アトラクションごとの傾向&攻略法【ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ】その1

ライター:

様々なアトラクションが存在するディズニーシー。その中には、スリルライド系やシアター型だけでなく、のんびりゆっくりと体験できる周遊型とも言えるアトラクションも存在します。

そんな中、知っていると少しだけ得するポイントやアトラクションを楽しむ上での攻略法などについてのシリーズ企画。個々のアトラクションを紹介する「アトラクションごとの傾向&攻略法紹介シリーズ」。

今回はアメリカンウォーターフロントにあるアトラクション、「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

レトロと未来が混在する不思議な電車。

アメリカンウォーターフロントとポートディスカバリーを結ぶ電車、「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」。こちらはその名のとおり、いわゆる「電車」です。パークの風景を眺めるアトラクションでもあり、移動手段でもあります。

しかしながら現実的には乗車時間と距離が非常に短く、少し物足りないと感じる方もいるかもしれません。移動手段として考える場合、待ち時間が長くなっている場合は歩いた方が全然早いというのも現実です。

この電車で不思議なのは、20世紀初頭のアメリカンウォーターフロントと、未来の港である、ポートディスカバリーという全く異なるエリアを結んでいるのにも関わらず、そのデザインは違和感が無いと言う事。双方の全く異なるエリアの風景に、自然と馴染んでいるのは不思議ですね。

この路線は複線で、登り線と下り線の2つ(パーク内では登り下りの表現はしていません)に分かれます。

ただ、双方の駅付近では駅に入るために単線になるので、駅に入る時に一時停止する場合があります。…路線の距離は全体でも480m程と、かなり短めです。

この電車の駅は二箇所あり、ひとつは「アメリカンウォーターフロント」駅ですが、ここは20世紀初頭のアメリカ、ニューヨークが舞台。

高度な経済成長を見せ始めるこの頃は、ここにあるような高架鉄道が整備されはじめ、人々の暮らしと経済発展に大きな影響を及ぼし始めた頃です。

この高架下付近を歩いていると、時折聞こえるレールウエイの車輪音と甲高い金属音。当時の人々もこの音を聞きながら慌しい毎日を送っていたのでしょうね。

そしてもうひとつの駅は、「ポートディスカバリー」駅。このエリアのコンセプトは『20世紀初頭の人々が描いた「架空の未来」』をモチーフにしており、ここは未来の空想の世界。この電車に乗ったゲストはタイムスリップをしていると言う事でもあるんですね。

待ち時間としては通常時は平日ではほぼ待ち無し、週末でも15分以下程度とかなり短めな部類です。入園制限クラスの大混雑時には30分弱まで行く事がありますが、ほとんど待たないアトラクションです。

アメリカンウォーターフロントから乗る場合は、車イスやベビーカーの場合は乗り場脇にあるエレベーターで上がる事ができます。利用される場合は周辺キャストにご確認を。

…次回は小さな雑学などについてご紹介します。