知っておきたいファストパスの使い方【時間に遅れたら?ショーやレストランの時間に重なったら?】

ライター:

短い時間でアトラクションに乗る事ができるファストパス。その効率的な取り方や基本の情報などはこれまでもいくつかお伝えしてきました。

基本的には券面に表示された時間にそのアトラクションに行って、少ない待ち時間で優先的に乗車できるものである事はご承知だと思います。

誰でも簡単に使えるこの便利なファストパスですが、そんな中でももう少し効率的に使えるいくつかの方法もあります。

今回は「使える大技!」という程ではありませんが、「地味だけど、ちょっと便利な使い方」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

時間節約&体力温存!次に取るファストパスも考えてパーク内を移動しよう!

できれば多く取りたいファストパス。しかしながらそう簡単に何枚も取る事はできません。しかしながら、前回の記事で触れたように、次の発券可能時間を把握しておく事で「プラス1枚」が可能になる事もあります。

また、そんな中で重要なのはパーク内を移動する場合も「次に取るファストパスの事も考えて移動する事」。ただ、現実的にはそこまでキッチリする必要は無く、次の発券可能時間と併せて、「これからの予定」も考えてパーク内を移動するという事です。

例えば、次に「ビックサンダーマウンテンのファストパスを取りたい」と思って、次の発券可能時間まであと数分。しかし、現在地はトゥモローランド…というと、場所的にはパークのほぼ対角線。

細かな話、さらにパレードやショーの途中であれば、通路は規制され、物凄く大回りしなければ取りにいけない…なんて事も結構あります。

また、なんとか遠い距離でも構わないから取りに行って戻ってきたけど、仲間や家族が「次はスプラッシュ行こう!」なんて事になったら体力も時間も無駄ですよね。

中央を移動できるディズニーランドなら、まだいい方ですが、移動しにくいディズニーシーの場合は移動に大きなロスが生じる事もあります。

さらに水上ショー開始前後になると「トランジットスチーマーライン」での移動も中止になるので、かなり遠い距離を移動しなければならない場合もあります。「レイジングスピリッツ」と「タワー・オブ・テラー」なんて、移動にためらう距離ですからね(笑)

また、あと数分で次のファストパスが発券可能時間なのに、長いスタンバイに並んじゃった、今レストランに入ったばかり…という場合もあると思います。…もちろんパーク内は時間に縛られずに、事由に散策する楽しさもたくさんあります。

しかしながら広大なパーク。小さな事の様ですが、アトラクションだけでなく、次のファストパスの発券可能時間も含めて、「次の次にどうするか」と言う事を考えて行動すると時間も体力も節約になります。

…基本的な事ですが、少しでも多くのファストパスを取るためには意外に重要です。

ファストパスに記載の時間に遅れてしまったら…!諦めずにキャストに確認!

ファストパスの利用は券面に記載された時間内にそのアトラクションに行き、ファストパスエントランスから入場するのは誰もがご存知の事と思います。

しかしながら、いつでも人気のディズニーランドやシーですから、ショーやアトラクション、レストランなどに長い時間待つ事があります。

せっかく取ったファストパスですが、さて、それではその時間に遅れてしまったら…?もちろん基本的にはルールとしては、表示の時間内に行く事が鉄則です。これは言うまでも無く、当たり前の事です。

発行枚数が限られているファストパスですから、それなりにスムースにゲストを誘導できる程度に枚数や時間が調整されています。そのため、基本的にはその時間内で使うのは言うまでもありません。

しかしながら、パーク内ではそうした止むを得ない状況になる事は多くあります。そのあたりを考慮されているのか、多少の遅れについては、アトラクション入口のキャストにその旨を伝えれば入れてくれる場合もあります。

もし遅れてしまったとしても、諦めずに聞いてみる事をオススメします。…ただ、これは「そうした場合もある」というお話ですので、確実にそれが保障されていると言う事ではありませんし、基本的には時間内で使うモノです。

決してそれを最初から考慮に入れると言う訳ではなく、基本的には時間内に必ず使うようにしてくださいね。

ショーやレストランの時間に重なったら…交換してもらうのもひとつの手段。

上記で触れた、ファストパス時間の多少の遅れはなんとかなる場合がありますが、それでは「予約したレストランの時間に思いっきり重なっている」や、「当選したショーの時間と同じ」または何らかの理由で、「数分程度の遅れでは絶対無理」…といった場合。

若しくは宿泊の場合、チェックインを先にしたい、疲れたので部屋で休みたい…といった場合にはどうすればいいか…?それでも上の方法でなんとか使える事もありますが、さすがにこれはマナーやモラルを大きく外れた行為。これはオススメできません。

どうしても仕方が無い場合もありますが、単にワガママでファストパスの時間を変えたい場合もあると思います。しかし、その発券するときに、券面に記された乗車が可能な時間を予め自分で調節するのは意外に面倒&大変なもの。

そうならないようにファストパスを取る時に時間を考えて取れればいいのですが、ファストパスの時間が希望どおりになるのを待っていればどんどんファストパスは無くなっていくし時間も無駄…。上で触れたとおり、できるだけ早くファストパスを取らないと効率も悪くなります。

そんな中、バケーションパッケージのファストパスは時間指定が無いので、こうした場合にはかなり便利ですが、通常発券の場合はなかなかそうも行きません。自分で考えて調整するしかありません。

…しかし、そんな場合でもカンタンにできる「有効な時間調整の方法」があります。…それは「自分が時間調整したい同じアトラクションのファストパスを発券した直後のゲストと交換してもらう事」です。

わかりやすく説明すると、例えば「自分持っているAというアトラクションのファストパスの時間が12時~13時なのに、その時間がレストランの時間と重なっている」…という場合。

その場合は、そのファストパスを持って、「12時過ぎ(若しくは直前)にAのファストパス発券機の前に行き、今、Aの発券をしたゲストに交換を求める」という方法です。

もちろん同じ人数(同じ枚数のファストパス)である事が前提条件となりますが、交換を願い出る相手には、素直に「持っているファストパスが予約と重なったので交換していただけませんか?」と言います。

ここでポイントなのは「自分が渡すファストパスの時間が、今すぐ乗れる時間」もしくは「もうすぐ乗れる時間である事。要は「渡された方がすぐに乗れる」と言う事です。

その理由としては、「ファストパスを発券した直後の方は、基本的に他のファストパスを現在持っていない事」になりますので、自分が持っているFPを渡せば、相手もすぐに乗れて効率的になるからです。

ちょっとややこしい話でわかりにくいかもしれませんが、交換された側にとって見れば、交換される前は、「AのFPを発券直後なので、いずれにせよ他のアトラクションを待たなければならない」のですが、交換されたFPですぐに乗れるのは時間もかからずに効率的になる…という事です。

ただ、注意しなければならないのは、次の発券可能時間がわからなくなってしまうので、交換する相手には「次の発券可能時間を必ず伝えてあげる」事です。

この方法は交換「される方」も「した方」も効率的になり、メリットが双方にあります。そのため、意外にスムースに交換に応じてくれる場合が多いです。もし時間が重なった場合は試して見てくださいね。

FP攻略法、続きもどうぞ!
ファストパスをできるだけ多く取得&効果的に使用する方法!
ファストパスを取るタイミングと使うタイミングは?効率よくパークを回ろう!
便利なファストパス、仕組みを理解して賢く使おう!FP攻略法

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

担当:攻略記事、イベントレポート、雑学記事

    2 件のコメント

  • こんにちは

    ファストパスは便利ですが、時間に振り回されますよね(^_^;)

    先月シーにインしたとき、トイマニのファストパス時間とベッラの昼食予約がかぶってどちらもあきらめられず、「とても急いでるんです・・・」とお願いして、コースなのにどんどん料理を持ってきてもらいました。
    それでもデザートをあきらめて走るはめになり・・・
    あのおいしそうなデザート、夢にでてきました(>_<)

    5分くらいなら遅れてもいれてくれるんじゃないかとちょっと思いましたが、
    もしトイマニがダメだったらショックが大きいので・・・20年ぶりくらいに全力疾走しました(ヨタヨタでしたが)

    1+
    • こんにちは!
      それは大変でしたねー。
      確かにファストパスは時間を考えて取らないと後で苦労する事もありますよね。
      ただ、乗車時間を考えて取るのもなかなか難しいんですよねー。

      1+
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。