クロスフィルターでキラキラを演出!ディズニーリゾートを一眼レフで撮ってみよう

ライター:
camera_crossfilter_1

こんにちは。フォトアルバムを担当しているえりいです!
私はいつも一眼レフを使ってパークで写真を撮っているのですが、このたび私が実践している撮影方法をお伝えする機会を頂きました。
とはいえ、私が一眼を使い始めたのは6年ほど前。実際には技術も知識も乏しい自己流の写真ばかりです。
参考になる・・・ことはなかなかお伝えできないかも知れませんが、ここに書かれたことが、皆様のカメラライフの選択肢の一つとなれば幸いです。
一緒にカメラライフを楽しみましょう!

スポンサーリンク

さて、クリスマスイベントも始まり、街もパークもイルミネーションの季節がやってきました。
本日は「クロスフィルター」を使って、星のように輝くキラキラのイルミネーションを撮ってみたいと思います!

クロスフィルターとは

クロスフィルターとは、「光の線」を創り出してくれるレンズにつけるフィルターです。

camera_crossfilter_2

フィルターに細かい十字の線がついていますね。

光条本数によって、ネーミングが多少違います。(Kenko)
・4本 クロススクリーン
・6本 スノークロス
・8本 サニークロス

私がいつも使っているのはクロススクリーンです。あまり絵がうるさくならないように光条は少なめ。

クリスマスツリーを撮ってみる

クリスマスツリーを撮ってみましょう!

これはカントリーベアシアター入り口にあるクリスマスツリー。

camera_crossfilter_9
(Nikon D610/iso1250/f2.8/ss50)

クリスマスっぽさが倍増しましたね。

ここで気をつけたいのが光条の向き。(クロススクリーン)
まっすぐな格子の向きになると本当に「十」がいっぱいになってしまうので、斜めにして「×」の形にするのが良いかと思います。

続いてシーのピアッツァ・トッポリーノのクリスマスツリー(夜景)です。

camera_crossfilter_11
(Nikon D610/iso800/f1.8/ss40)

室内や、夜景で背景が暗めの状況だと、とてもキレイな光条が表れますね。

夜景でもカラーオブクリスマスのツリーなど、ひとつひとつの光源が大きかったりすると、ぼや~っとする光条になってしまいますね。

camera_crossfilter_10

明るい場所で使ってみる

昼やとっても明るい場所で使ってみるとどうなるのでしょうか?

camera_crossfilter_4

なんだかふわっとしていて、ソフトフィルターをつけたみたいな感じです。

camera_crossfilter_8

昼間だと、スポット的な強い光は光条になりますが、夜ほどの光条は出てきませんね。。。

ショーやパレードで使ってみる

もちろんショーや、パレードでも使用してみました!

エレクトリカルパレード
camera_crossfilter_3

ハロウィンフォリーズ
camera_crossfilter_12
(Nikon D610/iso1000/f2.8/ss400)

キラキラしてステキですが、光が強すぎるとお顔などに×が重なってしまうことがあるので、控えめな光の時にはいいかも知れません。

アトラクションで使ってみる

イッツアスモールワールドです。

camera_crossfilter_6

camera_crossfilter_5
(Nikon D610/iso2500/f1.8/ss125)

今年最後のベリーメリーホリデーはイルミネーション的な光も多いので、クロスフィルター向きかも。

他のアトラクションでは使う機会はなかなか無いかな。。。

クリスマスはクロスフィルターが大活躍の季節。
お値段もお手ごろなので、ひとつ持っていると冬の撮影が楽しくなります。

PICK UP!こちらの記事もおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

担当:フォトアルバム

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。