【時短テク】久しぶりに行く人必見! 東京ディズニーリゾートで時間をムダにしないための7つのワザを紹介

ライター:

期間限定のイベントが行われ、一年中、多くのゲストで賑わっている東京ディズニーリゾート。

実は、気をつけておかないと、せっかくの楽しい時間がムダになってしまうことがあります。

今回は、久しぶりにパークへ行く人にこそ知ってもらいたい、時間を節約する7つのワザをご紹介します。

1.「東京都区内」までのきっぷは、舞浜駅での精算が必要!

JR舞浜駅

地方から東京ディズニーリゾートへ来る場合、多くの方が利用するのが、JR舞浜駅ですよね。

新幹線やJR京葉線を乗り継いで、舞浜駅へ来る場合、きっぷには「東京都区内まで」と書かれていることがほとんどです。

実は「東京都区内まで」のきっぷだと、舞浜駅の改札を出ることができません。

東京都区内は、舞浜駅の一つ手前、葛西臨海公園駅までで、舞浜駅まで行く場合は、乗り越し精算をしなければいけないのです。

できれば、事前に「舞浜駅まで」のきっぷを購入したほうがいいでしょう。

もしそれが難しいのであれば、舞浜駅の改札内1階にある、精算機を利用しましょう。

きっぷを入れて、表示通りに操作をすれば、乗り越した分の運賃を精算してくれます。

もし、精算機でできない場合は、有人改札へ行きましょう。

ただし、朝や夕方の時間帯には、長蛇の列ができますので、ご注意ください。

2. 大きな荷物は、コインロッカーに預けよう!

入園ゲートの外側にも、コインロッカーはたくさんある。

東京ディズニーリゾートでは、スーツケースやキャリーバッグなどの大きな荷物は持ち込めません。

あらかじめ、パーク外にあるコインロッカーに預ける必要があります。

ただし、混雑状況によっては、ロッカーに空きがなかったり、ロッカーのサイズに合わなかったりすることもあります。

ホテルに宿泊するのであれば、東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンターで手荷物を預けるか、宅配便で荷物を送っておいた方がいいでしょう。

3. 手荷物検査場が混んでいるときは、回り道を使おう!

朝の開園時には、プロムナードギフト・イースト前の、この場所にも手荷物検査場がつくられる。

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーでは、ゲストの安全確保のため、手荷物検査が行われています。

東京ディズニーシーでは、朝の開園時には、チケットブースの横に手荷物検査場がつくられます。

しかし、東京ディズニーランドの場合は、チケットブース前のエリアに入る手前に、手荷物検査場がつくられます。

そのため、舞浜駅から歩道橋を渡ってくると、目の前に長蛇の列が…ということが珍しくありません。

そんなときは、回り道をしましょう。

一つは、ディズニーリゾートラインの東京ディズニーランド・ステーション下にある検査場です。

ここは、東京ディズニーランドホテルの宿泊者用の検査場があり、比較的空いています。

もう一つは、プロムナードギフト・イースト前にある検査場です。

こちらは、歩道橋横にある階段を下り、バスターミナルからピクニックエリアのほうへ歩いていきます。

なお、いずれの手荷物検査場も、朝の開園時のみ開いています。

昼近くから夜にかけては、入園ゲート近くに検査場がつくられます。

4. テーブルサービスのレストランは、予約しないと入れない!

東京ディズニーランド「れすとらん北斎」

パーク内やディズニーホテル内にある、座って食べるレストラン(テーブルサービス)では、基本的に予約がないと入れなくなっています。

事前に必ず、東京ディズニーリゾートの公式ウェブサイトで、「プライオリティ・シーティング」の予約をしておきましょう。

5. 東京ディズニーシーまで、リゾートラインを使わなくても行ける!

ディズニーリゾートライン

JR舞浜駅から、東京ディズニーシーへ向かう場合は、ディズニーリゾートラインを使うのが一般的です。

しかし、時間帯によっては、リゾートライナーが来るまでに時間がかかることがあります。

そんなときは、駅から歩いて、東京ディズニーシーまで行くことができます。

詳しい道順は、東京ディズニーリゾートの公式ウェブサイトをご確認ください。

6. パークチケットは、正規ルートから買おう!

以前は、入園ゲートでパークチケットを通すと、使用済みを示す穴が開けられていました。

しかし、現在はバーコードをかざすタイプに変わっていて、穴は開かなくなっています。

そのため、メルカリなどのフリマアプリや、ヤフオク!などのオークションサイトでは、使用済みのパークチケットが売られていることがあるのです。

「安いから買っちゃおう」と軽い気持ちで買ってしまうと、入園ゲートで「使えません」と言われてしまう可能性も…。

パークチケットは、入園前にチケットブースで購入するか、コンビニや、公式ウェブサイトの「ディズニーeチケット」を利用しましょう。

JRや私鉄の駅、旅行代理店でも、パークチケットは購入できますが、観光券や予約券になっているため、チケットブースで交換しなくてはいけません。

7. リゾートラインでディズニーシーへ行くなら、先頭車両に乗ろう!

東京ディズニーシー・ステーションにある、ホテルミラコスタ連絡改札口

ランドからシーへ行くときや、ホテルからシーへ向かうときに使うのが、ディズニーリゾートラインです。

東京ディズニーシーへ行くときには、リゾートラインの先頭車両に乗りましょう。

東京ディズニーシー・ステーションに着いたら、階段・エスカレーターを下りずに、「ホテルミラコスタ」と書かれた連絡改札を通ります。

そのまま階段を下りていくと、パークエントランスまで、一番早く行くことができるのです。

7つのワザを使って、時間を有効に使って!

久しぶりにパークへ行くと、前に来たときとは勝手が違って、少し戸惑ってしまうかもしれません。

せっかく準備していたのに、ちょっとしたことで時間をムダにしてしまっては、とてももったいないです。

ぜひ、今回ご紹介した7つのワザを使って、東京ディズニーリゾートを楽しんでくださいね。

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

東京ディズニーリゾートや海外のディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報を皆さんへお伝えします。

3 件のコメント

  • テーブルサービスのレストランはプライオリティの予約をしなくても入れるようになったようです。予約してない人は、キャンセル待ちを希望し、キャンセル待ちも埋まっていた場合はスタンバイになるような流れでした。キャン待ちかスタンバイはどっちがいいか希望できるのかもしれません。また、テーブルサービスのレストランでも全てスタンバイを実施しているかどうかはわかりません。
    ちなみに私がこれを把握したのは2017年7月末の日曜日のランドでした。
    顧客満足度低下からルールが変わったんでしょうかね。

    0
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。