2012年「ディズニー・ハロウィーン」攻略レポート!【ディズニーシー編】

ライター:

さて、2012年9月7日からはいよいよ秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」が開催。人気イベントに加え、混雑するこの秋の季節の恒例イベントです。

前回の記事ではディズニーランドのハロウィーンイベントについてレポートしましたが、今回はディズニー・シー編。特に今回は今年初登場の新しいハーバーショー、「ハロウィーン・デイドリーム」に注目!

これまで、09年、08年と続いたアメリカンウォーターフロントの特設ステージで抽選制だったショー「ミステリアス・マスカレード」ではなく、ハーバーを使った広範囲のショーとなりました。主にそちらについてレポートします。

スポンサーリンク

ステージはハーバーほぼ半分を使用。広範囲で見る事が可能。

ディズニーシーのハロウィーンでは今年初登場の新しいハーバーショー、「ハロウィーン・デイドリーム」が開催中。

今回はシーの海を中心としたショーになりました。過去のハロウィーンのステージショー「ミステリアス・マスカレード」の様に抽選ではありません。

ショーの特徴としては、かなり広範囲で行われるので見れる場所は比較的多くあります。会場となるのは海の手前半分(ミラコスタ側)のイメージ。

北側は「ザンビーニブラザーズリストランテ」前から、「カフェ・ポルトフィーノ」前を通り、正面広場(ミッキー広場)、そして「ヴェネツィアン・カーニバル・マーケット」の前、そしてリドアイル…といった感じです。

いつものディズニーシーの季節のスペシャルイベントの場合は、リドアイルに人気のミッキーやミニーが上陸する様なケースが多いのでこちらが大人気の場所なのですが、今回は「ミッキー・ミニー・プルート」は最初から最後まで船の上なので上陸しません。

そのため、会場全体としては、ゲストが分散している感じです。ショーとしてのオススメの場所というのが特に無いので、ショーの見え方はどの位置からでもさほど変わらないと思います。

ストーリー性は薄く、雰囲気や華やかさを楽しむショー。

ショーの内容としては、前述の範囲に小さな拠点が複数(8箇所程度)あり、そこにキャラクターやダンサーが登場します。

基本的にはショーの公式案内文にもあるとおり、ミッキー達がハロウィーンのカーニバルをハーバーで始めると、いたるところから、スケルトンたちが出現。太陽のもとでカーニバルに参加したいというスケルトンたちの願いを叶えるために、ミッキーたちが招待。

双方ともお互いに恐れている様だが、次第にお互いを認め合い、いっしょにスケルトンたちもダンス。踊りの輪はゲストにも広がって、 会場全体で盛り上がり…というもの。

上と下の写真の様に、最後にキャラクターはミッキー達の乗る船に乗って帰って行きます。ダンサー・やスケルトン達は徒歩で退場します。展開自体も説明文のとおりで淡々と進行し、大きな見所は特にありません。

今回のショーはステージ上で物語が進行していくという内容では無いので、ショーの華やかさや雰囲気を楽しむ…というイメージになっています。

内容的には最初から最後までじっくり見なくてもそれなりに楽しめる雰囲気もあります。ショー自体の展開には大きな「盛り上がり所」や「見せ場」がないので、こだわりが無ければ遠目からでも十分だと思います。

人気のハロウィーンイベントですので、これからもゲストが多く訪れるシーズンになります。ショーの場所取りは早くから始まりますが、このショーは一日二回開催されますので、一度目を遠目からなんとなく見て、概ねの内容を見てから二回目を場所取りして見るかどうか決める…というのもいい方法ですね。