SIGMA DP2 Merrillでエレクトリカルパレードを撮影してみました

ライター:
SDIM1211

4600万画素の圧倒的な画質でカメラ愛好家に人気のSIGMA DP2 Merrill。エレクトリカルパレードがこのカメラでどんな風に撮れるのか、試しに撮ってみました。

スポンサーリンク

ちなみにサーバーに写真をアップロードする際、ファイルサイズをかなり圧縮しています。実際はもっと解像度が高いです。
(画像をクリックで拡大します)

SDIM1204
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:400

SDIM1214
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:400

SDIM1219
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400

SDIM1222
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400

SDIM1240
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:400

帰りたくないよーNo.1
SDIM1244
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400

帰りたくないよーNo.2
SDIM1248
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:400

SIGMA DP2 Merrillは昼間の撮影向きですが、暗いところでも被写体が明るければそれなりの写真が撮れます。持ち味である、その場の空気感も写せるのでお気に入りです。万能タイプのカメラではありませんが・・・。

たまにはこういうカメラはいかがでしょうか?

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

かのん

TDRハック管理人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。