観覧する場合は単純に約13分程度です。公式のデータによると出演者数は昨年と同じく約90人、パレードのフロートも7台は変わりません。

h-2
停止後の音楽とゲストの手遊びが変更になり、より親しみやすい形の恒例の停止モードは今年も健在。前述のとおり、パレードの基本構成と概要は昨年と変わりませんが、今回は停止したあとの音楽とゲスト参加の手遊びのシーンが変わっています。

これまでよりも親しみやすく、参加ダンスも簡単になったイメージです。パレードのスタート前にキャストによるレクチャーがありますのでこちらを参考に!

h-3

停止位置は昨年と基本的に同じ。人気のミッキーは早めに場所取りを!

h05

上記の画像のとおり、各フロートの停止位置に関しては昨年とほぼ一緒です。特に人気のミッキーの停止位置は早くからゲストが待っていますので列の長さや厚さを見て調整してみてください。

ただ、この停止位置は今後微調整されて変わる場合もあります。お目当てのキャラクターがいる場合は必ず現地のキャストに確認してくださいね。
…パレードの他にも“ハロウィーン・フェア”と連動したアトラクションやレストラン、デコレーションもあちこちに登場し、ますますハロウィーンを賑やかにしてくれています。これからお出かけには最適のシーズン。ゆっくりじっくり楽しみたい秋の季節の到来です!