東京ディズニーリゾート30周年【現地リポート】その3

ライター:

さて、いよいよ2013年4月15日から、東京ディズニーリゾート30周年が開始となりました。正式には東京ディズニーランドの開園から30周年になりますが、ディズニーシーも含めた東京ディズニーリゾート全体としてプログラムが開催されます。

これまでそのアニバーサリープログラムのエンターテイメントについてご紹介しましたが、今回はそれ以外の楽しみ方についてご紹介します。

スポンサーリンク


様々なデコレーションと夜のイルミネーションがおすすめ!

さて、4月15日から開始となったディズニーリゾート30周年。これから約1年間をかけて、ディズニーシーも併せてお祝いのアニバーサリーが行われます。

中でもやはりメインとなるのは新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」。ただ、こちらは一日一回だけの開催で、今回のイベントスタートからはシンデレラ城の前で行われるキャッスルショーや、このパレード意外の大きなエンターテイメントは実質ありません。

そんな中、今回はこのパレード以外にも楽しめる30周年について触れてみましょう。…まずは、なんと言ってもパーク内の各所に設置されているデコレーションやイルミネーション。

もちろんアニバーサリー意外の通常の季節のイベントでもこうした装飾は行われますが、今回はさすがに節目の年ですので、普段にもまして各所の飾りつけは特別なものになっています。

これらはパーク内だけでなく、リゾートを回るモノレール「ディズニーリゾートライン」も30周年デコレーションがされ、パークに隣接するJR舞浜駅の発車ベルが30周年テーマソングになるなど、周辺が普段とは大きく違っているところも見逃せませんね。

また、言うまでもありませんが、特にパーク内のデコレーションなどは夜もおすすめ。昼間とはまたかなり違った表情を見せてくれるので必見です。

もちろんこれはディズニーランドだけでなく、ディうにーシーでも同様。この期間だけの特別なデコレーションやイルミネーションも見逃せませんね。

時折行われるシンデレラ城のライトアップ&イルミネーションに注目!

ディズニーランドを代表するシンデレラ城。こちらは現在30周年にデコレーションされていますが、こちらは夜になるとイルミネーションが輝くだけではありません。

もちろん夜の花火、「ハピネス・オン・ハイ」の時にはご覧の様にお城を背景に見たり、写真を撮るのがおすすめですが、公式プログラムにも記載されていないものがあります。

それは30分おきに行われるテーマソングに併せてイルミネーションが輝く演出。前後のショーなどのスケジュールによって変更もある可能性もありますが日没から開催されています。2分程度と短いものですが、こちらもおすすめです。

「ハピネス・シェアスポット」を探してパークを散策!

このアニバーサリー期間中にはパーク内に東京ディズニーランド内では、ワールドバザールやプラザ、シンデレラ城などが今回のモチーフになっているカラフルな「ハピネス・バルーン」で飾られます。

また、パーク内には「ハピネス・シェアスポット」と呼ばれるオブジェの様なものが設置、この「ハピネス・シェアスポット」にアニバーサリーのスペシャルグッズ「ハピネスシェアペンダント」(2,500円)を指定の場所においてボタンを押すとペンダントと連動して音や光、キャラクターの声で演出してくれます。

別にペンダントの購入が必要ですが、これがなくても手をかざせば反応してくれる所もあり、散策しながら見つける楽しみもあります。R全部で5か所設置されている中で、3つ以上の光(重複しているものもあります)を集めるとストラップにつけるペンダントアクセサリーがもらえます。

ちなみにワールドバザールを出たところに左右にひとつずつありますが、これで既に「2個」カウントされ、さらにそのすぐ近くにもありますので、集めるのは比較的簡単です。

また、このスポットは東京ディズニーシーにも同じ数があり、共通で集めることができます。(もらえるペンダントアクセサリーは一つ。)パーク散策のきっかけにもなりますし、幅広い年齢層で楽しめますのでぜひどうぞ。