【ガラガラくじ】大人気で3時間待ちも!ディズニー夏祭り「ガラガラくじ」の現状と攻略法を紹介

ライター:

7月11日からの夏のスペシャルイベント「ディズニー夏祭り」。今年は「ガラガラくじ」という新しい試みが導入され、予想を上回る大人気ぶり。

これまでには全く無かった新しいコンテンツで、話題を呼んだのか、登場初日の7月8日(土)には、なんと最大三時間待ちも…!

その後、翌日の9日(日)も朝から人気で終日2時間前後の待ち時間に、更に10日(月)も平日にも関わらず、やはり60~120分と長い待ち時間に…。

一体なぜこんなに人気なのでしょうか?更に、どうすれば体験できるのか…?まだ開始直後ですが、独自に調査してきましたのでご紹介します。

どれくらいの人気?何分くらい並ぶの?

こちらのガラガラくじは公式サイトをご確認頂ければおわかりと思いますが、一回500円で、1人三回まで並び直さずにくじを回す事ができます。

屋台のガラガラくじの景品は、「赤い玉」がクッション、「黄色い玉」がタオル、「白い玉」がうちわとなります。

商品には1等・2等…と言う表記はされていませんが、実質的にクッションが大当たり、タオルが中当たり、うちわがハズレ…という様な感覚です。

もちろんハズレと言う表現はされていませんので、キャストさん曰く「全部当たり」だそうです。

夏祭りのイベントは7月11日(火)から開始ですが、こちらは一足早く、7月8日(土)から開始。予想を超える人気で、最高3時間待ちも発生、短くなっても常に二時間前後の待ち時間になっていました。

どんな商品がもらえるの?複数回やれば違う商品がもらえるの?


商品は全部で3種類。カラーも一色で、サイズ等も全て同じものが三種類です。一度の整列で3回(500円×3回=1,500円)までくじが引けます。

しかし、運が悪いと同じものが3つになる事もあり、そこはくじなので融通はききません。

もちろんおまけで他の景品を…と言う事は無く、そこはシビア。カップルで三回ずつくじを引いて、全部うちわだった…と言う方もいました。

この3つの確率ですが、あくまで筆者が見ていた感覚で考えると、赤玉は10%、黄色玉は30%、白玉が70%…くらいの確率ではないでしょうか。もちろんこれは勝手な想像ですが、あたりが出ていた頻度はそれくらいの様な気がします。

企画としてはシンプルなものなのですが、ブースが2つだけで、進みが悪いため、待ち時間が長くなっています。特に週末は長時間待つのは確実。

もらえる商品とリスク、待つ時間等を総合的に考えて並ぶかどうか決めましょう。

何時までやってるの?商品は無くなる?

公式サイトには詳細の営業時間は出ていませんが、このイベントブースは20:00に終了となるそうです。(現地キャストさん談)

そのため、営業は20時まででも、待ち時間を考えてその時間よりも前にラインカット(並べなくなる)されます。大人気だった初日は18時15分にはスタンバイが終了。並ぶ事も出来なくなりました。

翌日の8日(日)は少し落ち着きましたが、それでも開園から20分後には既に二時間待ちになってしまいました。また、こちらもディズニーホテルのアーリーエントリーの対象になってるため、一般入園ゲートから入っても、既に列が出来ています。

物凄い人気のこちらのガラガラくじ。「そんなに人気で賞品は無くならないの…?」と思いますが、キャストさんの話によると在庫は十分あるとの事。

しかし、いつまでこの勢いが続くかはわかりません。どうしても欲しい!体験したい!と言う方はお早めに来園した方が良さそうですね。

いつ並べばいい?いつが空いてる?


まだ開始して間もないので今後の傾向はわかりませんが、このブースがエントラスからはわかりやすい位置にあるため、ゲストが多い開園から1〜2時間程度の時間帯が最も混雑する傾向にある様に感じます。

これは人気アトラクションと同じ傾向。ファストパスが無い分、長い待ち時間が必須です。

初日の推移を現地からの情報でまとめてみると、開園から約30分で90分待ち、60分後には約2時間半となりました。更に11時前にはなんと3時間待ちに…!

その後はすこし落ち着きましたが、約2時間程度の待ち時間が続きました。翌日8日も同様に少し短く、90分~120分程度になりましたが、常に人気アトラクション並みの待ち時間が発生しており、体験するにはそれなりの覚悟が必要と言えるでしょう。

一日を通じて同じ様な待ち時間が続いていますが、初日と翌日の様子を見ている限りでは、暑さが増してくる14〜15時くらいの時間に少し落ち着いていた印象です。

夏祭りの屋台をイメージした同企画。中身的には小規模のイベントなのですが、いざ開始してみると大人気に…。まだしばらくこの傾向は続くと思われますので、可能ならば、できれば夏休み前の平日の空いている時に体験したい所ですね。

待つのは暑さとの戦い!日傘や飲み物忘れずに!

上記で触れた、若干空いている?と思われる時間帯は暑さもピークの時。それでもかなりの待ち時間は必要ですし、何より日影が無い、炎天下で立って待つのはかなり厳しい状態です。

さすがにこの状況ですので、パーク内で販売している傘が並んでいるゲストに貸し出されていますが、もちろん飲み物なども忘れずに。

これほどの混雑はおそらくパークとしても予想外だったと思われます。これだけ人気が高く、屋根が全くない事などを考えると、今後は場所が変更になる事もあるかもしれませんね。