【ディズニー】こんな裏技が…マルチデーパスポートでの両パーク入園ルールが変更に。不正入園を防ぐ狙い?

ライター:
image

東京ディズニーリゾートでは、12月1日から、マルチデーパスポートにおけるパークの入園方法が一部変更となりました。

また、この変更により、一部で行われていたと思われる不正入園の裏ワザの存在が明らかになりました。

スポンサーリンク

ランドとシーを行き来する際のルールが変更に

マルチデーパスポート、マルチデーパスポートスペシャルは、二つのパークを自由に行き来できるチケットです。(マルチデーパスポートは最終日のみ両パーク入園可能)。

このマルチデーパスポートにおいて、最初にランドに入園し、その後シーに行く場合(またはその逆)もパークチケットとハンドスタンプが必要となりました。

つまり、別のパークに行く場合、離れるパークにおいてハンドスタンプを押してもらわないといけないということです。

このハンドスタンプは、一度入園したパークへの再入園の際におなじみです。

今回のルール変更は、つまるところ、ランドからシー、シーからランドというように、別のパークに行くときも再入園扱いということになったということです。

このルール変更は、こんな裏ワザを防ぐため?

どうやら、今までに以下のような裏ワザの存在があったようで、今回のルール改定はこれを防ぐためということが推測されます。

1. AさんとBさんが一緒にマルチデーパスポートを使ってランドに入園。

2. Aさんがランドを一度出て、園外にいるCさんに、Bさんのマルチデーパスポートを渡す。(その後Aさんはランドへ再入園)

3. Cさんがシーにそのパスポートを使って入園。

今回のルール改定で、Cさんはディズニーシーに入園の際、パスポートに加え、ランドでのハンドスタンプが必要となりますので、この裏ワザとも言える不正入園はできなくなるといったわけですね。

こんな裏ワザがあったなんて、今回のルール改定がない限り気づきませんでした。

ということで、本日からは、両パークへ行き来する際も、退出の際ハンドスタンプを押してもらうのをお忘れなく!

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

かのん

TDRハック管理人です!

3 件のコメント

  • 香港ディズニーランドでは、マルチデイパスポートで最初に入園するときは、
    親指の指紋登録をします。これにより、2日目以降入園時に指紋認証して、
    パスポートの他人の利用をできなくしています。
    今後は不正対策にお金をかけてでも本腰を入れて取り組む必要がありますね。

    2+
    • 本当にそうだよね。これは裏技っていうか、立派な不正行為ですよ。上の方の意見にもあるように。こういう陰で悪いことをする一部のゲストがいるお蔭で、何でも処罰を厳しくせざるを得なくなってしまうんですよ。そのうちに、マルチデーパスポートでディズニーに行く場合でも、そのうちに年パス所有者みたいに、パスポートの購入する際には、チケットに本人の名前や住所、電話番号、年齢、性別などの個人情報を載せるのは勿論のこと、更には全員「顔写真付きの身分証明書が必要」、なんていう風になるのも、時間の問題でしょうね。これだけ陰で転売などの、ルール違反者が増えているから。

      1+
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。