「天気予報が雨だから、ディズニーランド・シーは空く」を信用しない!

ライター:

さて、気になるディズニーランドやシーの混雑具合。今まで書いた様に、パークの混雑具合は「季節や時期に応じた傾向」と言うものが必ずあります。また、さらにそうした時期・季節を問わず、共通要素として、考えられるのはやはり「天候」。

特に梅雨の時期は雨の日が増えますし、悪天候も想定しておくのが重要です。言うまでもなく、できれば晴れて気持ちのいい時に行きたいものですが、事前の予定を考えるとなかなかそう簡単に予定を変えられない時も多くありますよね。

ただ、ここで注意してほしいのが、一般的に「雨だと空く」という要素は確かにありますが、ディズニーランド・シーの場合、遠方から宿泊で来られる方も多いので、雨が降ったもしくは雨予報だとしても混雑日が一気に空くと言う事はまずありません

もともと空いてる平日が雨の場合であればかなり空く事が多いのですが、混雑時期の週末・連休・ゴールデンウィークなどは「ほとんど影響は無い」と考えるのが無難です。

スポンサーリンク

ディズニーランド・シーの混雑時期は雨や悪天候でもゲストは減らない!

残念ながら悪天候となってしまったパーク。普通に考えれば「雨だから空くよね!」と言いたい所。そんな中、一般的に悪天候のパークの傾向としては…

●近隣県のワンデーゲストが減る。(無理してその日に行かなくてもいい為。)
●ショーやパレードが中止になるため、アトラクション待ち時間が必然的に増える。
●屋根のあるワールドバザール(ランド)、ミラコスタ下(シー)が混雑する。
●雨宿りを兼ねて、屋内レストランなどが混雑する。

…といった傾向があります。しかしながら、台風などの強い荒天時は全体ゲスト数は当然減りますが、人気のハロウィーン時期や連休などの混雑時期や週末では、普通の雨が降った程度では正直あまりゲスト数は変わりません。

よくある攻略系サイトでは「雨が降るとガラガラに空く!」と書いてあるところがありますが、一年中全ての時期に当てはまるわけではないので注意が必要です。

混雑時期の悪天候、実際の混雑具合ってどれくらい?

一般的には雨だと空くと思われるレジャー施設ですが、上で述べた様にここ東京ディズニーリゾートは例外と言えます。それじゃあ実際に混雑時期の悪天候の場合、混雑具合ってどれくらい?と思われるかもしれませんので、少し極端ではありますが、わかりやすい例を挙げてみます。

近いところでは、今年2012年のゴールデンウィークは特に後半の3~6日までの4連休は残念ながらほとんどが雨マークで埋まりました。そんな中、5月4日は連休中日でもっとも混む日と予測されておりましたが、この日は朝から雨だけでなく、強風も吹き荒れる台風並みの悪天候。

もちろん、前日からの予報でかなりの悪天候予報が出ており、前の日も強い雨。…この日は前日から止まない雨が降り続き、実際に当日は屋外ショーはほとんど中止。終日強い雨が降る中でしたが、この日の11時ごろのアトラクション等の待ち時間は以下の通り。

180分 スプラッシュマウンテン
200分 プーさんのハニーハント
190分 モンスターズインク
170分 ビックサンダーマウンテン
110分 スペースマウンテン
150分 ミートミッキー

…と言った感じです。確かに悪天候の影響があり、入園制限までは行きませんでしたが、かなりの混雑具合で、アトラクションはご覧のとおりの待ち時間。これはわかりやすい例で説明しましたので、普段の週末ではここまで混雑する事はありませんが、多くのゲストが集まる日は同様の傾向があります。

ここでもう一度繰り返しますが、「混雑時期のディズニーリゾートは雨でも空かない!」と覚えておきましょう。