東京ディズニーリゾート30周年【現地リポート】その2

ライター:

さて、いよいよ2013年4月15日から、東京ディズニーリゾート30周年が開始となりました。正式には東京ディズニーランドの開園から30周年になりますが、ディズニーシーも含めた東京ディズニーリゾート全体としてプログラムが開催されています。

そんな中、今回はディズニーシーで開催されているプログラムをご紹介。アニバーサリーのスペシャルプログラムをご紹介します。

スポンサーリンク

30周年のアニバーサリーショー「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」

今回の30周年記念アニバーサリーイベントは本来ディズニーランドの開園30周年を祝うものですが、近年の同様企画では、東京ディズニーリゾートとして行われる事が通例になっています。

そのため、今回もディズニーシーでもそれを記念したエンターテイメントが開催されています。こちらは水上ショー、「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。

ショー自体は水上ショーといっても、実質的にはその名前のとおりグリーティングという感じで、比較的簡単なものになっています。現実的にはショーと捉えるよりは、朝のごあいさつというイメージでいいと思います。

公演場所はメディテレーニアンハーバーの水域で、一回の公演時間や約10分とかなり短め。また、1日1回だけの公演です。登場する出演者(キャラクター)も全部で7名と、かなり小規模です。

ディズニーの仲間たちが船に乗ってご挨拶。水上グリーティングショー。

【この先にはショーのネタばれ要素が多くあります。ご注意ください】

登場する7人は「ミッキーマウス」、「ミニーマウス」、「ドナルドダック」、「グーフィー」、「プルート」。そしてディズニーシーで大人気の「ダッフィー」と「シェリーメイ」です。彼らはディズニーシーではここだけの登場となる、30周年のコスチュームを身に着けています。

ショーの形態としては、これまでもよく登場していたディズニーシーではおなじみのフロートに全員が乗船した状態でハーバーに登場します。

その後、ハーバーを一周して海の中央で停止、ミッキーのごあいさつの後、ミッキーやミニーの合図で火山が噴火したり、アメリカンウォーターフロントにある、SSコロンビア号の汽笛が鳴ったり、教会(ミラコスタの結婚式場、チャペルミラコスタの上)の鐘がなる…という演出があります。また、キャラクター後方にある水面から大きな水柱があがるシーンもあります。

…その後、さらにハーバーもう1周して終了となります。キャラクターは上陸はしません。内容的にはこの用に簡単なものになっています。

彼らの船は基本的に正面(ホテルミラコスタ方向)を向いている事が多いので、写真を撮りたい方はここでないと難しいと思われます。ただ、ほぼハーバー中央にいる状態なので、それなりの望遠が無いとかなり遠くに感じます。

また、カフェポルトフィーノ周辺は意外に近くまできますが、動いており、時間も一瞬なので少し難しい印象です。…また、ショーの音声はプロメテウス火山側にはほとんど流れませんので、正面側からでないと音楽や声が聞こえない場所もありますのでご注意を。

あくまで個人的な感想ですが、全体的な印象としては、長時間場所取りをして見る程の内容ではないと思われますので、他の予定と照らし合わせて予定を組んでみてください。