アトラクションごとの傾向&攻略法【ジャンピン・ジェリーフィッシュ】

ライター:

アトラクション攻略法を徹底的に紹介する「アトラクションごとの傾向&攻略法紹介シリーズ」。

今回はディズニーシーを代表すると言ってもいい程、有名なアトラクション。マーメイドラグーンにある、「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

緩やかな上下動。小さなお子さんも楽しめるほのぼの系アトラクション。

「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」はその名のとおり、「ジェリーフィッシュ(くらげ)」の下のぶら下がっている貝殻(ゲストが乗るライド)に乗って上下に動く乗り物です。

アトラクションの動きとしてはかなり緩やか。実質的にかなりゆっくり上下動を繰り返すだけなので、小さなお子さんや乗り物が苦手な方でも楽しめる乗り物です。

ディズニーリゾートの中でも1・2を争うくらいの緩やかな乗りものと言えるかもしれません。

カラフルなジェリーフィッシュに乗り込んだゲストは、ふわふわとアップダウンを繰り返します。高さはそれなりには上がりますが、下降時も緩やかにゆっくり下がるので怖さはほとんどありません。

上からのマーメイドラグーンの海底エリアの様子が眺められます。貝殻(ライド部分)の定員は2名で、「乗りものに1人で座って安定した姿勢が保てない方」は乗車ができません。

体験時間は約1分と短め。ちょっと怖がりのお子さんでもあっという間に終わってしまう感じですので安心です。

大きな特徴の少ないアトラクションですが、海底を漂うクラゲをモチーフにした幻想的な空間が魅力。単に上下動するだけではありますが、海底王国の雰囲気が味わえます。

このアトラクションの位置は、このエリアの端にあるため、上からの景色は比較的見えやすい配置になっています。

ただ、あまり奥の貝殻に乗ってしまうと周りが見えにくいので、できるだけ前の方がオススメです。

回転率はあまり良くないのですが、待ち時間については乗りもの系アトラクションとしては最短クラス。平日であればほとんど待ち無しか15分以下、普段の週末で長くても30分弱程度です。

入園制限クラスの大混雑時には40分程度になる場合もありますが、その混雑も長く続く事はありません。

30分以上の待ち時間がある場合は避けた方がいいかもしれません。また、このエリアの全体の特徴ですが、雨や悪天候時に混雑する傾向がありますのでご注意を。

また、公式サイト上では「乗車中の撮影はご遠慮ください。」との表記ですが、ご家族連れが多いせいもあり、フラッシュ撮影も含めて、乗車中でも撮影がOKの場合もあります。

ただ、こちらは乗車前にキャストに必ず確認してくださいね。