アトラクション別傾向&攻略法【ドナルドのボート】

ライター:

個性的な数多くのアトラクションやエンターテイメントが存在するディズニーランド。広大なエリアはそのテーマに分けて7つに分類されています。

そのエリアならではの建物やレストラン・ショップなどにはそれぞれ物語があったり、様々なこだわりがあります。

そんな中、アトラクションを楽しむ上での攻略法や、知っているとちょっとだけ得するポイントなどについてのシリーズ企画。「アトラクションごとの傾向&攻略法紹介シリーズ」、今回もアニメの街、「トゥーンタウン」をご紹介。

今回はいつでもお子さんに人気の「ドナルドのボート」をご紹介します。

スポンサーリンク

自由にドナルドの船の中を探検!お子さんに人気のスポット。

数あるディズニーランドのアトラクションの中には様々なタイプがあります。中でも小さなお子さんが楽しめるものはこのトゥーンタウンに多く集まっています。

そんな中、パークの区分としては、「アトラクション」ではあるものの、待ち時間や並ぶ列も無く、自由に動いたり触ったりできるものもあります。

今回ご紹介するこの「ドナルドのボート」もその中の一つ。簡単に言ってしまえば、「小さなお子さんが遊ぶ場所」のひとつですが、同じエリア内にある「トゥーンパーク」に比べると少し年齢層は高めの設定。

このドナルドのボートでは、上の写真の様に1階の中央にあるボイラー管の中(滑り台になっている)を探険したり、2階部分に登ると鐘を鳴らしたり、コントロールパネルのボタンを押すとランプが光ったり…と自由に遊べます。

この紐を引っ張って鳴らす「鐘」の音は意外に遠くまで聞こえ、パークの駐車場やオフィシャルホテルの方まで聞こえる事もあります。

また、二階にある操舵室にある大きな展望鏡をのぞくと、ドナルドのアニメーションの映像があります。他にも自由に触ってしかけを楽しむアトラクションです。

建物外観もドナルドの帽子そっくりな屋根があったり、周りの湖にはドナルド型のブイが浮かんでいたり…と、見るだけでも楽しめます。

下の写真は二階の操舵室の後ろに飾られている絵。建造中のこのボートの様子です。見たところ、キチンと作られている様ですので、どうやらドナルドがつくったものでは無い様ですね(笑)

…このドナルドのボートはハロウィーンやクリスマスになると普段とは変わったデコレーションがされます。ハロウィーンの時は上部にオバケがいたり、クリスマスの時には船体にクリスマスの文字が書かれたり、船首にはプレゼントをもらうための大きな靴下がぶら下げられます。

欲張りなドナルドはその靴下にたくさんの欲しいものを書いています。どんなものを欲しがっているのか、クリスマスの時期にはぜひ靴下に書かれたものを見てみてくださいね。

お子さんに人気の場所だけど…意外に遊べる場所が少ない??

こちらはゲストが自由に歩きまわれるウォークスルータイプのアトラクションですので、これと言った攻略法などは特にありません。

ただ、ここは常にお子さんに人気のある場所なので、特に混雑日には多くのお子さんで賑わいます。人が多く集まる割には船内は意外に狭く、一階は大人が数人入ると身動きできなくなるくらいの大きさです。

また、二階にあがるらせん階段は大人にはちょっと狭い小さなものなので、かなり窮屈です。いったん外に出ると、裏側から上に登る階段もありますのでこちらも使えます。

また、一階部分の蒸気のボイラーの滑り台はひとりずつしか滑れない小さなものですし、二階の操舵室もそれほど時間をかけて遊べる部分も実はあまりありません。

以前は一階から二階に上がれるロープの網があったのですが、恐らく安全のために取り外されたものだと思われます。

待ち時間は特にありませんが、ゆっくりじっくり時間をかけて遊べる場所ではないので、時間が空いた時に行って見るといいでしょう。

その他の細かなトリビア・攻略法など

お子さんが遊ぶためのこの施設ですが、実はここにもちょっとしたストーリーがいくつか隠れています。…まずは上の写真の様に、船首にはドナルドの恋人、デイジーダックの像が掲げられています。

この船の名前は「ミス・デイジー」号。船の後ろには下の写真の様に、この浮かんでいる湖(トゥーンレイク)の名前とともに、大きく書かれていますし、船体に付いている浮き輪でもその名前を確認する事ができます。

恋人(恋アヒル?)の名前をボートにしたという事はわかりますが、実はもうちょっと理由があります。…このボートは、ドナルドの故郷「ダックバーグ」から、なんと船体に風船にくくりつけて飛んできたと言う物語があります。

今でもトゥーンタウンの住民には語り草になっているという、このエピソードですが、この風船で船を輸送するというアイデアを提供してくれたのがデイジーなんです。

それに感謝して、この船には彼女の名前と船首の像が付けられている…というお話なんですね。。…ここで遊ぶ上では特に知らなくても構わないお話ですが、細かなこだわりです。

そしてなかなか気がつかないお話をもうひとつ。…1階のバスタブがある船首付近にはいろいろなものが雑然と置かれています。ロープの網で区切られているこの場所ですが、上の方にご注目。

ここには額縁に入ったドナルドとウォルトディズニーの写真が飾られています。ディズニーランド内ではミッキーと一緒にいるイメージが多いウォルトですが、ドナルドと一緒に写っている珍しい写真です。

この写真は網の向こう側で、さらに結構高い位置にあり、わかりにくいところにあります。お子さん向けの施設でありながら、普通にしていたらお子さんでは絶対に見られない場所にある、大人向けのこだわりなんですね。

気にしていないと見つかりにくいので、次回行かれた時はぜひ見てみてくださいね。


00

00