ディズニーランド・シー「冬の閑散期」を狙え!【その1】こんなにガラガラ?アトラクションが最も空いている時期

ライター:

季節を問わず一年中多くのゲストが訪れるディズニーリゾート。パスポートだけでなく、もちろん交通費や宿泊費を使って訪れる方も多くいます。できればたくさん楽しみたいものですよね。

しかしながら、人気のパークはいつも混雑。普通の一般的な遊園地なら平日ならいつでも空いている事が多いですが、このディズニーリゾートだけはちょっと違います。

やはりできれば空いている時に行きたいもの。ここではそんなパークが一年で一番空く時期、アトラクションをめいっぱい楽しめる時期についてご紹介します。

スポンサーリンク

いつでも混雑のディズニーランド・シーが一番空く時は?

 

言うまでもない当たり前の事ですが、よりパークを楽しむためには…空いている時に行くのが一番です。しかしながら常に混雑しているディズニーリゾート。

じっくり楽しみたいのならば、単純に考えて空いている平日に行く事です。ただ、ここで気をつけたいのは「平日なら空いている」という感覚は決して間違いではありませんが、ここディズニーリゾートでは「平日ならいつでも空いている」と言うわけではありません

これまでも下記の記事では、季節の混雑具合などをご紹介しましたが、もちろん週末などに比べれば空いている平日ですが、確実に快適にパークで過ごせるというわけではなく、逆に平日でも物凄く混雑している時もあります。

【参考】
ディズニーランド・シーの混雑具合ってどんな感じ?【1月~4月編】
ディズニーランド・シーの混雑具合ってどんな感じ?【5月~8月編】
ディズニーランド・シーの混雑具合ってどんな感じ?【9月~12月編】

この混雑はもちろん季節や曜日でかなり混雑の「波」が存在しますが、とにかくパークが一番空く時期に行くのが、より多く楽しめる秘訣です。

混雑するパークの中で一番待ち時間が長くなるのがやはりアトラクション。それでは一年でアトラクションが一番空いている時期はどこか?について考えていきます。

パークが一番空くのは1~2月、冬の閑散期を狙う!

いつでも混雑のディズニーランド・シー。単純に考えてパークを訪れるゲストが一番少なくなる時期。…それは「1月から2月にかけて」です。

これは様々なディズニー系の攻略サイトなどにも多くある情報ですので、なんとなくご存知の方も多いと思います。

しかしながら、ここで注意していただきたいのは、上記でご紹介した過去記事にもあるとおり、この時期の「1・2月ならいつでも空いている」という訳ではありません。

この冬の閑散期ですが、実際にはもう少し細かく分ける事ができます。まず、この時期にパークが空く原因ですが、「単に真冬で寒いから空いている」という理由「だけ」ではありません。

確かに年間の平均気温で見ると、1月下旬くらいが一番低くなる事が多いので、ゲストが減る大きな要素であるのは間違いありません。

ただ、その原理から言うと、それなりに寒い12月や2月も人が少ない…と言う事になりますが、現状はむしろ逆で、このあたりは混雑する時期です。

この時期が空く直接的な原因は、やはりこの「寒さ」と、「レジャーのオフシーズン」である事、「学校行事もない時期で振替が無い」、また、「受験シーズン」に入るため…等があげられます。

また、現実的な理由としては、年末年始で多くの出費が重なったから、という側面もあるでしょうね。

そして最大とも言える理由は「パークの営業時間が極端に短くなるから」というのもあります。逆に言えば、ゲストが少ないので営業時間が短くなっているという事もありますが、この季節の平日は開園10時で閉園が18時や19時という場合もあります。

そのため、この時期はオープンしている時間が短いため、アフター系のパスポートの販売がほとんどなく、午後の遅い時間や夕方から入園するゲストが少なくなります。

そうした理由から、パーク全体のゲスト数の変動が朝からほとんどなく、終日空いている雰囲気になります。

閑散期の中の閑散期?本当にパークが一番空く時期はここ!

ここで閑散期前後の具体的な混雑の移り変わりについて。まず、秋のハロウィーンから始まり、11月~12月のクリスマスと、入園制限も出る位の混雑時期になります。

そしてお正月位が混雑のピークになり、お正月イベントが終わった後の翌週明けの平日から、一気にゲストが減っていきます。一番わかりやすいのはパークの公式運営カレンダーの、営業時間が急に短くなっている日(10時~18時または19時)です。

この公式カレンダーの開園時間が短い時期にパークが空くのは確実なのですが、アトラクションをめいいっぱい楽しめる、一番空いている時期はさらに絞る事ができます。

パークの営業時間が短くなっている日はこの期間は他の季節に比べて、確実にパークが空きますが、ただ、この営業時間「だけ」を見ているとちょっと落とし穴があります。

この冬の閑散期という言葉から想像すると、まだ2月の平日も空いていそうなイメージがありますが、実際には2月上旬まではまだなんとか空いていますが、この中旬を過ぎると学生が一気に増え始める季節になります。

パークの営業時間は短いままですが、2月中旬~下旬以降になると、むしろ週末の方が空いていると言ってもいいくらいの混雑になってくる事もあります。ここが「冬の閑散期」の中で、間違いやすい最大のポイント。

この様に、パークスケジュールだけで見ると、二ヶ月弱くらいありそうな冬の閑散期ですが、実際にパークが本当に空いている時期は意外に短いのです。

そんな中、本当にパークがガラガラに近い状態で、かなり空いている「本当の閑散期」と言えるのは、正月休みが終わった「1月第二週の平日~下旬(の平日)」です。

これはこれまで書いた様々な理由と、筆者の自身の経験からこれでだいたい間違いないと思います。

さらに、もっと細かく言うならば、「1月第三週から四週の週末にくっつかない平日」が、これまでパークに通った中で、一年でパークが一番空く日と言えると思います。

なかなか平日の連続した休みは取れないものですが、とにかくアトラクションにたくさん乗りたい!という方は、寒さは厳しいですが、意外とも思えるこの季節に休みを取って行くのもオススメです。

次回の記事では、そんな空いている閑散期でも気をつけたい事などについてご紹介します。