【TDR】Twitterで参加する2つの新キャンペーン、ダッフィーパズル&TOT絶叫写真館が登場!

ライター:
ダフパズルTOTトップ

東京ディズニーリゾートの公式サイト内に、Twitterを使って参加するキャンペーンの特設ページが2つ登場しました。ダッフィーに関するクイズを解きながらピースを埋めていく「ダッフィーパズル」、そしてタワー・オブ・テラー乗車後の感想を写真つきで投稿する「絶叫写真館」です。

スポンサーリンク

フォロワー限定で参加可能なダッフィーパズル。完成すると一足早く最新のお知らせが見られる…?

ひとつめは、ダッフィーに関するクイズを解きながらピースを埋めていく「ダッフィーパズル」。ダッフィーの公式Twitterアカウント「ダッフィーといっしょ[公式](@WithDuffy_TDS)」のフォロワーが参加できるプログラムです。パズルが最後まで完成すると、参加者は一足早く最新のお知らせを見ることができます。

ダッフィーパズル

サイト上のピースを自由に選択すると、ダッフィーやその仲間たちに関するクイズが出題されます。どれも選択形式のクイズですが、選択肢は3択からそれ以上のものまでさまざま。それぞれのクイズに対する正解数が一定以上集まると、サイト上にピースがはまります。

クイズに参加できるのは1日5回まで。つまり、ひとりの力では完成できず、フォロワーみんなで協力して進めていくタイプのプログラムになっています。

また、ピースがはまる必要正解数はクイズによって異なります。この記事を執筆している2月14日現在はまだどのピースもはまっていませんが、最終的に完成する絵そのものが「最新のお知らせ」になるのでしょうか。もしそうなら、お知らせの重要なキーワードになる部分は必要正解数が多めで、なかなかピースがはまらないということも予想されますね…!

タワー・オブ・テラー体験後の写真を投稿する「絶叫写真館」。特設ページ内に10名限定で紹介

TOT絶叫写真館

もう一つは、現在「LEVEL13 “シャドウ・オブ・シリキ”」としてスペシャルバージョンになっている「タワー・オブ・テラー」に関するもの。アトラクション乗車後の写真を、感想とともに投稿する企画です。

Twitterでハッシュタグ「#TOTSOS」、「#TOT絶叫写真を投稿せよ」をつけてつぶやくと、10名限定で特設ページ内に特別フレームに入れて紹介してもらえます。募集期間は2月27日(金)まで。

参加にあたって気をつけたいのは、アトラクションの中で撮った写真や、ライドショットのモニター(下車後に確認できる、アトラクション体験中の瞬間写真)を撮影した写真を利用してはいけないルールになっていること。ハッシュタグの名前だけ見ると、アトラクション体験「中」の写真を募集しているように見えてしまうのですが、投稿するのは体験「後」。この点は要注意です。

さらに、投稿者本人やその友人・家族以外のお顔が特定できてしまう写真には、投稿前にボカシを入れて判別できないようにする必要があります。投稿にあたってはルールがあるので、事前に公式サイトの確認をお忘れなく。
また、混雑時に撮影する際は、通行のじゃまにならないようにする配慮も必要になってきますね。

近ごろすっかり主流になったTwitter企画。マナーやルールを守って楽しもう

パラッツォ・カナルのらくがき

フォロワー限定で応募できるスペシャルイベントや、ジェラトーニ登場時のプロモーションなど、これまでもTwitterを使ったプログラムはTDRで多数行われてきました。主催側は少ない経費での宣伝効果が見込めますし、わたしたちゲストも一緒に参加できる楽しみがあります。誰でも気軽に投稿できるからこそ、マナーやルールをしっかり守って楽しみたいですね。

【参考および一部画像引用】
ダッフィーパズル│東京ディズニーリゾート
【絶叫写真館】タワー・オブ・テラー:LEVEL13 “シャドウ・オブ・シリキ”│東京ディズニーシー